薬剤師_時給
参照元
薬剤師と一口に言ってもその雇用形態は様々です。

正社員に始まり派遣、契約、パート・アルバイトなど主な形態はこの程度でしょうか。

この中で、時給換算で給与が発生するのは、正社員以外の全ての雇用形態でしょう。

正社員はその性質上、どうしても時給換算がしにくい部分があり、月給という形を取るのがスタンダードです。

もちろん他の雇用形態でも月給換算がなされる場合がありますが、それは時給×実働時間で容易に計算できる場合がほとんどです。

それでは薬剤師の時給はいったいどれくらいなのか、今回はそれを勤務地などの要素を絡めながらご説明したいと思います。

各勤務地の時給相場

当然のことですが、薬剤師の時給と言っても一概にこの値段、と断言することはできません。

それには様々な要素が絡んでくるのですが、最も大きな要素として勤務地が挙げられるかと思います。

そこでまずは勤務地ごとの時給相場を比較してみましょう。

病院

意外に思われるかもしれませんが、薬剤師が働く場においては、病院は時給が最も低い部類に入ります。

具体的な数字で言うと2000円前後だと言われています。

どうして、と思われる方も多いかと思いますので、その理由をご説明します。

一般的に病院は薬剤師が希望する職場では一番の人気を誇ります。

つまり、需要があるということです。その理由は金銭面を重視する人よりも、より実践的な、やりがいや経験を求める人が病院には集まるからです。

しかし、正社員として働ける人は限られます。

なので、正社員でなくても今後の為に病院でキャリアを積みたい、という人がそれ以外の雇用形態で病院での勤務を望む傾向が多いのです。

病院も一企業ですのでなるべくなら出費は避けたいところです。

時給をある程度絞っても人が集まるのは分かっていますので、自然時給は低くなってしまうというわけです。

調剤薬局

調剤薬局の時給相場は2500円前後と言われています。

その理由は上記の病院と同じです。ある程度の需要が見込めるため、病院よりは高めに時給を設定しておかないと、人気のある病院に全て人を取られてしまうことになります。

言い方は悪くなりますが、待遇をある程度重視する人は、調剤薬局での勤務を選ぶのが多いです。

ドラッグストア

そして時給が一番高いのがドラッグストア。時給3000円だと言われています。

その理由は薬剤師としての仕事以外にもレジや品出しなどの業務をこなさなければならず、それゆえに人が集まりにくいからです。

薬剤師として働きたいのなら、ドラッグストアは最終手段という意識が根底には流れているのでしょう。

雇用形態

今度は雇用形態別に時給がどのように変動するかを見てみましょう。

ここでは細かい分類はせずに、派遣とパート・アルバイトという2つに大別して説明します。

派遣社員

派遣社員は時間の融通が利くことや、派遣会社が間に入ることで面倒な手続きが必要でないことから時給が高くなることが多いです。

正社員が抜けた穴埋めなどに重宝されたりします。

しかし、その一方で新卒採用などの煽りを一番受けやすいのもこの派遣社員です。

時給の高さに惹かれるのは良いですが、今後のことも考えて紹介予定派遣制度などを利用することも考慮に入れた方が良いでしょう。

紹介予定派遣制度については以下の通りです。

最終的には派遣先に直接雇用され、正社員や契約社員として働きたいという人に最適なのが「紹介予定派遣」です。
 紹介予定派遣は、派遣先に直接雇用されることを前提としたうえで、一定期間(最長6カ月)派遣スタッフとして就業する制度です。派遣期間中に、派遣先と派遣スタッフが双方とも希望すれば、派遣先に直接雇用されます。
 この制度のメリットは、派遣スタッフとして働くことで、仕事の適性や職場との相性などを事前に見極められることです。実際に働いてみて納得できない点があれば断ることもできます。

引用:http://staff.mynavi.jp/system/faq_shokai.html

パート・アルバイト

パートやアルバイトも派遣社員同様、そのフットワークの軽さから重宝される存在ですので派遣社員と同じくらいの時給を見込める雇用形態です。

しかし、その分正社員が空けた穴をフォローする羽目になってしまうのも事実です。

また、派遣会社などを介していないので福利厚生などの充実は望めません。

パートやアルバイトはあくまでしのぎの期間として見ておいて、その後の展望を描くための準備期間と捉えた方が良いでしょう。

勤務地域

勤務地域によっても時給は変わってきます。

そこにはやはり需要のあるなしが大きく関わってきますので、ここでは都心と地方に分けて時給の変動をご説明したいと思います。

都心

都心には一般的に病院などの薬剤師が働ける場が多くあります。

ですので、その分地方よりも需要が低いことになります。

そうなれば時給は自然下がることになりますね。

もちろん全ての職場がそういうわけではありませんが、そのような傾向が強いのは確かです。

地方

反対に地方では薬剤師の数が足りない場所が多いということもあり、時給をかなり高めに設定しているケースもあります。

中には時給5000円なんてところもありますが、そのような場所は少し注意を要するので、安易に求人応募することなく、事前のリサーチを怠らないようにしましょう。

しかし、これも一概に言えるわけではありません。あくまで統計的にというだけですので、お金が欲しいから地方に行く、なんて安直な考え方はよしましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

時給といっても様々な要因が絡まりあって決定されるものですので、ここで紹介した相場はあくまで平均値ということになります。

病院なのに時給が高いと思ったら凄い激務だった、なんて場合もありうるので自分が職場になにを求めるのかを明確に描いておくのが重要です。