薬剤師に人気の転職サイトはどこ!?→

薬剤師の年収を上げる資格とは?

薬剤師_資格_年収

はじめに

薬剤師が働くフィールドは多岐にわたり、広範な領域を持っています。

大きく分けて、研究開発製造部門薬品販売部門及び医療部門です。

薬剤師はこのすべての部門に大きなかかわりあいを持っており、必要とする知識や技能、経験、資格などが異なります。

就職、転職に関しては、各自が将来的に何になりたいか、しっかりした目標を定める必要があります。

昨今、薬剤師の業務は調剤行為を含む医薬品を供給する専門職から患者の様々な病態における医薬品の使用を包括的に管理し薬物療法の安全性、有効性を保障する専門職へと変化してきています。

伝統的な薬剤師の業務は病院などの調剤薬局、薬店、ドラッグストアなどの薬剤師ですが、

実際の医療の現場に立ち会って医師や看護師とともに医療チームの一員になり、高度で専門的な薬品の使用方法、情報を共有する場面が多くなっています。

また在宅医療などにおいて、患者の自宅を訪問し医薬品の適切な使用法などの指導やアフターケアー、薬品の不具合などの情報収集が今後も業務として拡大していくと思われます。

そうした傾向の中で上記の3つの大きな分野に必要とされる薬剤師の資格があります。

人の命に関わる分野であるだけに、高度の専門性を要求する資格が多いのが特徴です。

こうした資格は所有することにより直接年収のUPに繋がるものや、直接繋がるものではないが、その業務遂行上必要不可欠な資格、大手薬品メーカーにおいて、社内標準で認められた社内資格あるいは持っておいた方が知的レベルの証明となる資格などがあります。

分野ごとに主な資格を見ていきましょう。

研究開発製造部門

新薬の開発から販売に至るまでには10年以上の歳月と数百億円の費用がかかると言われています。

その最初の新薬のもとになるリード化合物の探索から開発、研究にはかなり高度のスキルが求められています。

薬剤師の資格だけでなく大学院卒のより専門性の高い人材が担当する場合が多いです。

年収も薬剤師の中ではトップクラスの部門です。

基礎研究や非臨床試験の分野では

  • 実験動物技術者(社団法人日本実験動物協会)
  • 危険物取扱者(財団法人消防試験研究センター)
  • 毒物劇物取扱責任者(各都道府県保険福祉局)
  • バイオ技術者(NPO法人日本バイオ技術教育学会)

