派遣薬剤師_メリット
参照元
薬剤師の誰しもが正社員として企業に就職できるわけではありません。

中には仕方なく派遣やパートの薬剤師をしている方もいるかと思います。

しかし、派遣だからといって落胆することはありません。

むしろ派遣であることのメリットを利用して、今後のキャリアアップに役立つような計画を立てましょう。

今回は派遣薬剤師ならではのメリットをご紹介したいと思います。

自由度が高い

第一に挙げられるのがその自由度の高さです。

正社員になってしまうと、特定の企業に帰属することになるため、なにかと融通が利かなくなることが多いのですが、

その点、派遣薬剤師はあくまで該当企業に派遣されているという認識ですので、しがらみは比較的少ないと言えるでしょう。

職場を選べる

派遣社員は勤務期間が事前に決められています。

なので、合わないと思った職場は契約が満了した時点でもう行かない、と派遣会社に伝えれば良いのです。

就職は一生もの、と決めつける時代はもう古く、今は転職を前提とした流動的な形態が好まれる傾向にあります。

また、昨今問題となっている派遣切りも世間では是正傾向にあり、加えて薬剤師は需要が高く、求人も多いので派遣社員であっても引く手数多というケースが多く見られます。

また、紹介予定派遣制度を利用できるのもメリットと言えるでしょう。紹介予定派遣制度とは、

一定期間(最長でも半年)は派遣社員の身分で働くことになりますが、その期間が経過後に双方が合意すれば正社員または契約社員として雇用されるもの。

この場合ですと、正社員に昇格できる見込みがありますから、一般的な転職にも活用できます。大きなメリットとしては、正社員として就職する前に会社の内情を知れるので、転職先選びに失敗する確率が減ることが挙げられるでしょう。

引用:http://www.hospitalpharmacistjob.com/typeofemployment/temporaryworker.html

時間を選べる

一定の期間は働いて、貯めたお金で旅行や勉強をする、といったライフスタイルが派遣社員では可能になります。

これは、派遣は予め働く時間帯や期間を設定できるから成せることです。

正社員であれば休みたい時にはなかなか休めず、また長期休暇もあってないようなものである場合が多いです。

また、育児などと並行して働くことも、時間を選べることのメリットと言えるでしょう。

フルタイムでは朝や夕方に余裕がなさすぎるという方は、少し遅めに出社して、少し早目に退社するという勤務形態が可能になります。

自身のキャリアアップなどに繋がる勉強や、ライフスタイルの充実を図りやすい環境でもありますので、

そのような境遇を逆にチャンスだと思うことで、将来的にあの時派遣社員で働けて良かった、と思えるようにしましょう。

時給が高い

基本的に派遣薬剤師は時給換算の給与となります。

そしてその時給は、世間と比較するにかなり高い傾向にあります。

2000~3000円なんてのはざらにあることで、職場や環境によってはもっと高くなる可能性も秘めています。

残業代もある

派遣社員は働く時間が予め決められていると言いましたが、残業をすることは不可能ではありません。

むしろ時間に余裕があるならばしておいたほうが良いかもしれません。

というのも、時間外手当ということで普段よりも高い賃金をもらうことが可能であるからです。

とはいえ、無理に残業をしようという魂胆を持ってはいけません。

会社から頼まれたり、業務の遂行上仕方なく、といった場合にのみ残業をしましょう。

有給休暇が取得できる

派遣社員であっても有給休暇を取得することは可能です。

それには後述の福利厚生が備わっていて、かつ半年以上の勤務の内、8割出社という条件がつきますが、それを満たすことができれば派遣薬剤師も有給休暇を申請することができるのです。

福利厚生が利用できる

派遣社員は福利厚生がないと思われがちですが、その認識は間違いです。

確かに派遣される企業の福利厚生は利用できませんが、登録している派遣会社に福利厚生が備わっていることがあった場合、派遣社員はそれを利用することができます。

以下では魅力的な福利厚生が備わっている派遣会社をご紹介しましょう。

ファルマスタッフ

https://www.38-8931.com/support/welfare.html

この派遣会社は健康保険、厚生年金保険に加え、薬剤師賠償責任保険もついてきます。

薬剤師賠償責任保険とは、万が一薬の調剤などで患者さんに害が生じた場合に、それを保障してくれる保険です。

薬剤師派遣を行う会社ならば大体備わっているはずですが、大変重要な項目ですので、事前に確認しておきましょう。

他にも有給休暇が利用できたり、提携施設であるスポーツセンターや保養所が使えたりと、正社員並みか、あるいはそれ以上の福利厚生が付いてきます。

今や派遣社員も重要な労働力の一つで、守らなければいけない存在だと認識されている何よりの証です。

クラシス

http://www.krasys.co.jp/benefits/

大まかな福利厚生は上の派遣会社と同じなのですが、この企業のユニークな点はポイントサービスを採用している点です。

スーパーで買い物したりするとき、ポイントカードをいっしょに出したりしますよね? 認識はあれと同じです。

このポイントは派遣の就業期間に応じて貯まっていきます。

そしてそのポイントは様々なことに使え、まさにライフスタイルの充実を前提とした福利厚生と言えます。

まとめ

いかがだったでしょうか。

派遣というとネガティブな印象を受けがちですが、自由な働き方という観点からみるとある意味正社員よりも優遇されていると言えます。

先述しましたが、今は流動的な働き方が社会の主流となってきています。

一般企業に新卒で就職した実に7割もの人材が、3年以内に転職をしているというデータからもそのことがわかります。

今後、派遣はフレキシブルな働き方としてより注目されていく雇用形態となるでしょう。

様々なことを経験できる良い機会でもありますので、せっかくの人生、楽しんで生きていきましょう。