派遣薬剤師 _メリット
派遣社員というと世間的にはあまり良い顔をされませんが、薬剤師に関してはむしろ派遣を経験した方が後のキャリアアップに有利だったりもします。今回は派遣薬剤師のメリットを時間・金銭・経験の3つの観点からご説明していきたいと思います。

時間的メリット

派遣で最もわかりやすいメリットとして挙げられるのが時間的な要素でしょう。正社員であればフルタイムの仕事に加え、時に残業をすることもありますが、派遣薬剤師は働き方を自由に決めることができます。

働く時間・期間を決められる

予め勤務時間や期間を決められるのが派遣薬剤師の良いところです。薬剤師の多くは女性で、中には小さな子供を持つ人もいます。時間的制限がある中でも、派遣であればお金を稼ぐことができます。

また、期間が決められていることで、たとえ派遣された職場が自分に合わないと感じても期間までは頑張ろうと思うことができます。もちろん途中で辞めることもできはしますが、その場合は派遣会社に次の派遣先を紹介してもらえなくなったり、場合によっては損害賠償を求められる可能性もあるので注意が必要です。

スキルアップの為の時間を取りやすい

働く時間をコントロールできますので、早めに仕事を切り上げて空いた時間は資格やスキルアップの為の時間に充てるということもできます。もちろん一旦派遣で働くのを止めて、集中して勉強に取り組むことも可能です。

時間をある程度自由にカスタマイズできるのは大きなメリットです。正社員であれば否応なく会社に縛られますので自由な時間というのはあまり取ることができません。その点でいえば、残業がないというのも利点の一つですね。

金銭的メリット

やはり気になるのは金銭面ですよね。派遣社員は往々にして安定していないイメージというのがあるかと思います。しかし薬剤師の派遣では、働き方次第では正社員よりも多くの金銭を稼ぐことが可能となります。

時給が高い

その理由としては時給が高いことが挙げられます。職場にもよりますが、時給は大体2000円~3000円の間だと思って良いでしょう。専門職ゆえ、このような高時給が実現できるんですね。正社員は月給換算なので単純比較はできませんが、時給に直せばおそらく派遣の方が高くなるはずです。

薬剤師が派遣される一般的な職場で時給が高い順に並べると、ドラッグストア、調剤薬局、病院の順になります。ドラッグストアは時給が高くなる傾向がありますが、その分薬剤師としての仕事以外の業務も要求されますので注意が必要です。

深夜帯だと時給割増

どの職場でもそうですが、深夜帯は給与が良くなります。短期間で一気に稼ぎたい方は深夜帯を希望すると良いでしょう。しかし、深夜ともなるとやはり一気に求人が減りますのでチャンスがあればくらいの気持ちを持っておきましょう。

経験的メリット

派遣薬剤師は経験の面でいっても大きなメリットを抱えています。

色々な職場で働くことができる

正社員ともなれば一つ所で働くしかほぼ選択肢がありませんが(ダブルワークが可能な職場もあり)、派遣ともなれば様々な職場で働き、色々な経験を積むことができます。期間が決まっていますのでその度に職場を変えれば、正社員で就業するよりも多くの経験値を積むことができます。

経験はキャリアアップにおいて必要不可欠なものです。また、様々な職場を経験することで人間関係の作り方やコミュニケーション能力の向上を図ることもできます。職場ごとにルールがあったりして、派遣されるごとに一から慣れなくてはいけませんが順応性を養うという点から見ればそれも大きなメリットといえるでしょう。

紹介予定派遣制度の利用

派遣には紹介予定派遣制度というものがあります。これは以下のような制度のことです。

紹介予定派遣とは、派遣期間(最長6ヶ月)終了後、本人と派遣先企業双方合意のもとに社員となる働き方です。
一定期間「派遣」で働くことで実際の仕事内容や職場を見極められ、未経験でも希望の仕事に就けるチャンスがあります。また、自分だけでは探せなかった企業に出会え、転職活動にかかる労力や時間も節約できます。

引用元

この制度のメリットはやはり職場の雰囲気や仕事内容を確認してから就職するかどうかを決められる点でしょう。合わないと思えば断ればいいですし、自分にピッタリだと思えばそのまま就職することが可能となります。

いつまでも派遣社員でいるというのはいささか現実的でないので、ある程度のスキルアップが図れたならば、今度はキャリアアップの為にこういった制度を利用するのも一つの手でしょう。

まとめ

派遣といってもメリットがたくさんあることが分かっていただけたでしょうか。薬剤師の中にはあえて派遣を選ぶという方もいるほどですからね。急がば回れというように、キャリアアップを図りたいならば派遣で様々な経験を積んでからでも遅くはありません。

また、派遣で多様な職に触れるうち、また別の道を見出すことも可能です。薬剤師の中では西洋医学がポピュラーですが、中には東洋医学、つまり漢方の道ももちろんあります。他にも「DI業務」や「品質管理職」「品質保証職」など、薬剤師が進める道は多岐にわたり、それこそ可能性は無限大です。ぜひとも様々な職を経験し、自分に合った場所を見つけてください。