薬剤師に人気の転職サイトはどこ!?→

好条件で薬剤師の転職を探すには

薬剤師転職_001
参照元

転職を志すからには今より良い条件のところへ移りたいと思っている方が多いかと思います。

しかし、好条件の話はなかなか耳に入ってこないし、そもそもそういう募集は競争率が高いんじゃないの、と不安に思っている方も同じくらい多いのではないでしょうか。

ここではそんな方々に、好条件の職場の探した方をお教えしたいと思います。

これを読んで、あなたもより良い職場に転職しましょう。

薬剤師の転職プロセス

そもそも薬剤師はどのような過程を辿って転職するのでしょうか。

特殊な職業ゆえに、転職の仕方も世間一般で思われているような転職サイトに登録して、といった形とは違うのでしょうか?

答えはイエスであり、ノーです。

薬剤師の方が登録すべきは、転職サイトは転職サイトですが、普通の転職サイトではなく、薬剤師限定の転職サイトです。

そこに登録し、求人を探すというのが主な転職プロセスとなります。

以下ではその主な転職サイトをご紹介しましょう。

薬キャリ

薬剤師の方にはお馴染みのエムスリーグループが運営する転職サイトです。

ネームブランドでも既に安心感がありますね。転職に大事なのは、何より安心と信頼ですからね。

このサイトの求人募集数は30000件と転職サイトの中でも多く、それ故に自分に合った条件の職場が見つけやすいのが特徴です。

また、大手はもちろん、街の薬局などの求人もありますので、自らのライフスタイルに見合った仕事を探すことができます。

もちろん利用料は無料です!

薬キャリ

マイナビ薬剤師

ご存じマイナビ転職の薬剤師バージョンです。

こちらも薬キャリに負けず劣らず、求人の数が多いのが特徴です。

なお、期間限定ではありますが、今登録すれば「薬剤師転職サポートブック」が無料進呈のキャンペーンも実施中です。

マイナビ薬剤師

ヤクステ

このサイトはヘッドハンティング会社が運営しているサイトで、その点では他のサイトとは少し趣が違うものと言えましょう。

特徴としては、非公開求人情報の多さが挙げられます。

ヘッドハンティング会社が運営していますので、様々な大手企業とのパイプがあり、組織のより深くから掘り出してきた求人を載せることが可能になっているのです。ヤクステ

その他の薬剤師転職サイトとしては、
リクナビ薬剤師
グッピー

などが挙げられます。
どれも案件が多く、信頼のできる会社が運営しているサイトなので、積極的に活用していくことが好条件での薬剤師転職のコツとなるでしょう。

膨大な求人募集から自分に合った条件の求人を見つける方法

求人が多いのは嬉しいことですが、あまりに多すぎると逆に困ってしまいますよね。

一瞬で決断できる人は良いのですが、選択肢が多いと迷ってしまうなんてことも。

というわけで、そんなときに転職希望者が取るべき行動を挙げてみました。

希望条件の選定

まずは自分が職場に何を求めているのかを、優先順位を考えながら紙に書きだしてみましょう。

お金なのか、時間なのか、環境なのか。

様々な希望があるかと思いますが、それを出来る限り正直に書きだし、その希望条件を目安の最優先事項としましょう。

キャリアコンサルタントに相談

まず初めにキャリアコンサルタントってなに、という方に。

厚生労働省では、標準レベルのキャリア・コンサルタントに求められる能力体系を定めており、これに対応した養成講座を受講した方等が、キャリア・コンサルタントとして活躍しています。

厚生労働省
つまり、キャリアコンサルタントは厚生労働省に認められた、キャリア形成アドバイザーのプロなのです。

それではどうすればキャリアコンサルタントに相談できるのかと言えば、上記の転職サイトに登録すればそれは可能になります。

もちろん自分で求人を探すことも可能なのですが、キャリアのことを熟知したキャリアコンサルタントに相談することで、自分にとってより良い求人を提供してもらうこともできるのです。

複数のサイトで求人を比較する

キャリアコンサルタントに相談するのはちょっと、という人は上記に示した優先順位をつけた希望条件を元に求人を探し出し、それを複数のサイトで比べてみましょう。

サイトによっては同じ職場でも待遇が違ったり、そのサイトでしか募集していない求人があったりします。

面倒な作業かもしれませんが、これもより良い職場を探すための手段、つまり将来への投資としてその時間を捉えましょう。

妥協して選んだ職場は辞める決断を下すのも早いものです。

ネット以外からの情報

例えば週末に送られてくる求人チラシ、例えば薬局貼り出された薬剤師募集の文字。

これらは今でも見られますよね。それは一定の成果があるという証拠でもあります。

ネット社会となった近年においても、こういった紙媒体を重視するところは多いのです。

中にはネットにさえも載っていない掘り出し求人情報があったりもします。

転職を希望される人ならば、様々な場所に可能性が転がっていることを意識しましょう。

まとめ

転職は難しいものですが、上手くいけばその先のキャリアが輝かしいものとなる一手ともなり得るものです。

その逆もしかりですが、転職においては目的を明確にし、達成への道筋をしっかり描くことができれば成功への確率は高くなっていきます。

その手段に、ネットの転職サイトやキャリアコンサルタントは大きく貢献します。

薬剤師の転職において時間をかけすぎるということは絶対にないので、自分が納得できる好条件の職場が見つかるまで、じっくりと職を選びましょう。

【この記事を閉じる前に!】今登録すべき、オススメ転職サイトは!?

絶対登録しておきたい3社
  ■総合人気ランキング
 1位 マイナビ薬剤師
 2位 薬キャリ
 3位 ファーマキャリア

まずはこの3社に登録すれば、情報量は十分です!

登録後は、自分の働き方や悩みを理解してくれて、必要な情報を与えてくれるエージェント・担当者を探しましょう^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です