薬剤師に人気の転職サイトはどこ!?→

薬剤師で転職をする際の5つの注意点

薬剤師_転職_注意点
参照元
現代社会において転職は決して珍しいことではありません。

それは薬剤師でも同じことです。理由は様々ありますが、一番多いと思われるのはスキルアップの為だそうです。

確かに一所に留まっていてはいつの間にかぬるま湯に浸かっていた、なんてこともありますからね。

この記事を見ている人は転職を希望しているか、あるいはもう転職活動をなさっている方だと思います。

そこで今回は薬剤師が転職をする際に気を付けておくべき5つの注意点をご説明したいと思います。

職場に求めるものの明確化

あなたは職場に何を求めますか?

そう訊かれてすぐに頭に思い浮かぶ人は、それを紙にできるだけ多く書き出してみましょう。

また、すぐには思い浮かばない人も時間をかければ何個かは必ず出てくるはずです。

転職するからには、それなりの理由があるはずですからね。

優先順位をつける

書き出せたら今度は、その中で重要な項目を1位~3位まで選んでください。

※スポンサードリンク※ マイナビ薬剤師

多くの方は初めの方に書いた要素に丸がつくと思います。

自分が求めているものは頭に浮かびやすいですからね。

選べたなら、それが今後のあなたの転職に際する軸となるポイントとなります。

あれがいい、これがいいなんて選り好みをしていては選ぶものも選べませんので、こうして自分が求める最低限のラインを事前に引いておくことが重要になります。

薬剤師専門の転職サイトに登録すべし

薬剤師専門の転職サイトというものが日本にはあります。

そんな専門サイトが作られるくらい薬剤師の転職は世間的にポピュラーなことでもあるということがここでわかりますね。

以下はその代表サイトとなります。

薬キャリ
リクナビ薬剤師
マイナビ薬剤師

ちなみに、薬剤師の転職がなぜこうも頻繁に起こるかというと、こういった例が挙げられるかと思います。

薬剤師は女性の比率が高い職業です。男性の場合はある程度経験を積むと管理を任されることが多いようですね。管理薬剤師とは薬局や店舗の責任者です。薬局や店舗、製造会社には必ずこの管理薬剤師が1人はいなければいけませんので、仕事内容も多く残業は当たり前の世界。薬剤師の収入としては一般的なサラリーマンより多いのですが、仕事内容のハードさと転勤が多いということで、転職をする人はとても多いのです。なにしろ、常に求人がある職業ですから、同じ会社にずっといる利点がなくなれば比較的簡単に転職できてしまうわけです。

仕事内容としてはどの薬局や店舗、製造会社に行っても大差はないのかもしれませんが、それだけ人手不足だと、会社側としても人員を確保するために好条件で雇おうとするわけです。どうせだったら条件の良いところに転職して働きたいですもんね。管理薬剤師の立場であればなおさらのことで、必ず1人いなければいけない責任者が転職して職場を去るということは、会社はすぐに後任者を入れなければならないわけです。そのためにさらに良い条件を出して薬剤師を募集するというわけですね。薬剤師にとっては美味しいスパイラルですよね。薬剤師が他の職業に比べて転職を繰り返す人が多いというのも、なんだか納得できます。

※スポンサードリンク※ 薬キャリ

引用:http://www.gytcm.com/reason.html

複数のサイトに登録すべし

登録する時は複数の転職サイトに登録しましょう。

なぜかというと、求人の比較・検討ができるからです。

あるサイトで求人募集をしているが、その求人は違うサイトでは載っていないということや、同じ職場でもなぜか待遇の違う求人が載っていたりもします。

自分が使いやすいと思うサイトを2、3個選んで、定期的に求人を見て回りましょう。

まずは広く浅くの情報収集が大事になります。

そこでピックアップしたものを、徐々に深く詰めていくことになります。

キャリアコンサルタントに相談しよう

転職サイトに登録するとキャリアコンサルタントに相談することが可能になります。

キャリアコンサルタントとは、その名の通り自分に合った仕事を探してくれたり、転職の事柄に関しての相談に乗ってくれたりする人のことです。

いわばキャリア形成のプロフェッショナルですので、一度でもいいのでぜひ相談してみることをオススメします。

辞める前に行動する

転職は長引く場合が考えられます。なので、今の職場で働きながら転職活動することを強くオススメします。

辞めてから転職活動をし始めてしまったら、もう定期的に給料は入ってこないのでお金は減る一方になります。

そうなると焦ってしまい、自分の思い描く条件とはてんで合わない職場に慌てて転職してしまう、という事態になりかねません。

それは絶対に避けねばならないことです。

もし辞めてしまったら

もし転職活動前に辞めてしまったら、それはもう仕方がありません。

ある程度の期限を決めて、本気で転職活動をしましょう。

この場合、仕事に縛られることがなくなるので情報収集に費やす時間が多く取れます。

決して焦らず、じっくりと自分に合った職場を吟味しましょう。

ネットの情報は鵜呑みにしない

ネットには様々な情報が漂っています。それは転職サイト内でも同じことです。

サイトに掲載されていた条件と全然違う、なんて転職後に思ってしまうのは決して珍しいことではなく、むしろその方が多いと考えた方が良いでしょう。

情報収集をする

ネットだけで完結する転職活動をせずに、なるべく自分の目と耳、そして足を使って情報を収集しましょう。

例えば上述のキャリアコンサルタントに相談すればある程度の職場環境や内情を調べて教えてくれますし、

求人を募集しているところで見学をさせてくれる場所もあります。

見学ができないのなら、実際にそこに足を運んでみるのもありです。

外から見た雰囲気は内情と通ずるものがありますので、得るものは少なからずあるかと思います。

後悔を恐れない

最後の注意点は若干精神論になってしまいますが、それも含めての転職活動です。

転職をすれば、必ず後悔をすることでしょう。前の職場よりも良かった点が多くある反面、悪い部分も必ず出てくるからです。

しかし、これは仕方のないことです。

後悔することを前提にことを進めないと決して前には進めません。

後悔のない転職活動などこの世にはないということを肝に銘じておきましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

転職活動は焦りと不安をもたらしますが、同時にこんな場所もあるのか、そんな仕事ができるのか、などの発見の場でもあります。

自らの可能性を広げたい。もっと色々な世界を見てみたい。そんな方にとって転職はポジティブな選択肢かもしれません。

【この記事を閉じる前に!】今登録すべき、オススメ転職サイトは!?

絶対登録しておきたい3社
  ■総合人気ランキング
  1位 マイナビ薬剤師

公式サイトへ

 2位 薬キャリ

公式サイトへ

 3位 ファーマキャリア

公式サイトへ


まずはこの3社に登録すれば、情報量は十分です!


登録後は、自分の働き方や悩みを理解してくれて、必要な情報を与えてくれるエージェント・担当者を探しましょう^^

  ※無資格者の方はご登録いただけません
マイナビ薬剤師薬キャリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です