薬剤師_仕事内容
参照元

国家資格を取った薬剤師の仕事は調剤薬局の業務からドラッグストア製薬会社病院大学官公庁などそれぞれの業務まで多岐に亘っています。

最近では化粧品会社製薬機械メーカー漢方薬局食品メーカーなどへの職域の拡大が見られます。

薬剤師の主な仕事内容を職域ごとに見ていきましょう。

1.調剤薬局での薬剤師の仕事

  • 調剤業務・・・医師からの処方箋に基づいて薬を選択、調合します。処方箋のチェックや患者のお薬手帳を見て、重複や相互作用の恐れがないかどうか確認します。
  • 服薬指導・・・処方された薬の飲む時間、飲み方などを適切に患者に伝えます。薬の飲み方使い方によっては改善されない場合もありますから、その情報もきちんと収集し、医師に伝える仕事もあります。
  • 薬歴管理・・・患者さんが今までに病院、医院などで診察を受け、処方された薬の履歴を患者ごとに取りまとめて管理する仕事。
  • 管理薬剤師・・・調剤薬局全体の管理業務。管理責任者。医薬品の在庫管理、レセプト管理(調剤報酬明細書)。

2.ドラッグストアでの薬剤師の仕事

  • 一般用医薬品(OTC医薬品)の販売・・・OTC医薬品とは医師から処方してもらう医療用医薬品ではなく、薬局やドラッグストアなどで自分で選んで買える一般用医薬品のことです。市販薬、家庭薬、大衆薬、売薬とも言われています。対面販売が主です。
  • 相談業務・・・OTC医薬品購入者の症状を聞き取り、最適な医薬品の選定と相談を行う。調剤薬局が併設されている場合は、上記調剤薬局の業務も合わせて行う。医薬品以外の日用品、健康食品、生活用品などの販売。(店舗によって異なる)

3.製薬会社での薬剤師の仕事

  • 研究開発(創薬)・・・あたらしい医薬品を開発する仕事です。調査、研究、臨床試験があり膨大な時間と労力、費用がかかります。かなり高度な知識と能力が必要です。
  • CRC(治験コーデネーター)・・・製薬会社から医療機関に委託された治験を管理、運営する業務で、医療機関の被験者のケアや服薬指導、医師へのサポート、などと、治験の契約から進行、モニタリングまで治験が完了するまで一連の行程を管理運営します。
  • CRA(臨床開発モニター)・・・一般的にはCRO(医療品開発業務受託機関)という機関で製薬会社に代わって開発を行い、治験から新薬申請までの種々の業務を行います。治験の契約、進行、モニタリング、検証、確認、報告書の作成などの業務です。
  • MR(医療情報担当者)・・・過去においてはプロパーと呼ばれていた製薬会社の営業担当者のことです。自社の医薬品を適正に使用してもらえるように、また自社薬品の普及促進を行うために医師や薬剤師に面談して薬の有効性、安全性などの情報を提供します。
  • QC(臨床開発における品質管理)・・・新薬開発において治験が適切に行われているかどうかの評価の仕事。
  • QA(臨床開発における品質保証)・・・医薬品の製造から出荷までの評価、検証。
  • DM(臨床開発におけるデータマネジメント)・・・CRAからの治験データを電子データ化するためのシステムの構築、管理する業務。
  • DI(ドラッグインホメーションの略)・・・ 医薬品情報を管理するスペシャリストのこと。製薬会社、病院、医薬品卸会社にDI室が設置されている。副作用や臨床現場でのデータなど医薬品に関する情報を収集、管理し、その情報を必要とする人に提供する業務。

4.病院での薬剤師の仕事

  • 調剤薬局の業務・・・チーム医療…医師や看護師などと共同で診療にあたる仕事。注射薬、点滴の取り扱い。
  • TDM(薬物治療モニタリング)・・・ 医師と薬剤師が協議して患者一人一人に合わせた薬物療法を行うことです。患者の薬物血中濃度を測定して薬物動態学的な解析をもとに最適な薬用量、投与法を設定します。

5.大学の薬学部の仕事

  • 大学教員・・・大学薬学部の教員のことで自らの研究、と学生に対する講義が仕事です。学会や研究会への参加もあります。将来は准教授、教授への道があります。

6.国公立行政機関、医療機関での薬剤師の仕事

薬剤師ということと、公務員試験に合格しなければなりません。一部公立病院では試験がないところもあります。

  • 厚労省などの省庁で法令や薬事行政を行う(国家公務員試験に合格すること)
  • 都道府県の一般行政部門
  • 麻薬取締官
  • 保健所(薬事、環境、食品衛生)
  • 公立研究機関
  • 国公立病院など

さいごに

薬剤師の仕事は一般社会においては一段グレードの高い職域にあると思われます。

それだけ責任もあり、やりがいもあるでしょう。

職域が研究職、から販売、製造まで非常に範囲が広いです。

自分の適正を知って、将来計画の下に慎重に選択しましょう。