薬剤師_MR
参照元

MRとは?

MR(メディカル・リプレゼンタティブMedical Representative)は製薬会社にあって、自社の医薬品の適正使用の推奨が役割で、医薬品の情報を医療機関関係者に伝え、そして副作用情報などを収集することが職務です。

もう少し詳しく言うと、MRはお医者さんなど医療従事者と面会して医薬品の品質、有効性、安全性などに関する情報の提供、収集、伝達を主な職務とする専門職です。

また、MRは営業が主体ですので、自社製品の売上という営業成績が必要という側面も持っています。

公益財団法人MRセンターによると、MRの仕事は下記のように定義されています。

その仕事は医療機関を訪問することにより、自社の医療用医薬品を中心とした医薬情報(医薬品およびその関連情報)を医療関係者(医師、歯科医師、薬剤師、看護師など)に提供し、医薬品の適正な使用と普及を図ること、そして使用された医薬品の有効性情報(効き目や効果的な使い方)や安全性情報(副作用など)を医療の現場から収集して企業に報告すること、そして医療現場から得られた情報を正しい形で医療関係者にフィードバック(伝達)することなどを主な業務としています。

公益財団法人MRセンター

折角、難関の薬剤師試験を通ったのにどうしてMRという仕事を選んだのか、どうしてMRで就職したのか、という疑問符を投げかける人がいます。

どうしてでしょうか。

その原因の1つにこのMRは薬剤師の資格がなくても文系でも理系でもできる職域だからという面があり、薬剤師の人から見るとプライドにかかわるのかもしれません。

実際の現場では薬剤師の資格のある人が圧倒的に多いですが。

もう1つの側面はMRがプロパーと呼ばれていた時代の負の部分を未だに引きずっているからでしょう。

プロパー(プロパガンディストPropagandist:宣伝する人の意味)とは?

かって昭和時代のMRはプロパーと呼ばれていました。

製薬会社の営業担当者であるプロパーは医療機関の医師に対して、納入価格の割引やキックバックを行う行為など、医薬品の売上確保のために各メーカー間の激しい営業合戦がありました。

プロパーには薬品価格の決定権がありました。

しかし、1992年に流通改善により製薬会社による医療機関との医薬品の価格交渉が廃止され、

製薬会社は医薬品の情報提供を中心とした営業活動を主に行い、価格交渉は医薬品卸会社(代理店)に任せるようになりました。

プロパーという言葉は1991年にMRという言葉に変更されましたが、

当時はこの呼称が薬剤師の本来的な職務(研究開発、製造、調剤、薬局、医療行為など)から少し離れていた感じがあり、

激しい営業活動(接待や贈り物など)があったため、医師などから蔑みの目で見られた時もあったようです。

しかしプロパーの時代から既に他の薬剤師の職域よりけた外れの年収が支給されていました。

こうした売上第一主義の販売戦略は、その結果医薬品の適正情報の伝達がおろそかになり薬事事件などを起こすことになりました。

その代表的な薬事事件が薬害エイズ事件です。

薬害エイズ事件

まだMRがプロパーと呼ばれていた1980年ごろ、非加熱製剤を使用して1,400人以上ものHIV感染者及び、エイズ患者を生み出した悲惨な事件です。

問題になった製薬会社はいずれも日本を代表する大手製薬会社です。

当初の研究では非加熱製剤でも血液製剤の安全性が保障されているはずでしたが、研究が進むにつれ非加熱では感染のリスクがあることが判明しました。

研究が報告された時点で製薬会社や厚生省が早期に警告し、医薬品の回収などを行っていれば、これほどの大事件にはならなかった。

と言われています。ここに大手製薬会社のモラルの欠如とプロパーの薬剤の適正使用情報の伝達に対する怠慢があります。

MRは高い見識の上で成り立つ職域です

プロパーの時代から大きく変遷、進化した現代においてMRは医薬品を取り巻く業界の中ではとびぬけて期待度の高い職域です。

MRは医薬品の安全性情報(新しく発見された副作用の案内)や研究会、薬品の適正使用情報(どのような疾患に対して使うのか、類似薬品との違いは)を連絡したり、

逆に実臨床での評価の収集(副作用や病状が改善したなどの聞き取り)を行うことが基本です。

MR認定試験

MR認定試験とはMRとして最低限知っておいた方がよい知識について確認する試験です。

MR財団法人医薬情報担当者教育センターによって行われています。

MRの仕事は資格ではないので、MR認定証がなくてもMRの仕事に就くことができます。

しかしほとんどのMR担当者はこの認定証を持っています。

MRの受験資格は医薬情報担当者教育研修要綱に定める研修課程(300時間)を終了し、認定を受けた者となっています。

試験の合格率は80%前後です。

教育研修施設で受験資格を得た場合はMR認定試験合格後、製薬会社又はCSO(派遣MR会社)に入社し実務教育150時間と実務経験(MRの)6ヶ月が終了してMR認定書が取得できます。

なお、有効期間は5年で5年ごとに更新教育があり、それを経て更新されます。

MRは高収入でやりがいのある専門職です

MRは医療業界では社会的にも地位の高い職域です。

MRには簡単にはなれませんし、その仕事を継続していくためには絶えず新しい医薬品情報を収集し、自分の持つ認定証の更新教育を受けながら更新していかねばなりません。

年収も業界トップクラスの収入が得られますが、平日は医療機関に営業に行き、休日は新薬のセミナー、勉強会、試験、医師に対する接待などで非常に忙しいです。

こうしたことが苦にならず前向きに立ち向かっていくことができる人だけの職業です。

従って当然のことながらこうした職務についていけない人や職業が合わない人も出てきます。

転職、離職率の高い分野でもあるので、ご自身の性格などを考慮して判断されるのが良いでしょう。