薬剤師_ダブルワーク

薬剤師の方でダブルワークをしている方は多いです。

理由としてはスキルアップや収入アップの為というのが最もポピュラーな答えでしょう。

しかし、ダブルワークは全ての薬剤師ができるわけではありません。

今回は薬剤師がダブルワークをするために必要ないくつかの注意点をご紹介したいと思います。

副業が禁止されていないかの確認

ダブルワークを始める前にいの一番に確認しなければいけないのは、勤めている企業が副業を禁止していないかどうかです。

中には副業を禁止している企業もあり、また認めていても制限を設けるなどのハードルを設定している企業もあります。

また、職種によってはダブルワークが法律で禁止されている場合があります。

薬剤師は職種によってはダブルワークが法律で規制されています。薬局、店舗販売業、卸売販売業などの管理者(管理薬剤師など)は、その施設以外の場所で薬事に関する仕事をする時は保健所長の許可が必要で、兼務する仕事内容は非常勤の学校薬剤師などに限られます。但し管理者でも薬事以外の仕事とのWワークは可能ですので、副業をするなら異業種の求人募集を探しましょう。

引用元

これにも注意が必要です。

黙って始めてもいずればれる

ばれなければ大丈夫。そんな安易な気持ちでダブルワークをしてはいけません。

もし職場がダブルワークを禁止していて、ばれてしまったらどうなると思いますか。

就業規則に違反しているので、最悪の場合クビになってしまうかもしれません。

ちなみに誰にも言わなければ大丈夫という訳でもありません。

副業をしていれば必ず所得が発生しますよね。

その所得には必ず税がかけられます。

会社は住民税などの支払い状況からそのことを容易に発見ができます。

副業をしていることはお金の流れからでも発覚する可能性もあるかもしれません。

副業の探し方

ダブルワークを許してくれる職場であったならば、次は副業を探さなければなりませんね。

これは転職活動などと同じで、薬剤師専門の求人サイトや派遣会社に登録すれば良いでしょう。

薬剤師の世界では割とダブルワークは普通のことなので、多くの職場が副業でもオッケーと言ってくれます。

しかし、稀に副業は受け付けていない職場もありますので、そうなったら素直に諦めましょう。

間違っても本業があるのを隠して就業するのはいけませんよ。

下手すれば本業と副業を同時に失うことにもなりかねませんからね。

本業に悪影響が出る働き方をしない

副業はあくまで副業。本業があってこそのものです。

副業のせいで本業に悪影響が出たりしたら本末転倒ですよね。

新しいことを始めて楽しいのは分かりますが、本業を軸とした働き方を模索しましょう。

ゆとりを持った働き方

副業を始めたての頃はなるべく週1くらいで仕事を入れると良いでしょう。

それでは少なすぎると思うかもしれませんが、副業を始めるにあたって重要なのはどこが自分の限界なのかということです。

いきなり週4の仕事を入れてしまい、結果的にそれが自分の能力や時間のキャパシティーを越える事態になってしまったら、副業はもちろん、本業にも多大な影響を及ぼします。

徐々に仕事量を増やしていき、あと1日くらいは大丈夫そう、というところでキープしましょう。

ギリギリの生活は身体を壊す元となります。

その余裕のある1日はきちんと休養にあて、体調を崩さないようにしましょう。

副業という意識を捨てる

副業とはいえ、その職場で本業を営んでいる人もいます。

そのことは絶対に忘れてはいけません。

副業だから、という言い訳は通用しないということを覚えておきましょう。

それはそこで働いている人たちへの冒涜となります。

目的意識をはっきりと持つ

ダブルワークを志す人は必ず何か理由があってそれを行っています。

なんとなく、で始める人はおそらく皆無でしょう。

目的意識を持つことはモチベーションを高めることにも繋がります。

ダブルワークを始める前に、自分はどうして副業を始めたいのかをきちんと見極めておきましょう。

収入の増加

薬剤師は基本的に収入の上がり幅は狭いと言われています。

初任給が高くても、その後なかなか給与が上がらず、勤続十何年でも年収があまり上がらないという人も大勢います。

中にはそれなりの地位も得て給与もその分多くもらっている人もいますが、そんな人はほんの一握りの人たちだけなんですね。

薬剤師の派遣やパート、アルバイトは時給が高い傾向にあります。

平均すると2500円くらいでしょうか。

ですので、収入アップを目当てにダブルワークをする薬剤師の方もいます。

深夜帯の業務だったり、ドラッグストアなどの時給の高い職種を選べば、より多くの給与が望めるでしょう。

転職の為のスキルアップ

薬剤師は常にスキルアップを意識していなければなりません。

日々変わる医療事情や新しい薬剤などの知識はもちろん、新たな資格への挑戦など、やることはそれこそ山ほどあります。

その勉強も兼ねて、薬剤師はダブルワークをします。この場合は主に別業種を経験することが多いでしょう。

薬局に勤務しているのに他の薬局で副業をしてもしょうがないですからね。

そしてスキルアップの先に見据えているのは、もちろん転職です。

薬剤師は転職を重ねることでどんどんとステップアップを果たしていくのです。

まとめ

ダブルワークは心身ともに苦しいものですが、それに見合う対価は貰えるはずです。

また、薬剤師の中には西洋医学の道から、漢方を主にする東洋医学の道へと進む人もいます。

薬剤師にはそういった選択肢もあるのです。

1つの道を究めるのも良いでしょうし、違う道を模索してみるのも良いでしょう。

ダブルワークには様々な可能性が秘められています。

もし現状に満足できていないのならば、ぜひともダブルワーカーになることをオススメします。