薬剤師の転職、薬剤師求人の情報、薬剤師キャリアアップ

薬剤師転職まとめ

薬剤師の転職成功率が高い 紹介会社の一覧を見る

薬剤師必見!!! 非公開求人・優良担当者なしでは薬剤師の転職は失敗します しかし 当サイトは転職成功の秘訣を徹底的にお見せします! 薬剤師専門の転職会社は、こう使い倒せ!!必見の極意 トラブル無し!薬剤師がスムーズに転職を成功させる方法! 厳選したオススメ転職エージェントランキングも紹介!薬剤師必見!!! 非公開求人・優良担当者なしでは薬剤師の転職は失敗します しかし 当サイトは転職成功の秘訣を徹底的にお見せします! 薬剤師専門の転職会社は、こう使い倒せ!!必見の極意 トラブル無し!薬剤師がスムーズに転職を成功させる方法! 厳選したオススメ転職エージェントランキングも紹介!

オススメ薬剤師転職サイト 厳選5社をPickUP!!

薬剤師は楽な仕事なのか!?月間平均の残業や労働時間を過去の統計データから解明・他業種との比較も

薬剤師は楽と言えば楽、辛いと言えば辛い、そんな職業です

薬剤師の労働時間は1日あたり約8時間が平均です。朝の9時から夕方の5時までが多いでしょうか。

労働時間は業務種別によっても変わりますが、薬剤師の現状として「調剤薬局」に就労している人の割合が相当多いため、それを元にしても大よそ8時間が平均です。

厚生労働省のデータによると、1982年から2004年までは「薬局」と「医療施設」の薬剤師数は殆ど同じですが、2006年頃を境にして「薬局」に勤める人の割合が圧倒的に多くなっています。2014年には「薬局」の就労者数が161,198人、「医療施設」の就労者数は54,879人となっています。

薬剤師は残業が多い?

薬剤師の月間平均の残業時間は残念ながら統計データがありません。

冒頭で紹介したように薬剤師の受け皿は「薬局」が中心ですが、そこから推測すると残業有りの職場が多い印象があります。薬局の残業の頻度は職場によって異なり、地域や季節によってもかなり差があります。そのため、転職する時に「薬剤師業界」として月間平均の残業を考慮してもあまり意味がなく、応募先の職場ごとにしっかりと確認することが大切です。特に面接を受ける時は必ず質問しておきたい内容でもあります。

忙しい時期は1時間や2時間の残業は当たり前

薬局の仕事は患者さんが多い日はとても忙しいです。年間を通してみると、インフルエンザが流行する11月頃から翌年の3月頃までは忙しい日が多いです。それに伴って残業する日も自然と多くなります。その他に残業を余儀なくされるのが「棚卸し」です。「棚卸し=残業」というのは調剤薬局では常識であり、そのくらいとても大変な作業です。

残業が多い時期に焦点を絞ると、一度の残業時間は1時間から2時間ほどです。忙しい時期はこのくらいの残業は当たり前のようにあるので、一切残業なしでずっと働き続けることは少し難しいです。また、薬局の残業は薬剤師の相方となる事務員さんも同様に残業頻度が多くなるので、職場全体として残業が多くなるイメージを持っておきましょう。

病院などの「医療施設」で働く場合も、基本的に風邪が流行する季節は忙しくなります。一方、製薬会社や研究機関などで働く場合、これは一般企業と同じでその会社の状況によって残業はかなり変わります。

薬剤師は特殊な職業であり、活躍の場がとても広いです。どんな職場に就労するのかによって、残業の時間や頻度は大きく変わります。

残業や労働時間は一般的、収入を考慮すると楽かも?!

