失敗しない薬剤師転職

薬剤師に限らず、転職で失敗するのは誰でも避けたいものですよね。

せっかく前の仕事を辞めたのに、見つかるのはそれよりも条件の低い求人ばかりだったり、好待遇で入ったにも関わらず、

環境が劣悪で、しかも聞いていた待遇と全然違う、なんてことになったらもう目も当てられません。

そこで、今回は薬剤師の方が転職で失敗しないために抑えておくべきポイントをまとめてみました。

薬剤師の転職の仕方

まずは大前提、転職の仕方をお教えしましょう。

昨今、転職はwebサイトに登録して、といった流れが主流かと思いますが、薬剤師においてもそれは例外ではありません。

しかし、薬剤師の場合は普通の転職サイトではなく、薬剤師専門の転職サイトを使います。

薬剤師専門の転職サイト一覧
薬キャリ
マイナビ薬剤師
ヤクステ

他にも様々なサイトがありますが、とりあえず上記3つのサイトを押さえておけば外れはないと思っていいです。

それでは、転職サイトに登録したら次に何をすべきなのか、それをご説明します。

キャリアコンサルタントに相談

一番手っ取り早い方法は、ずばりキャリアコンサルタントに相談することです。

キャリアコンサルタントはいわばプロの職業供給人。

向こうもプロとしてお金を貰って仕事に臨んでくれますので、真剣にこちらの相談に乗ってもらえます。

転職が初めて、という方や、薬剤師は薬剤師でも違った環境にチャレンジしたい、という方はキャリアコンサルタントに相談しましょう。

転職サイトに登録すれば、専属のキャリアコンサルタントがいますので、気軽に相談することができます。

なお、キャリアコンサルタントを利用するメリットして以下のような事例があります。

「実際に勤めてみないと分からない」と諦めずに、薬剤師専門の転職支援サイトで調べてみましょう。専任のコンサルタントは、求人先の職場環境までしっかりと把握していて、教えてもらうことができます。

素人ではなかなか難しい条件交渉も、代行してやってもらえるのが嬉しいところです。登録料は無料で、非公開求人もたくさん扱われています。実際に登録して、体験してみてはいかがですか?

引用元

自力で発掘

行動力のある人は、自分で求人を見つけて、それが自らの望む条件に合致しているかを見極める方法が合っているかと思われます。

このようなタイプの人は下手にキャリアコンサルタントに相談したりすると、逆に混乱してしまう恐れがありますからね。

しかし、ここで1つ注意点です。

自分で行動を起こす前に、まずは自分が転職先に何を望んでいるかを明確に思い浮かべ、紙に書きだしましょう。

その行動を怠って、闇雲に求人を探したところで、膨大な情報の波にさらされて途方に暮れてしまうだけですからね。

転職の悪い例

転職をする際にやってはならないことがあります。

ここではそれが何なのかを見てみましょう。

条件にゆとりがない

あまりに条件を厳しくし過ぎるのは良くありません。

自分の身の丈に合った、少し妥協点のある条件を模索しましょう。

自分の条件に完全に合致する職場が見つかることはほとんどあり得ません。

絶対にどこか削らなければいけない条件が出てくるものです。

それを見越して、条件にはある程度余裕をもたせましょう。

即決断

ここがいい!と思い立ったが吉日で即座に連絡するのは止めましょう。

少なくとも、その求人を10分は眺めてください。

それでも連絡したい気持ちがあるのなら連絡すれば良いし、少し気分が後退したら、保留しましょう。

即時決断は決して悪いことではありませんが、転職は人生をも決めかねない大きな選択です。

なるべく慎重に行動しましょう。

転職の良い例

それでは次に転職の良い例を見てみましょう。

様々な案件を比較

複数の転職サイトに登録して、様々な案件を見比べましょう。

中には同じ職場であっても待遇が違う場合も多々あります。

また、特定のサイトだけにしか求人募集を載せていない場合もありますので、要注意です。

案件を比較することで、自分がどの点を重視して見ているのか分かる場合もあります。

自分を改めて見つめ直すような気持ちで求人を探してみると良いでしょう。

実際に情報収集

転職サイトは、そうは言ってもただの情報の集まりです。

百聞は一見に如かずとの言葉もあるように、求人をひたすら睨みつけても自分がそこで働いている姿や未来のビジョンが見えるわけがありません。

そこで重要なのが情報収集です。

例えば、求人に関する質問と称して電話をしてみましょう。

その時の対応の仕方で、どんな人が働いていて、どんな雰囲気なのかわかるかもしれません。

もしあなたが話し上手だったら、職場の詳しいことももっと訊きだせるかもしれませんよ。

もしも希望する職場が近いようであれば実際に足を運んでみるのも方法の1つです。

実際に目で見てみると、やはり印象はがらりと変わるものです。

目だけでなく、足を使った情報収集も重要なことです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

転職、上手くいきそうですか?

自信がないというあなた、それが当然です。

上手くいきそうと思ったあなたは、少し冷静になりましょう。

転職は上手くいかなくて当然の作業です。

仕事を探すというのは、口でいう程優しいものじゃありませんからね。

しかし、転職という道を踏み出したあなたたちはとても勇気のある人たちです。

転職が当たり前のことのようになっているこのご時世において、それは珍しいことではないと思いますが、かといって誰もができることではありません。

転職という道を選んだのであれば、最後まであきらめずに進みましょう。そうすれば、自分に合った素晴らしい職場が見つかるはずです。