薬剤師に人気の転職サイトはどこ!?→

あなたの職場は大丈夫?薬剤師が転職を決めた10の職場のストレスとは?

薬剤師_ストレス

1.職場の人間関係

この問題は薬剤師に限ってではなく、どこの職場でも起こりうる問題です。

人間関係は一度崩れてしまうと、修復がなかなか難しいものです。

自分ひとりが仕事だからと割り切っていても、相手がそう思っていなければ結局同じ。

また、薬剤師の職場は一般の職場に比べ、少ない人数ですが派閥が存在することも少なくありません。

自分ひとり、どこの派閥にも属さない。

そう決めていても相手側からしてみれば自分たちの派閥に属さない人とみなされてしまい、自分の意志とは関係なく巻き込まれてしまうこともあります。

自分ひとりでひとつの仕事が完結してしまうのであれば多少の我慢も出来ますが、なかなかそうもいきません。

声をかけたのに返事をしてもらえない。ちょっとしたミスであからさまに嫌な顔をされる。

自分だけをのけものにし、あてつけのようにコソコソと話す。

例をあげればキリがありません。このような状態なら無理に頑張って仕事を続ける必要はないと思います。

かりにこれでうつ病になったとしても誰も「よく頑張った」と褒めてはくれません。

自分のことをいたわって早めに職場を替えることをお勧めします。

また転職先で選ぶ際には、職場の人間関係は働いてみるまでわかりません。

可能であれば患者を装って、何度かどのような人達が働いているのか見に行くのもいいかもしれません。

2.職場の人不足

これは大変な問題です。自分たちだけで頑張っても簡単に解決できる問題ではないからです。

人が足りないと休憩時間がなかなか取れない、食事がとれない。残業が多くなる。休みがとりにくくなる。労働環境としては悪化してしまいます。

また忙しいと集中力も落ち、ミスにつながることも。

患者さんを長い時間待たせることにもなり、クレームにつながることだってあります。

このような状態が慢性化してくると日々の疲れが蓄積されていくだけです。

また、この問題で一番やっかいなのは、この状況で自分が辞めてしまうと、みんなに迷惑がかかってしまうという思いで辞めたくても辞められないという人が多いのではないでしょうか。

3.休憩時間をとりにくい

どうしても突発的なことで休憩時間をとりにくいということは起きますが、これが慢性化するようでは問題です。

原因が人不足ではなく、シフトの組み方に問題があるようであれば、みんなで問題提議してみましょう。

ひとりで言っていては、せっかく良いことを言っていてもワガママとみなされることも少なくありませんので注意が必要です。

多くの患者さんが長い時間待っているのを目の前に休憩をとりにくい状況もあるとは思いますが、集中力が落ちた状態でミスをしては、元も子もありません。

少し時間を短めにしてでも一旦休憩をとることで仕事のクオリティを保ち、ストレスを軽減させ改善できるかもしれません。

4.休みをとりにくい

子どもの行事があるけれど、休ませて欲しいと言いにくい。

自分が一番下なので、先輩に代わってくれと頼みにくい。そういう心理的なところから起きていることもあると思います。

また、突発的に子どもや自分が体調が悪いなどということもあるでしょう。

しかし、このような時はお互いさま。持ちつ持たれつです。

貸しを作れというわけではありませんが、他の人が代わりを探している時は積極的に代わる。

代わってもらった時には、その日の翌日に必ずお礼を言う。

当たり前のことのようですが、これが出来ていないがために休みにくいように思えます。

お互いさまという謙虚な気持ちで改善できるかもしれません。

5.患者さんからのクレーム

ミスから発生したものから患者さんのワガママと思えるものまで、クレームの種類はピンキリです。

ミスから発生したものであれば、原因は自分にあるので納得もいきます。

しかし、患者さんのワガママや言いがかりといったものについては、かなりのストレスになってしまいます。

しかし基本的に、これは我慢するしかありません。そこから一歩、患者さんに歩み寄ってあげて下さい。

患者さんのすべてを受け入れろ、理解してあげろ、そういうことはありません。

ただ、一歩歩み寄ることで、ストレスがほんの少しですが和らぎます。

6.患者さんの長話

年配の患者さんに多いと思いますが、日常会話を長々と話してくる。

しかし、忙しいからと邪険にもできず。時には待っている他の患者さんから、無駄話せずに早く仕事しろよ、みたいな目で見られたり。

年配の患者さんの中には一人暮らしの人が多く、家では話相手がいないのです。

これは、仲間の助けを借りるしかありません。患者さんの長話に捕まっていると思った時には、呼んでもらうようにするのです。

それで話を止めるキッカケを作ってもらう。そして、仲間が捕まっていれば助けてあげる。

これはストレスになるどころか、うまく逃げれたねっということで、スッキリするはずです。

7.事務処理

薬剤師の資格を持っているのに、薬剤師でなくても出来る仕事をやらされる。

ドラッグストアなどでは多いのではないでしょうか。

たとえば商品の陳列、レジ打ちなど薬剤師の資格がなくても出来る仕事は、他の人がすればいいと感じてしまいます。たしかに、その気持ちはわかります。

しかし、よく考えてください。薬剤師の資格がある分、時給が高かったり、手当てがついたりしています。

そこで、他の人と同じ仕事をしても薬剤師の資格がある分多く給与がもらえていると考えると、ラッキーだと思いませんか?

考え方ひとつでストレスを軽減させることが出来ます。

8.薬剤師は医師より下にみられる

残念なことに薬剤師は医師より下だとみている一部の医師や一部の患者さんがいます。

しかし薬剤師の立場からみると、医師のフォローをしているのに。そういうケースもあると思います。

それをわかってもらえないというストレスはあると思います。

しかし、薬剤師を頼りにしている医師や患者さんが多いのが実情。

たった一部の人をみるのよりも、大勢の人に目を向けて誇りを持つことで、ストレスを軽減できると思います。

9.医師とのコミュニケーション

医師とのコミュニケーションで色々と問題が発生することがあるのではないでしょうか。

たとえば、処方の確認のつもりで連絡しただけなのに、医師に間違いを指摘したように受け取られたりし、それからギクシャクし始めたなど。

もちろん確認は必要なことで、患者さんのことを考えると当然のこと。

頭ではわかっているからこそ、ストレスになることも。

もし、そのような医師と相性のいい仲間がいれば、その時はその人にお願いするのもひとつのやり方です。

10.重大な責任

絶対に起こしてはいけない調剤ミス。

最悪の場合、患者さんが亡くなってしまうこともあります。

そのような重大な責任と不安を背負っての業務はプレッシャーを超えてストレスになることもあります。

しかし、こればかりは逃げようがありません。このストレスだけは、仕方がないと言うしかありません。

あとは休日などにうまくストレス発散するすべを身につけるしかありません。

【この記事を閉じる前に!】今登録すべき、オススメ転職サイトは!?

絶対登録しておきたい3社
  ■総合人気ランキング
 1位 マイナビ薬剤師
 2位 薬キャリ
 3位 ファーマキャリア

まずはこの3社に登録すれば、情報量は十分です!

登録後は、自分の働き方や悩みを理解してくれて、必要な情報を与えてくれるエージェント・担当者を探しましょう^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です