派遣薬剤師_働き方
世間の派遣社員への風当たりは強いですが、こと薬剤師に関してはむしろ派遣社員である方がメリットの大きい傾向があります。それには理由がいくつかあります。今回は薬剤師派遣における賢い働き方特集として、いくつかの観点から薬剤師派遣のメリットを検証していきたいと思います。

薬剤師派遣は正社員より儲かるのか

ずばり薬剤師派遣は正社員より儲かるのか。これは、個々人の働き方次第というしかないでしょう。時給の高い職場で、みっちりフルタイム働けばあるいは並みの正社員よりかは稼げるかもしれません。

しかし、正社員にあって派遣社員にないものがあります。それはボーナスです。月給の単純計算だけすれば派遣社員の方が年収が多かったりもしますが、そこにボーナスが加わるとやはり正社員の方が年収は上となります。

では正社員の方が得なのかといえば、そういうわけではありません。派遣には派遣のメリットがあり、そのメリットを生かすことで後のキャリアアップを図り、年収を大幅にアップさせることが可能となります。

時給・経験値における職場比較

薬剤師が働く場所は大きく分けて3つに分類されます。病院、薬局、ドラッグストアですね。ここではそれぞれの時給と、そして得られる経験値を職場別に説明していきたいと思います。

病院

最も時給が低いが、その分貴重な経験ができる職場、それが病院です。時給の低い理由としては、お金で人を釣らなくても求人募集を出せば人が集まるからです。つまり需要が高いんですね。なので、病院はわざわざ高い時給を設定しないでも良いのです。

ではなぜ給与が低いのに人が集まるかというと、それはやはり経験できる場数の多さに起因します。病院では調剤業務や服薬指導の他に、医師や看護師との意思疎通、さらには薬の専門家としての意見を求められたりもします。

また、大きな病院だと入院患者への投薬に使用する薬を調合したりすることもあります。業務が多く、激務と言われる病院ですが、その分スキルや知識の大幅アップが期待できる職場でもあります。

調剤薬局

薬剤師の勤務地としては最もスタンダードな場所です。時給も経験値も3つの中で真ん中です。基本的に行う業務は調剤業務と服薬指導、薬の管理などです。カルテを受け取ったらその通りに薬を調剤します。

薬剤師としての業務を最も円滑に進められる職場と言えるでしょう。

ドラッグストア

ドラッグストアは時給が他の2つよりも高い代わり、薬剤師の経験値としては少し物足りないかもしれません。時給の高さは病院の反対で、そうしないと人が集まらないからです。

そして集まらない理由は、ドラッグストアに勤務した場合、薬剤師としての業務以外もやらなければいけなくなるからです。品出し、レジ打ち、在庫管理、その他接客業務。調剤業務や服薬指導もあったりしますが、全体的な比重から見ればドラッグストアの店員として働く場面が多くなるでしょう。

職場によって特徴のあることが分かりましたね。自分が何を求めているのか。金銭か、それとも経験か。それによって働くべき環境は変わってきます。

薬剤師派遣の賢い働き方とは

最後に、派遣薬剤師はどのように働けばメリットが生まれるのかをご説明したいと思います。派遣の利点として、自由なスタイルで仕事をすることができる点が挙げられます。この最も大きい利点を駆使した賢い働き方をご説明致します。

様々な職種を経験する

派遣は予め働く期間が決まっています。それを良いと取るか悪いと取るかはあなた次第ですが、様々な職種・職場を経験できると思えば、かなりのメリットに感じられるはずです。

たとえばドラッグストアで働いてみればコミュニケーション能力が高くなり、服薬指導の時に役立つでしょうし、病院での経験はその後の財産になります。

また、様々な人間関係を形成することで、社会での立ち振る舞い方も覚えられるでしょう。期間が決まっている。そう思えば、辛いことがあっても耐えられたりします。正社員は一つ所でしか働けませんが、派遣薬剤師は様々な職場で知識を吸収することができます。経験という意味では、派遣社員は正社員よりもずっと多くの物を積めるでしょう。

時間を有効活用する

派遣社員は期間が終われば職から離れることになります。もちろんそのまま次の職場へ移ることも可能ですが、スキルアップの手段として資格などを取ることも考えた方が良いでしょう。派遣薬剤師の利点は、時間を作りだせることです。その時間をどう使うかで、後のキャリアアップが変わってきます。

就業しないまでも時間を絞って、ある程度時間を捻出することも派遣社員ならば可能です。これならばお金を稼ぎながらスキルアップができます。正社員ではなかなかこうはいきませんからね、派遣薬剤師ならではのメリットと言えるでしょう。

まとめ

派遣でも働き方次第で道を大きく開くことができます。正社員は会社に縛られていますが、派遣を縛るものはなく、自由に世の中を飛び回ることができます。薬剤師のキャリアアップに必要なのは結局知識とスキルです。それを得るチャンスが欲しいのであれば、派遣社員として様々な職種・職場を経験した方が良いと思いますよ。

また、そろそろ身を落ち着けたいなと思ったら「紹介予定派遣制度」というものを利用すると良いでしょう。

派遣先に直接雇用されることを前提に一定期間派遣スタッフとして就業し、派遣期間終了時に企業と本人が合意した場合社員として採用される派遣スタイルです。

引用元

ぜひこちらの制度も利用してみてください。