薬剤師の労働時間は約8時間が平均、薬局のように残業が多いケースを想定しても「忙しすぎて辛い職業」とは言えません。逆に平均年収が400万円~600万円の水準であること、さらに時給相場が2,000円~4,000円であることを考慮すると、労働に見合った収入を得られる職業だと思います。

アルバイトや派遣で時給3,000円で働いたとすると、8時間×3,000円=24,000円の日当です。一般職から見ると考えられない金額です。

薬剤師の仕事内容から考えてみる

薬剤師は薬を扱うプロですが、職場によって業務内容は極端に違います。麻薬捜査官なら麻薬の捜査、調剤薬局なら1日の殆どは患者さんの接客です。

薬剤師は楽な仕事なのか?これは各職場の業務内容から判断する必要があります。また、これは自分にとって合っている業務内容かどうかも考慮しておくべきポイントです。

  • 調剤薬局
  • 病院
  • 大学
  • 行政
  • 製薬会社
  • 各種民間企業

薬剤師の代表的な勤め先は上記のとおりですが、それぞれのジャンルにおいても様々な勤め先があります。例えば、製薬会社だけを見ても「MR」や「臨床開発」、「治験コーディネータ」や「臨床開発モニター」など、いろんな仕事を選べます。

薬局の場合は仕事内容よりも人間関係

薬局というのは基本的に職場のスペースが狭いです。万歩計などを装備して仕事をすると、仕事が終わっても殆ど走行距離が伸びていないことが良くあります。仕事の内容は「調剤業務」が主な仕事ですが、患者さんがやってきたら接客をしながら「服役の指導」をします。1日の殆どがこれの繰り返し、合間を縫って各施設へ薬の配達などをします。他には「薬歴管理」も重要な仕事です。

薬局の仕事はそれほど辛いと感じる内容ではありませんが、狭いスペースで少人数のビジネスライフを送るので人間関係がこじれると最悪です。また、近くの医院の医師とも連携を取ることが必要不可欠であり、医師の処方に疑問を感じることが多いと常に疑問や不安が付きまといます。

後は定期的に勉強会へ足を運ぶ必要があるため、ここに時間を割かなければならないのは少し辛いです。しかし、勉強会へ行くと知識を身に付けるという意外にも、有名な方々に出会える、ちょっとした豪華なパーティーのような雰囲気を味わえるなど、メリットもたくさんあります。

薬局において薬剤師が最終的に目指すのが「管理薬剤師」ですが、管薬に就いたら上記以上に仕事が増えます。その場合を想定しても、一方的に「楽」か「辛い」で表現するのは難しく、やはり今の仕事の「充実感」や「やりがい」、「職場の人間関係」などによって答えが変わってきます。

薬剤師に近い職業は?

薬剤師に近い職業は有りそうで無さそうです。患者さんを接客するという点を挙げるなら、調剤薬局の事務員さんや歯医者さんの事務員さん、あるいは病院の受付も似たような部分があります。MRで働くことを考えると、一般企業のサラリーマンと同じように営業という部分は同じです。

薬を扱いドラッグストアで活躍するという点を考えると、「登録販売者」が最も薬剤師に近いでしょうか。

登録販売者と比較するなら薬剤師の方が楽?!

登録販売者も勤め先によって任される仕事内容は様々ですが、待遇を含めて薬剤師と比較した場合は薬剤師の方が楽かもしれません。ただし、薬剤師の場合はミスをした時に業務上過失致死に問われる可能性があり、これが毎日の仕事において常に重大な責務を背負いつつ就労することになります。

登録販売者からすると雑用を含めて「薬剤師はいいな・・・」と思いますし、薬剤師からすると資格を取るまでの過程を含めて当然といった感じでしょうか。

一概に比較はできませんが、同じ職場において「1日の仕事の負担」や「給料」という部分を見ると、登録販売者の方が過酷かもしれません。

まとめ

薬剤師の仕事が楽に感じるかどうかは人によってかなり意見が分かれます。

残業や労働時間だけを見ると、特別な内容でもなく至って平均的です。また、職場の環境や業務内容によって過酷さが変化するのも一般職と同じであり、楽に働ける職場を見つけるためには「職場選びの眼力」が必要です。

これから薬剤師を目指すという方は確実に資格を取得するまでの方が辛いと感じると思います。実際に就労すると、苦労して取得した資格を使って重要な仕事を任されることに喜びを感じ、社会的な地位も少なからず実感すると思います。

すでに薬剤師として就労している方は、今の職場が過酷なのであれば転職を検討してみてはいかがでしょうか?今回紹介したように薬剤師は様々な職場で活躍できます。また、同じ業務内容の仕事でも職場が変わると仕事に対する考え方も変わるので、新たなビジネスライフを模索してみてください。

このページを閉じる前に 登録しないと絶対に損するエージェント 2社へ登録を!!

