Pharmacist Talking to Customer
参照元

薬剤師の就職先として近年急上昇しているのが、ドラッグストアです。

これはドラッグストアが業態を変化させ、調剤薬局を併設し、そこに薬剤師を常駐させることにより、患者さんのより幅広いニーズに応えようとした結果です。

薬剤師の就職先としてはようやくメジャーどころになってきたドラッグストアですが、では一体どのようなお仕事をしているのでしょうか。

今回は、そのお仕事の内容をご紹介したいと思います。

OTC医薬品の販売

OTC医薬品とは医師に処方してもらう「医療用医薬品」ではなく、薬局やドラッグストアなどで自分で選んで買える

「一般用医薬品」と「要指導医薬品」のことです。英語の「Over The Counter(オーバー・ザ・カウンター)」の略語で、対面販売でくすりを買うことを意味しています。

これまで「大衆薬」や「市販薬」とも呼ばれてきましたが、最近、国際的表現の「OTC医薬品」という呼称が使われるようになりました。

http://www.daiichisankyo-hc.co.jp/health/otc/type.html”>第一三共

上記のOTC医薬品のように、ドラッグストアには一般に医師にかかるほどの病気ではない方、

また常備薬として医薬品を買い求めに来る方など、それほど重要性の高い買い物をしに来る人はいません。

しかし、だからといって気を抜いて良いというわけではありません。

中には重大な病気の初期症状を軽い風邪と勘違いしておられる方もいらっしゃるので、

きちんと症状を聞いて、自分の知識と照らし合わせるのが重要です。

ヒアリング

OTC医薬品はいかんせん種類が多いです。

医療に従事していない方が見ても、自らの症状に照らし合わせてどの薬が適当なのか分からないことが多々あります。

そこで、薬剤師が患者さんの話を聞き、その症状に一番適した薬剤を選ぶことになります。

また、複数の似たような薬を示され、「これとこれは何が違うの」と聞かれる可能性も大いに考えられますので、

そのような質問にきちんと答えられるように薬の種類は把握しておきましょう。

調剤業務

ドラッグストアの中には調剤薬局を併設している店舗もあります。

この場合は調剤、つまり薬を粉砕し、混合、そして分包する作業を行わなければなりません。

加えて、上記のような病院にかかっていない患者さんの対応にも追われますので、実情としては少々忙しいかと思われます。

しかし、OTCの知識と、調剤の経験を同時に得ることができますので、幅の広い経験をすることができます。

接客業

患者さんに対する薬の説明なども広義で言えば接客に当たるのですが、ドラッグストアの場合は薬剤とは直接関係のない、レジ打ちなどの業務もこなさなければなりません。

これは、ドラッグストアに就職したということは小売業に就職した、ということと同義ですので、甘んじてその業務を遂行しなければなりません。

幅広い商品説明

ドラッグストアには薬だけが置いてあるわけではありません。

日用雑貨だったり、中には子供用のおもちゃが置いてあるところもあったりします。

ですので、薬剤のことばかりに気を取られていると、普通の商品について訊かれた時にしどろもどろになってしまいかねません。

お客さんにとっては薬剤師も普通の店員も関係ありませんので、きちんと店全体のことを把握しておくのが大切です。

品出し等

薬剤のことばかりに気を取られているのはだめだというのは先にお話ししましたが、その他にも商品の補充や管理などをする必要があります。

ドラッグストアの一店員として商品の足りないところがあれば補充し、お客さんから「あの商品はないの」と言われればバックルームに確認しに行ったりします。

こんなの薬剤師の仕事じゃない、と決して腐ってはいけません。

幅広い見識を持つことは、後のキャリアアップにも繋がることです。また薬剤のエンドユーザーを間近で見ることで発見できるものもあるかと思います。

店長待遇

多くのドラッグストアでは正社員である薬剤師に店長を任せているのが実情です。

これはなぜかというと、ドラッグストアにおける店員の大半はパートかアルバイトだからです。

パートやアルバイトに店長を任せることはできませんよね。

場合によっては、店舗に正社員があなた一人、ということもあり得るかもしれません。

店長になると様々な責任が発生します。

例えば、パートやバイトの採用面接をしたり、シフトの調整、売り上げ管理、商品の発注など、本業が何かと忘れてしまう程の業務が店長にはあります。

けれども、この経験は決して無駄にはなりません。

なぜなら、これらの経験は調剤薬局を開業するというキャリアアップに繋がるからです。

開業するということはその店のあれこれをほとんど全部、自分で回さなければならないということです。

その忙しさは、ドラッグストアの店長に比するものではないと思われます。

しかし、店長を経験することで、ある程度のノウハウを蓄積することは可能です。

もし、あなたが将来薬局を開業する気なら、調剤薬局を併設したドラッグストアは良い就職先かもしれませんよ。

まとめ

いかがだったでしょうか。

どこにでもあるドラッグストアですが、そこに薬剤師はいるのか、また調剤薬局は併設しているのかなど、気にしたことはなかったですよね。

もし近所のドラッグストアに薬剤師を常駐させているような店舗があれば、どんな仕事か見学に行くのも良いかもしれません。

あるいは、事情を離せば直接話を聞けるチャンスもあるかもしれませんよ。

薬剤師は市民の日常を支える職業です。

そのことを意識していれば、自ずとやりがいも感じられると思います。

ドラッグストアは、その日常を一番間近で感じられる職場ですので、ぜひ考えてみてくださいね。