薬剤師_DI業務
薬剤師が行う仕事の中で、「DI業務」というものがあります。調剤や服薬指導とはまた違った種類の仕事であるDI業務とは一体どんな仕事なのでしょうか。今回は薬剤師のDI業務についてご説明していきたいと思います。

DI業務とは?

DI業務とは「Drug Infomation Services」言い、医薬品情報管理業務のことを指します。仕事内容は一言に言えば、医薬品に関するあらゆる情報を取り扱う仕事と言えるかと思います。具体的な仕事内容に関しては後述していますのでそちらをご覧ください。

医療界の進歩とともに医薬品も着実に進化を遂げています。その過程で、新しい薬剤の登場により古い医薬品が淘汰されることもあります。また、新しい薬剤を作り出すには副作用や臨床試験によるデータなど、膨大量の情報を蓄積しなければなりません。

DI業務はそれらの情報を管理・整理し、時に企業や患者に提供する義務を背負っている仕事です。

薬剤師資格は必要ない

DI業務を行うにあたって薬剤師資格が必須ということはありません。しかし、その業務内容を鑑みるに薬剤師の知識を有していないと業務の実施が困難なのもまた事実でしょう。ゆえに就職や転職にあたっては薬剤師資格を持っていた方が有利に働きます。

DI業務の仕事内容

それでは具体的な業務内容の説明に移ります。DI業務を行う場所は大きく分けて2つあります。病院と、製薬会社や医薬品卸会社です。この2つの業務内容は微妙に違いますので、別々に説明していきたいと思います。

病院での業務内容

病院では主に院内で使われる医薬品に焦点を充てた業務が行われます。情報を管理・整理し、提供するんですね。提供する相手は患者ではなく、医師や看護師などの医療従事者となります。

また、治療の過程などにおいて起きた副作用が未知のものであった場合は厚生労働省に報告する義務を負います。これにより情報の共有ができるようになり、副作用を起こした医薬品に新たな情報が加わることになります。

加えて、薬剤の知識を駆使して集積された情報が本当に正しいのかどうかを評価する業務も行います。情報はパソコンであったり書籍であったりと様々なところにありますので、どこかで錯綜してもおかしくはありません。医薬品における情報の錯綜は時に重大な事故を招くこともありますので、これも大変重要な業務と言えます。

製薬会社などの業務内容

製薬会社や医薬品卸会社は主に医療従事者からの問い合わせに対して情報を提供します。上述した病院でDI業務を行っている人からの問い合わせもあり、ここでも情報の共有が行われることになります。

病院と違い、製薬会社などには営業職があります。薬を作っても、使ってもらえる場所がなければ意味がありませんからね。営業マンからの専門的な問い合わせに対応するのも業務の内となります。また、営業には資料が必要な場合が多々ありますので、必要な情報をまとめ、資料として提出する業務を担うこともあるでしょう。

DI業務に必要な能力

DI業務にも必要な資質というのがあります。必須というわけではありませんが、適性があるに越したことはないでしょう。薬剤師とは趣の違う業種ですので、求められる能力もまた違うものとなります。

コミュニケーション能力

薬剤師でも服薬指導などのコミュニケーションが必要な業務があったと思います。しかし、DI業務におけるコミュニケーション能力は、社会人としての礼儀と、薬剤に対する大変深い知識が要求されます。

というのも、接する人が様々な立場にいるからです。また、中には医療従事者だったり、そうでない人もいたりします。礼儀は最低限のマナーとして要求され、薬剤の知識をある程度分かりやすい形にまで咀嚼する能力も求められます。咀嚼するには理解が深くなければいけません。求められる事柄に対して正確かつ分かりやすい情報を提供できなければ、意思伝達が上手くいかず、間違った情報の伝わり方に繋がる可能性があります。

事務処理能力

情報は薬剤師の頭の中にだけあれば良いわけではありません。それは整理され、開示されなくてはいけません。今はパソコンに打ち込む作業が主だっていると思いますが、それをするにも最低限の知識は必要でしょう。

製薬会社に勤める場合は資料作りを頼まれることもあります。そこには具体的なデータや数字と共に、それから導き出された説得力のある説明が必要でしょう。このように医薬品の情報をインプットするだけでなく、アウトプットする能力も問われます。

向上心と責任感

医薬品が日進月歩する世界だというのは申し上げましたが、DI業務に携わるならばその進歩についていかなくてはなりません。新薬ができればそれに関する情報を収集し、理解しなければいけません。日々勉強です。

加えて、自身の行っている業務が一歩間違えれば患者を大変な事態に巻き込む可能性を常に考えることのできる責任感も必要でしょう。

まとめ

DI業務に従事するには狭き門を通らなければいけません。そもそもの求人数が少ないからですね。これは一度職に就けば、多くの人は離職しないということも意味しています。ですので、DI業務の求人はかなり貴重です。もしDI業務に携わりたいと思うならば、転職サイトに登録し、日々に情報収集を怠らないことが肝心です。

しかしながら、このさきDI業務が更なる注目を集めるであろうことも示唆されています。

ITがあるからDI業務が成立するのではない。ITを活かして現場に立つ人がいるからこそ価値があるのだ。
日々データベースに蓄積される膨大な情報の管理・更新を、DI業務に従事する数名のDI部門の薬剤師だけで担うのはマンパワー的に限界がある。DI部門に従事する人員の不足を解消するための採用強化はもちろん、病院薬剤師だけにDI業務の職責を限定せず、院内の職員全員が協同してDI業務をさらに推進していく当事者としての意識を持つことが求められる。

引用元

DI業務は責任の重い仕事ですがその分やりがいのあるものです。医薬品の最先端に携わることができる場所でもありますので、ぜひとも目指してみてください。