薬剤師_派遣とバイトの違い
参照元

はじめに

慢性的な薬剤師不足が続く昨今ですが、それに伴って薬剤師の働き方も多様化しています。

大学を出て薬剤師の資格を得た人は医療機関や医薬品会社、調剤薬局、ドラッグストアーなどの正社員として入社する人が多いですが、

バイト派遣社員という勤務形態も増加の傾向にあります。

薬剤師のバイト

子育て中のママさん薬剤師が比較的に多いです。主婦としての仕事の合間に短時間だけ好きな時間帯に働くことができます。

資格を持っていますので、他の職種のバイト賃金よりかなり高給です。

⇒子育てが終わって、手がかからなくなったら契約社員に移行する方法もあります。

バイトは短期で勤務時間もフリーですが、派遣社員は短期でも3ヶ月から1年という契約期間となります。

勤務時間帯も一度決めたら途中での変更は難しいです。

その代り契約期間中では安定収入となりバイトよりも高収入です。

大学院生のバイト

大学を卒業して薬剤師の資格を取った院生のバイトです。

これも需要が多く、院生は引く手あまたです。
⇒学生ですから派遣社員になるわけにはいかないでしょう。主婦と同じ状況です。

バイトの求人は多い

時間的な薬剤師不足を補うための求人が多いです。

どこの医療機関でも薬剤師の数に余裕がありません。

何らかの理由で短期的に休まれた場合は緊急に単発のアルバイトを雇わなくてはなりません。

欠員を補うための求人ですが、1日とか3日だけという場合が多いです。

⇒こういう場合はアルバイトが最も適しています。賃金も高給が見込めます。派遣ではできない対応です。色々な事情で決められた日や時間帯で働くのが難しい人に向いています。

将来自分のお店を持ちたい

薬剤師不足の状況をフルに使って、高給で稼げる時に稼いで、将来自分のお店を持つことを目標とする。

ドラッグストアーなどを自分で経営するとなると、

初期投資資金や運転資金が要ります。

まとまった資金を確保するには高給が期待できる薬剤師のバイトが適しています。

経営者になれば普通の薬剤師の何倍かの収入を得ることができます。

⇒夜間や深夜、休日の薬剤師アルバイトの需要が多くあります。将来の経営資金を獲得したいなら、こうした仕事も積極的に取り入れると早く資金が溜ります。派遣社員ですと、こうした勤務シフトは無理です。

薬剤師の派遣

薬剤師の派遣は、薬剤師が派遣会社に登録又は雇用契約を結ぶところからスタートします。

派遣受け入れ医療機関や薬局、ドラッグストアーなどは派遣会社に薬剤師の派遣を依頼します。

派遣依頼された派遣会社は登録された薬剤師の中から派遣先の要求に合った人材を選択して受け入れ先に薬剤師を派遣します。

派遣薬剤師の特徴は賃金が高く、休日出勤、残業などがない、などと言われています。

賃金が高いのは受け入れ先が、即戦力の人材を要求するからです。

要求度、期待度が高いためです。

従って受け入れ先の要求に応えられないと、継続契約はされませんし、契約変更で早期に交代させられる可能性もあります。

薬剤師の派遣は条件がよい

薬剤師の派遣は一般的に賃金も高く、派遣先の勤務状態に関係なく土日出勤も残業もありません。

派遣先と合わなければ契約更新を辞退することも可能です。

⇒バイトとは根本的に契約状態が異なります。派遣はバイトと違い自由に勤務時間や勤務日を決めるわけにはいきません。

薬剤師の派遣期間は1年以内です。

派遣期間は一般的に3ヶ月から1年が多いです。契約期間が切れると、他社に移るか、継続契約するかの選択となります。
⇒バイトに比べて契約期間が長期になります。その期間は派遣先の勤務条件に従うことになり、バイトのように自由に決めることはできません。

薬剤師の正社員、派遣社員、バイト

職場では正社員と派遣社員、バイトの人が一緒に働く場合があります。

薬剤師ということではみんな同じですが、行っている仕事が当然違っています。

正社員の人は、より派遣社員より重要度の高い仕事であったり、管理業務であったりします。

派遣社員は正社員から指示された業務を忠実に果たし、正社員の業務を補佐したりします。

バイトは業務が多忙になり、消化しきれない時に臨時的に雇われ、特定の業務のみ行います。

これが普通の会社の社員、派遣、バイトの勤務形態です。

1日あたりの断面的な賃金で見ると、派遣、バイトの賃金の方が正社員より高給です。

仕事の内容によっては派遣よりバイトの方が高給な場合もあります。

また待遇面でも違いがあります。派遣、バイトには賞与は通常ありません(出るところもある)。

福利厚生面では派遣では派遣先の対応はありませんから派遣会社の対応となります。

バイトにはありません。派遣もバイトも通常は交通費や住宅費などの補助はありません。

基本的に賃金は日割り計算ですから派遣もバイトも連休の多い月などは収入が減収となります。

派遣もバイトもそれぞれメリット、デメリットがあり、またそれぞれ形態に違いがあります。

薬剤師の資格があれば、それだけで一般の人よりは有利な条件で雇ってくれます。

時代はどんどん変化していきますので、きちんとした将来計画により、派遣やバイトを使い分けしましょう。