薬剤師_転職_志望動機
薬剤師のみならず、就職や転職ともなれば必ず必要になるのが志望理由ですよね。志望理由が薄かったり、具体性に欠けたりすればそれは書類審査や面接では大きな打撃となります。下手をすればそれが原因で落とされることも

かといって志望理由に明確な正解はありません。数学のように1つの答えがあるわけではありませんからね。

ですので、今回は薬剤師の転職で問われる志望理由に盛り込むべき要素をご説明したいと思います。

目標の具体化

転職をするからには何かしらの目標があるはずです。しかし、ここで述べてはいけないのは金銭面や待遇面のこと。給料が良さそうなので志望しました、なんて述べる人を採用してくれる企業はいません。では企業はどんな人を求めているのでしょうか。

志望する企業についての言及

志望理由をどこでも流用できるような、当たり障りのないものにしてはいけません。いわゆるコピペ文章ですね。面接担当者はその道のプロです。そんな文章に出くわしたら一発で分かってしまいます。

志望する企業のことについて調べ、魅力を感じた部分を志望理由に盛り込みましょう。院長の理念でもいいですし、前向きな取り組みでも何でも良いので、自分はこの企業のことをきちんと調べた上で働きたいと思いました。そう相手に伝えることが重要なのです。

過去の経験も取り入れると具体性アップ

転職をするからには過去に職があったわけで、もちろんそこで何かしらの経験をしたはずです。何もしていないということは絶対にないはずです。具体性は志望理由の説得性を増します。

ぼんやりと「○○がしたいから」というよりも、「○○を経験して、○○をしたいと考えるようになりました」と理由付けをきちんとしたほうがバックボーンが生まれ、志望理由に厚みが出ます。

即戦力をアピール

転職者に求められるのは即戦力としての能力です。新卒採用ではないのですから当たり前ですよね。ここでは即戦力になれることをどのようにアピールするかをご説明致します。

過去の経験を述べる

過去に経験したことを具体的に述べましょう。ことこまかに述べる必要はありません。どんなスキルを持っているかをある程度披露できれば良いのです。どんな職場で、主にどのような業務を行ってきたのか。それくらいで良いでしょう。

能力は面接や書類だけでは判別できません。それは話のディテールをいくら細かくしても同じことです。むしろ細かくすればするほど怪しまれてしまいます。嘘をつく時、人は無駄に言葉を費やしますからね。必要最低限の言葉で、しかし自分のスキルがしっかり分かるような伝え方を心掛けましょう。

多少の誇張はオッケー

本当は駄目ですが、細部を膨らませるのはギリギリオッケーです。さすがにやってもいないことを自分の経歴として述べるのは無理がありますし、後々ばれたときにどうしようもない事態にもなりかねませんが、2人で対処した部分をなんとか1人でやり遂げたとか、そのくらいなら許容範囲です。

薬剤師への熱意

理路整然とした志望理由は確かに説得力がありますが、あまりに機械的な文章だと相手もそこに熱意を感じてはくれません。採用する側も人間です。理由の過不足なく書かれた文章よりも、脱線気味だけれど熱意は大いに伝わる文章を評価することでしょう。

なぜか。薬剤師に大事な素養に人間性があるからです。スキルや経験を追い求める人よりも、時に人間性を発揮している人の方が魅力的に感じることもあります。

どうして薬剤師になったのか

薬剤師になったのにはおそらく何らかの理由があったはずです。なんとなくでなるような職業ではないはずですからね。その想いを、全て書くとまどろっこしくなってしまうので一文だけでも入れてみましょう。

始まりの一文で「私は○○がきっかけで」と書き出せば、薬剤師になった後のことでスキルを述べ、そして転職先で何をしたいかを、その始まりの一文と絡めることができます。これも十分具体性があり、採用側もなるほどと納得してくれるはずです。

目指すべき薬剤師像とは

理想論とはまた別ですが、やはり目標とすべき薬剤師像というのは誰もが持っているものです。患者さんに寄り添う、知識を高めて患者さんを救いたい。自分が思う最高の薬剤師像を最後に述べれば文章としてはかなり締まりが良くなります。

こんな薬剤師になりたいから、御社を選びました。もちろん絡め方を考える必要がありますが、目標を転職先に伝えるのは最も重要なことです。自分の為ではなく、患者さんの為、企業の為、そう言えるような人材を企業は求めています。

まとめ

正解は示せませんが、ある程度の筋道は見えてきたでしょうか。もし見えなくても、転職サイトに登録していればキャリアコンサルタントに相談することもできるでしょう(キャリアコンサルタントについては以下の文章をご覧下さい)。

キャリアコンサルタントは、 自分はどんな仕事に向いているのか? 自分の経験、スキルはどのように評価されるのか? 仕事は適性にかなっているのかなどを助言、アドバイスしてくれる専門家。
働き手の興味関心、能力、価値観などを引き出し、 活用していくことを目的として、個人のキャリア形成支援を行います。
国内の雇用環境、労働環境が大きく変化している現代において、 人と仕事を適切に結びつけることのできるキャリアコンサルタントが求められています。
キャリアコンサルタントは人材紹介会社、 人材派遣会社などの人材ビジネスを手掛ける会社を多く在籍しており、 一般の人材紹介会社では転職支援を目的に無料で相談にのってもらうことができます。 キャリアコンサルタントは今後、企業内の人事、労務部門などでの活躍も期待されています。

引用元

彼らはキャリア形成のプロであり、同時に良き相談者でもあります。志望理由の書き方はもちろん、その中身までしっかりフォローしてくれますので、困った時はキャリアコンサルタントに相談するのも一つの手段です。

とはいえやはり、まずは自分で考えることが大切です。なぜ転職をしたいのか。なぜそこに就職したいのか。なぜ薬剤師になったのか。色んななぜを統合して、志望理由はできあがります。そこにはあなた自身の源が宿っています。正解はありません。あなたはあなた自身を信じて、転職活動に向き合いましょう。