薬剤師_資格
参照元

はじめに

まず薬剤師になるために薬剤師の国家資格を取得しなければなりません。

薬剤師になる方法は大学の薬剤師養成課程(6年制)を卒業し、薬剤師国家試験受験資格を得て国家試験を受験して合格しなければなれません。

大学の薬学課程(4年制)を卒業し薬剤師受験資格が得られる一部の大学院に進学して、受験資格を得て、国家試験を受験する方法もあります。

薬剤師になる方法は上記の2つの方法しかありません。

薬剤師の資格を得た人たちは進路によって、又進む職域によって必要とする新たな資格がたくさんあります。

その資格を取らないと、配属された業務が難しい場合や、資格がないとできない仕事、あるいは資格がその仕事の能力や技術のレベルを表しているもの、

ステータスとなっている資格など多岐に亘っています。

研究開発部門関係の資格

  • 実験動物技術者(社団法人日本実験動物協会)
  • 危険物取扱者(財団法人消防試験研究センター)
  • 毒物劇物取扱責任者(各都道府県保険福祉局)
  • バイオ技術者(NPO法人日本バイオ技術教育学会)
    ※これらは研究開発の業務を遂行するために必要とする資格です。研究開発するための一種のツールです。この職域に必要な資格です。

  • CRC(治験コーディネーター)
  • CRA(臨床開発モニター)
    ※この2つは国家資格ではありませんが、臨床試験分野においては非常に重要な職域です。組織や会社の指名により1つの資格として認定されます。

  • MR(医療情報担当者)・・・MR認定試験があります。(公益財団法人MR認定センター)
    ※このMR資格を持っていなくてもMRの業務はできます。この資格を持っていることにより客先の信頼度が増します。営業担当者はほとんどの人が所有しています。

  • 臨床検査技師(国家資格)・・・病院や医療機関において種々の臨床検査を行う技術者です。
    ※現在の医療はチーム医療が基本です、医師を中心に、看護師、臨床検査技師、放射線技師、薬剤師、栄養士などが一体となって患者の診断診療にあたります。呼吸機能検査、心電図、検体(血液、尿、便など)検査などを行う技師です。大学などの臨床検査技師養成課程を修了して国家試験を受験します。(日本臨床衛生検査技師会)

  • DI(医薬品情報専門薬剤師)・・・医薬品情報に関し、高い専門知識、技術、倫理観、経験を有することが認められた資格で医療関係の各部署における医薬品情報の専門薬剤師です。日本医薬品情報学会が認定法人となっています。

公務員薬剤師の資格

  • 薬事監視員
  • 麻薬取締官
  • 向精神薬取扱い責任者
  • 薬事行政
  • 保険行政
  • 保健所職員
  • 食品衛生監視員
  • 衛生研究所
  • 公立病院薬局

公務員薬剤師には上記のように非常に多くの業務がありますが、これらは国家公務員試験又は地方公務員試験に合格しなければ就くことができません。

それぞれの資格を取るためには公務員であって、さらに厚生労働省や各都道府県担当部署の採用試験に合格しなければなりません。

採用試験のない部署もありますので、事前確認が必要です。

販売部門に必要な資格

  • 登録販売者 薬を販売するために必要な資格です。都道府県の実施する試験に合格しなければなりません。
  • 管理薬剤師 薬局の実務経験者の中から会社が指名します。試験はありません。1つのお店の責任者です。

医療部門に必要な資格

  • 専門薬剤師
  • 認定薬剤師
    ※高度な専門的な知識、経験を有する薬剤師で専門ごとに資格名が異なります。

  • がん薬物療法認定薬剤師(日本病院薬剤師会)
  • がん専門薬剤師(日本医療薬学会)
  • 感染制御認定薬剤師(日本病院薬剤師会)
  • 感染制御専門薬剤師(日本病院薬剤師会)
  • 精神科薬物療法認定薬剤師(日本病院薬剤師会)
  • 精神科専門薬剤師(日本病院薬剤師会)
  • HIV感染症薬物療法認定薬剤師(日本病院薬剤師会)
  • HIV感染症専門薬剤師(日本病院薬剤師会)
  • 妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師(日本病院薬剤師会)
  • 妊婦・授乳婦専門薬剤師(日本病院薬剤師会)
  • 漢方薬・生薬認定薬剤師(日本薬剤師研修センター、日本生薬学会)
  • 日本医療学会認定薬剤師(日本医療薬学会)
  • 研修認定薬剤師(日本薬剤師研修センター)
  • 認定実務実習指導薬剤師(日本薬剤師研修センター)
  • 小児薬物療法認定薬剤師(日本小児臨床薬理学会、日本薬剤師研修センター)
  • 公認スポーツファーマシスト(公益財団法人日本アンチドーピング機構)
  • 救急認定薬剤師(日本臨床救急医学会)
  • 抗菌化学療法認定薬剤師(日本化学療法学会)
  • 日本禁煙学会認定専門指導者(日本禁煙学会)
  • 薬物療法専門薬剤師(日本医療薬学会)
  • 腎臓病薬物療法専門薬剤師(日本腎臓病薬物療法学会)
  • 腎臓病薬物療法認定薬剤師(日本腎臓病薬物療法学会)

他にも在宅ケア認定薬剤師、緩和ケア認定薬剤師、プライマリーケア認定薬剤師などがあり、昨今のチーム医療の体制の中でその高度な専門知識が大きく貢献しています。

また、栄養サポート専門薬剤師、日本糖尿病療養指導士、などのように薬剤師だけでなく、看護師、管理栄養士、臨床験者技師などの他の職種の人でも受験できる資格もあります。