などの資格が業務遂行上求められています、が採用入社後に取得できます。

これらの資格は直接給与UPに繋がるわけではありませんが、こうした資格は常識的に取得されていることを前提として、高い給与が支給されています。

さらに高額な年収が与えられているのは研究者として薬効薬理評価やメカニズム解析、新規研究テーマの企画立案ができる人達です。

資格は医薬品に関する高度な知識、開発に関わった経験年数、研究テーマの企画立案力、コミュニュケーション能力などが総合的に備わっていることが必要です。

薬品会社の組織の中で指名されることが多いです。

非臨床試験に続く臨床試験(治験)部門では

CRC(治験コーディネーター)、CRA(臨床開発モニター)が臨床試験、治験の運営、管理を行います。

非臨床試験では動物などを使った試験でしたが、臨床試験では実際に人に医薬品を投与して、その薬品の効能や副作用、不具合などを確認する行程です。

従って極めて高い倫理観が必要とされています。

薬品メーカーから病院側に治験の依頼がされ、病院側はCRCに治験の指示をだします。

CRCはこの指示に従い、治験が円滑に行われるよう、治験における医療的判断以外の全ての業務を行います。

医師へのサポート、患者へのケア、依頼者(CRA)との情報交換などが主な職務です。

CRAは薬品メーカーにあって、治験実施に伴い企画、運営、治験の終了まですべてに携わります。

治験を依頼する医療機関、医師の選定、治験契約、モニタリング、副作用(有害事案)対応、報告書の作成などが主業務です。

CRC,CRAともに薬剤師、又は看護師であれば誰でも就くことが可能です。国家試験はありません。

CRC,CRAともに高いスキルとコミュニケーション力が必要なため高収入が見込めます。求人情報でも高収入が約束された職域として紹介されています。

なおCRC,CRAをサポートする資格として

MR(医療情報担当者)認定試験があります。

臨床検査技師(国家試験)病院などにおいて種々の臨床検査を行う技術者です。

DI(医薬品情報専門薬剤師)治験の行程だけでなく、開発から製造まですべての部門に存在します。

医薬品情報を必要とする人に対して、目的に合わせて情報を検索、収集して内容を評価し、選択して資料として供給する業務です。

日本医薬品情報学会において認定試験があります。

次が薬事申請業務 資格としては薬剤師の資格があればできます。

但し厚労省との折衝や法律の勉強をしなくてはなりません。そして英語力も必要とされます。

第3者にも分かる判断資料としてTOEIC700くらいは必要かもしれません。  

公務員薬剤師 国家公務員、地方公務員の資格をとって、国公立病院や保健所などに薬剤師として勤務します。

資格が将来的に安定した生活をかなえてくれます。

但し高給というわけにはいきませんし、年齢制限がありますからなるべく早く決断しなければなりません。

販売部門

薬剤師の資格がフルに役立つ部門で、また最も多くの薬剤師が活躍している部門です。

年収UPに繋がる資格は多くはありませんが、スキルや知識、経験の度合いによって、本人の努力によって高給を得る可能性の高い部門です。

登録販売者という資格があります。

薬剤師でなくても医薬品を販売できる唯一の資格です。

登録販売者とは改正薬事法の中で定められた医薬品販売の専門家です。

今まで薬剤師にしか認められていなかった一般医薬品の販売に関し、新しく、その1部が販売できるようになりました。

販売は薬店、薬局、ドラッグストア等で、一般医薬品第2類、第3類の販売が可能です。

薬剤師であれば、1類から3類まですべて販売できます。

今後医療行政の中で1類の医薬品が2類に移行する薬品が多くなると思われますので、有望な資格です。資格試験は都道府県で行われています。

管理薬剤師も高収入の対象資格です。しかし資格試験はありません。

薬剤師の内、薬事法に基づき薬局や店舗、製造業では各拠点ごとに設置が義務付けられている責任者のことです。

管理薬剤師は店舗などを管理監督し、主に従業員の監督業務、医薬品の管理、薬品の適正な使用のための情報提供業務、服薬指導、情報提供、苦情処理、相談受付など広範な業務範囲となっています。

管理薬剤師は薬剤師の資格さえあれば誰でもできます。

会社側は3年以上の実務経験者の中から会社側の任意の選定で指名される場合が多いです。

また、所轄の保健所に届け出の義務があることも覚えておくと良いかもしれません。

医療部門

医療部門における薬剤師の役割はますます増加し、高度化しています。

薬剤師としてやりがいを感じる最も人気のそして厳しい職域です。

当然高収入が期待できる分野です。

専門薬剤師、認定薬剤師
専門又は認定薬剤師は高度で複雑化した今日の医療現場において、医療スタッフは患者さんに最良の治療を提供するために様々な医療チームを組み、連携して治療にあたります。

この医療チームの一員として医師や看護師とともに臨床の現場に立ち、効果的な薬物治療を行うための薬剤師を専門又は認定薬剤師といいます。

各種専門領域の医学や医療知識、薬物治療の高度な知識、技能を持っている薬のエキスパートです。

薬剤師の上位に位置し、高収入が期待できる人気の職域です。

専門薬剤師と認定薬剤師の資格は認定する団体によって、あるいは専門領域によって名称が異なります。

例えば日本病院薬剤師学会が行っている資格は

  • がん専門薬剤師又はがん薬物療法認定薬剤師
  • 妊婦、授乳婦専門薬剤師
  • 妊婦授乳婦薬物療法認定薬剤師

他多数

他にも

  • 在宅ケア認定薬剤師
  • 緩和ケア認定薬剤師
  • プライマリーケア認定薬剤師

など医療の現場で指導力を発揮している薬剤師がいます。

特異なところでは

  • 薬事監視員
  • 麻薬取扱者
  • 向精神薬取扱い責任者
  • 麻薬取締官

などの資格をとって専門の業務に就いている人もいます。

上記の薬剤師の業務に関わる数々の資格の内、CRC、CRA,管理薬剤師、認定薬剤師などのような資格は年収UPに直接的に影響のあるものや、業務遂行のために不可欠な資格、高額な年収を維持するための資格、などがあります。

研究開発部門で企画立案ができ計画の実際の実行者で英語能力ができ、コミュニュケーション力があり、チームの統率力に優れた人は1,000万以上の年収が保障されています。

【この記事を閉じる前に!】今登録すべき、オススメ転職サイトは!?

絶対登録しておきたい3社
  ■総合人気ランキング
 1位 マイナビ薬剤師
 2位 薬キャリ
 3位 ファーマキャリア

まずはこの3社に登録すれば、情報量は十分です!

登録後は、自分の働き方や悩みを理解してくれて、必要な情報を与えてくれるエージェント・担当者を探しましょう^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です