薬剤師_転職サイト_おすすめ薬剤師の転職サイトは無数に存在し、それを選ぶだけでも一苦労だと思います。サイトにも好き嫌いはありますから、なるべくなら自分に合うサイトで転職先を見つけたいものですよね。

今回は薬剤師の皆さんにおすすめの転職サイトと、それぞれのメリットをご紹介したいと思います。

人材紹介と人材派遣の違い

ところで1つ質問です。皆さんが望んでいるのは転職ですか、それとも派遣ですか。それによっておすすめするサイトが違ってきます。まずは人材紹介と人材派遣の違いについてご説明致します。

人材紹介は基本的に求人者と企業が契約を結ぶものです。つまり、人材紹介会社はその仲介役というわけで、ここに求人を出す企業は主に正社員を求めており、それゆえに登録する薬剤師も必然的に正社員を目指す人が多くなります。

人材派遣は企業と派遣会社が雇用契約を結び、求人者がその職場に派遣されるという形となります。期間が決められているため正社員ではありません。期間が終われば、例外もありますがまた別の職場に派遣されることとなります。

これらの違いを踏まえた上で、転職サイトと派遣会社という2つの括りでおすすめサイトをご紹介していきます。

薬剤師専門転職サイト

それではまずは転職サイトからご紹介致します。上記の説明では人材紹介にあたりますが、正社員だけでなくパートやアルバイトの求人も多数ありますのでどうぞご参照ください。

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

「マイナビ」と聞けば誰もが聞いたことのある大手の会社だと思います。その会社が運営する薬剤師専門の転職サイトです。薬剤師は国家資格を必要とする、いわば専門職ですので転職サイトもそれに特化したものを作らなければいけません。そんなわけで、薬剤師の転職サイトは全て薬剤師の求人しか扱っていないということになります。

こちらの会社のメリットはとにかく親身になってくれるところですね。転職の相談はキャリアコンサルタントが受け付けるのですが、他のサイトでは主に電話などでの応対なのに対し、マイナビ薬剤師は直接の面談を推奨しています。電話と顔を合わせるのとでは、得られる情報の質が何倍も違いますよね。

面談に強いということは、より求人者に合った職場を探すことが出来るということで、転職初心者の方にはかなり評判が良いようです。面談の時間をわざわざ取れるのも、大手だからこそできることですね。

薬キャリ

薬キャリ

続いては「薬キャリ」です。日本最大級の医療専門サイトである「エムスリー」を運営する会社が手掛けている転職サイトです。エムスリーと聞いて、どこかで聞いたことがあると思った方も多いのではないでしょうか。医療界ではかなり有名な企業なんですね。

ここのメリットは、高収入の求人をたくさん持っているということですね。とにかく金銭面を重視するという方にはオススメです。ただ、やりがいを求める方や、とにかく片っ端から求人を集めてはぶつけてきますので、じっくり丁寧に転職を進めたい方にはあまりオススメできないかもしれません。

ヤクステ

ヤクステ

こちらの転職サイトは一風変わっていて、ヘッドハンティング会社が運営しているサイトです。その為か大手企業へのパイプが太く、病院や薬局よりも製薬会社などの企業求人に強いのがメリットとなっています。

治験やDI業務など、薬剤師としての専門的な知識を問われる求人もありますので、やりがいを求める方は定期的にこのサイトを覗いてみると良いでしょう。

薬剤師派遣会社

次は派遣会社です。派遣会社全体に言えるメリットとしては福利厚生が整っていることでしょうね。派遣薬剤師として働く方も多いので、そこは最低限のラインとなっているようです。

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

薬剤師派遣の分野ではおそらく一番評価の高いのがこの「ファルマスタッフ」でしょう。厚生労働省認可、職業紹介優良事業者認定企業に選出されていることからもその信頼の高さがうかがえるかと思います。

特徴はなんといってもその求人の多さです。その数実に6万件以上。さらに薬剤師のニーズを把握した検索の絞り条件もありますので、より自分に合った職場を、膨大な量の求人から見つけ出すことが出来ます。

ヤクジョブ

ヤクジョブ

クラシスが運営するこちらの「ヤクジョブ」は転職初心者の方におすすめできるサイトとなっています。

転職スタイルに合わせたサポート体制に加え、細かなフォローアップなど、転職者の不安をできるだけ取り除こうとする努力が随所に見られます。

ファルメイト

,a href”http://www.pharmate.jp/”>ファルメイト

高額地方都市案件や急募案件が得意なのがこの「ファルメイト」です。金銭面を重視したい方や、早く仕事がしたいという方にはおすすめでしょう。また、サービスも充実していて求人者は安心して転職に取り組むことが出来ます。

まとめ

薬剤師の転職はサイト選びが重要な要素となっています。マイナーなサイトは避け、できるだけ大手のサイトに、複数登録しましょう。転職は情報戦の側面もありますのでいかに多くの求人に触れられるかが勝負の鍵を握っていると言っても過言ではありません。

中には非公開求人というものもあり、それはサイトに登録をしないと見つけられない求人です。

人材を募集する理由は、業務拡大や欠員補充だけではありません。むしろ、「いい人材がいれば、いつでも採用したい」という方針の企業が多く、通年採用を実施しているため、あえて求人広告としてアピールしないことがあります。
また、人気企業であればあるほど応募者が殺到するため、ミスマッチを避けるために、人材紹介会社でしっかりとマッチングさせたうえで公開する場合もあります。その意味で、非公開求人の多くは経験者を対象にしていると言えますが、異業種出身者や第二新卒者でも挑戦できる案件もありますので、アドバイザーに問い合わせてみましょう。

引用元

正社員を目指す人も派遣を目指す人も、転職は自分が動かなければ何も始まりません。今回おすすめしたサイトに早速登録して転職活動をスタートさせましょう。