どんなに忙しい医師のアナタも、この2社は登録必須です。
この2社だけでもかなりの情報量があり、優秀な担当探しが楽になるはずです。

転職に成功している医師のほとんどが登録!

非公開求人・情報量で圧倒!!

薬キャリ
薬キャリ
  • list約4万件以上の求人案件数
  • list独占非公開求人に注目!
  • list上場企業のグループなので安心
  • list転職に成功した医師の口コミ◎
薬キャリ 薬キャリ

3年連続:利用者満足度No.1

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師
  • list運営40年以上の最大手
  • list常勤も派遣も全国網羅
  • list転職に成功した薬剤師が使う
  • list首都圏に圧倒的な強さ
マイナビ薬剤師 マイナビ薬剤師

最後まで読んでいただいた皆様へ。
転職の成功を願っております。皆さまに幸運がありますように。

メディウェル医師転職ドットコム 迷ったらまずはここから2~3社に登録しましょう!!オススメ医師転職サイト厳選5社をPickUP!!
転職までの流れ転職までの流れ 転職支援サイトを選ぶ転職支援サイトを選ぶ

信頼できる大手・実力ある支援会社のみを厳選してご用意しております。自分に合った転職サイトを3社前後を目安に選びます。

利用するため、無料で会員登録利用するため、無料で会員登録

登録したい転職サイトが3社決まったら、登録項目は似てますので同じタイミングでまずは一気に登録を済ませてしまいましょう。

求人情報探しスタート求人情報探しスタート

登録後、本人確認の電話連絡があるはずです。希望の条件を伝え、「転職の意思がある」と必ず伝えます。良い担当者・優良な非公開求人情報を掴むための必須条件です。

いい担当者を探す

支援会社・エージェントを使う最大の醍醐味。複数社のいろんな担当者と話しましょう。Aランク、Sランクの求人は優良担当者経由でしか出てきません。

ベストな求人条件で雇用契約・転職成功へベストな求人条件で雇用契約・転職成功へ

法的には、転職する2週間前までに雇用主に通知すれば退職はできることになっています。それまでに転職先の面接を完了させ、内定獲得とスケジュール調整を行いましょう。

転職情報コラム 転職情報コラム 自分の市場価値・年収水準を知る自分の市場価値・年収水準を知る 医師の平均年収推移医師の平均年収推移 医師の月間平均残業時間の推移医師の月間平均残業時間の推移 医師は本当に売り手市場なのか?医師は本当に売り手市場なのか? エージェントを使い転職を成功にエージェントを使い転職を成功に 医師の転職理由TOP5は?医師の転職理由TOP5は? 医師転科のメリット・デメリット医師転科のメリット・デメリット 転科を考える医師はどれくらい?転科を考える医師はどれくらい? 開業医・雇われ医のメリット比較開業医・雇われ医のメリット比較 開業医・雇われ医のメリット比較開業医・雇われ医のメリット比較

掲載協力会社掲載協力会社

  • マイナビ薬剤師
  • 薬キャリ
  • 薬剤師転職ドットコム
  • ファーマキャリア
  • リクナビ薬剤師
  • ファルマスタッフ
  • ヤクジョブ.com
  • 薬剤師ナビ
  • ヤクジョ
  • ファーマジョブ
  • アプロ・ドットコム
  • MEDFit薬剤師
  • CME@薬剤師転職
  • メディプラ薬剤師転職
  • 薬剤師求人 .com
  • ジョブデポ薬剤師
  • CBnet薬剤師転職
  • ファル・メイト