薬局薬剤師
参照元

地域に根ざした診療を行う病院、その近くにはしばしば薬局があります。

そこに勤めているのが薬局薬剤師です。

薬局とは、正式名称を調剤薬局といいます。お世話になる頻度としては一番高いであろう薬局薬剤師。

それでは一体、どのような仕事をしているのでしょうか。

今回は薬局薬剤師の主な仕事をご紹介したいと思います。

医薬品の調剤

調剤薬局と言われている通り、薬局での薬剤師の主な仕事は調剤です。

調剤とは薬剤を粉砕し、混合、そして分包することを指します。

薬剤に対する確かな知識がなければできない仕事で、一つ間違えば患者さんの身体に多大な影響を及ぼしかねないとても責任感のある業務と言えるでしょう。

また、診療の場である病院と建物を異にしていることが多いので、受け取った処方箋をきちんと確認し、薬剤師の眼から見てなにか不備があったりしないかを確認します。

患者さんに合わせた調剤

高齢の患者ともなると病院に通う頻度は増します。

そうした過程の中で、自然と薬局に足を運ぶ回数も多くなり、薬剤師と患者さんの間に信頼関係が芽生えることも珍しくありません。

というよりも、薬局薬剤師はその信頼関係を構築することを一つの目標とすべき、とも考えられます。

患者さんと信頼関係を築くことで、細かな不調などを確認しやすくなり、薬剤師の判断で薬剤の配分を変えたりすることができます。

もちろんそれには慎重さが何より大切で、医師との連絡も密にしなければいけません。

疑義照会

処方箋に何らかの不備があった場合、医師に確認を取ることがあります。

これを疑義照会といいます。

医師を信頼することは大事なことですが、誰にでも失敗や勘違いは付き物です。

あの人なら大丈夫と処方箋をおざなりに見ないできちんと一項目ごとに確認しましょう。

日々調剤に追われ、慣れた頃にはほぼルーティンワークとして働くことはできますが、それでは何かあった時が大変です。

医療従事者として、患者さんの身体を第一に考え、リスクを減らす働きをしましょう。

服薬指導

服薬指導とは、患者さんに薬の効能や副作用などをきちんと説明することです。

ある意味、薬剤師の知識の見せどころではありますが、同時にコミュニケーション能力も問われますので、正しく伝えることを心がけましょう。

また、薬のことのみならず、生活習慣や食生活などについてもアドバイスすることで、総合的な治療を勧めることもできます。

薬の力だけで治る病気もありますが、そうでない病気も多々ありますので、

そのような病気の時は日常生活の中で気を付けるべき点なども患者さんに伝えてあげると良いでしょう。

より深い服薬指導

上記の通り、地域に根ざした薬局だと常連とも言うべき患者さんが出てきます。

そのような患者さんとは信頼関係が築きやすく、より深い服薬指導ができるようになります。

初見の方には訊ねずらいプライベートのことやデリケートな問題などに踏み込むことで、その患者さんにとってより良い薬剤やアドバイスを送ることができます。

もちろん全ての薬局がそのような業態をしているとは限らないのですが、患者さんとの信頼関係を築くのは大切なことです。

こちらが一方的にしゃべるのではなく、できるだけ患者さんの生の声を聞いて、それに反応する形で服薬指導をすると良いでしょう。

専門的な服薬指導

人によっては漢方やサプリに特化した知識を持ち、それらの知識を用いた服薬指導をする方もいます。

もちろん薬剤を服用すること前提ですが、それに合った他の漢方などを紹介することができたりと、より幅の広い服薬指導が可能となります。

薬歴管理

薬歴管理とは、患者さんが服用した際に出てしまった副作用や、飲み合わせの悪い薬などをまとめ、管理することをいいます。

溜め込まれた情報と、処方箋を基に調剤をするので、患者さんの身体を守る大切な仕事と言えるでしょう。

日々更新される情報

医療技術は近年目覚ましい進歩を遂げてきました。それに伴い薬の数も多くなり、その分飲み合わせの悪い薬や、大変な副作用を引き起こす可能性のある薬剤も多く報告されています。

それらの情報を見逃すことなく、きちんとバンクにまとめ、管理しましょう。

管理薬剤師

管理薬剤師とは、薬事法に基づき店ごとに設置が義務付けられている責任者のことです。

管理薬剤師ともなると、上記の業務の他に医薬品の在庫管理やレセプトの集計、計数管理の仕事もこなさなければなりません。

管理薬剤師の主な仕事は以下の通りです。

薬剤師が最も多く就労していると言われている調剤薬局では、そんな薬剤師を管理・教育指導するのも管理薬剤師の仕事となります。

この従業員の管理に加えて薬局で取り扱っている医薬品の管理、そしてその医薬品が患者にとって適正なものなのかの判断や服薬指導、更にその後の副作用についての情報収集や報告などが大まかな業務の流れとなります。

また、医療保険や薬事法に関する知識を基に、常に業務が適正に行われているかを総合的に判断・管理しなければなりませんし、患者さんの対応にも責任が生じます。経営者がいる場合は専門的見解を提案する事もあるでしょう。

非常に責任のある職務となりますが、事業の効率を図りながらも地域医療に貢献していく役割を担っており、薬剤師のキャリアとしては人間性をも高める事が出来る素晴らしいポジションです。

http://www.管理薬剤師3.com/index-14.html”>管理薬剤師に強い求人サイトは?

管理薬剤師になるために特別な資格などは必要ありませんので、相応の実力があればなれる職種です。

しかし、その分責任の重さも増しますので管理薬剤師になろうと思う方は覚悟が必要です。

まとめ

いかがだったでしょうか。

日々笑顔を振りまいてくれる調剤薬局の薬剤師たちはこんな仕事をしています。

言葉にすると簡単なようですが、指先一つで患者さんの容態が変わってしまうこともありますので、現実はもっと肉体的・精神的にハードな仕事です。

しかし、その分やりがいもあり、また患者さんの容態の変化を直に見ることができる職場でもありますので、薬剤師になった意味を存分に感じることができます。