薬剤師に人気の転職サイトはどこ!?→

薬剤師と転職エージェントの上手い付き合い方とは?

[Business scene] Interview

[Business scene] Interview

参照元

薬剤師が転職サイトに登録すると後日、ある人から連絡があるはずです。

このある人こそ転職エージェントと呼ばれる方で、今後のあなたの転職活動をサポートするパートナーとなります。

転職エージェントとは別名キャリアコンサルタントとも呼ばれ、文字通りあなたのキャリア形成を手助けしてくれる存在です。

1人1人に担当者がつき、それでいて利用にはお金がかからないので転職する際にはぜひとも利用していただきたいのですが、

その際にいくつか注意しておきたい点がありますので、今回はそれをご説明したいと思います。

信頼関係を築く

まず試みるべきは転職エージェントとの信頼関係を築くことです。

もちろんビジネス上での付き合いではあるのですが、こちらも人、相手も人でありますので、

円滑な人間関係を形成しておいて益はあれど、損はありません。

実質的な立場は対等

転職エージェントにとってあなた方はいわばお客様です。

※スポンサードリンク※ マイナビ薬剤師

しかし、だからといって高飛車な態度を取ったり、横柄な受け答えをしてはいけません。

あなた方は相手にとってお客様であると同時に、仕事を紹介してもらうという立場でもあります。

いわば持ちつ持たれつの関係で、利害関係は一致しているわけです。

中には理不尽な転職エージェントもいたりしますが、あなたがそれをぐっと我慢する必要はありません。

そういう場合にはすぐに担当者を変更してもらえるかどうかを問い合わせてみましょう。

自分の要求を伝える

自分の要求を転職エージェントに伝えることで、転職活動は始まります。

しかし、中には上手く伝えられなかったり、考えが整理できていなかったりする場合もあります。

そんな場合にも、ちょっとたどたどしくても良いので相手に伝えてみましょう。

相手は転職のプロですのであなたの考えを咀嚼し、整理する手伝いをしてくれます。

また、そうすることによってコミュニケーションが成立し、自然と信頼関係も生まれます。

ビジネスライクな会話をするよりも、どうしてこの条件を希望するのか、

自分はなにを目標にすべきなのかを深く掘り下げていけば自ずと人柄というものが出てきて、

転職エージェントの方もより熱心にあなたの転職活動を支援してくれることでしょう。

最後に決めるのは自分という意志を持つ

転職エージェントはあらゆる求人をあなたに提示し、その求人がいかに魅力的かを説明してくるでしょう。

もちろんそれに耳を傾けるのは良いことなのですが、全てを鵜呑みにしてはいけません。

それは転職エージェントの報酬がどこから出てくるかを考えれば自ずとわかることでもあります。

※スポンサードリンク※ 薬キャリ

転職エージェントは転職希望者から一切の費用を取りません。
なぜなら、転職が成功した場合にのみ、紹介した企業からコンサルティング料を貰うことで成立しているビジネスモデルだからです。

引用:http://yakuzaishiharowa.com/advice/advice_agent.html

上記のようなモデルで業務を遂行していますので、転職エージェントが企業の悪い点などを殊更に強調して、ここには行かない方が良いなんて言うわけがありません。

疑ってかかれ、という物言いでは少し強すぎますが、頭の片隅で小さな疑念を渦巻かせておくのが良いでしょう。

全部言いなりは駄目

転職エージェントの言う事を全て真に受けて転職活動をしては意味がありません。

そこに自分の意思を注入して初めて転職活動は始まるのです。

もちろんプロの人の話は的確で非の打ち所のないように思えますが、

その言葉に従って転職した結果、実は自分の条件とはあまり合致しない職場だった、なんて状況に陥ったら笑えませんよね。

そんな状況に陥らない為にも、ちゃんと自分でも提示された求人を吟味してみて、不明な点があればどんどん質問しましょう。

あくまで転職エージェントがしてくれるのは転職の手助けというだけで、最後に決断をするのは自分なのだということを、どうかお忘れなく。

技術的なアドバイスは素直に聞く

転職エージェントは履歴書の書き方や、面接の相談などにも乗ってくれます。

そういった時にもらえるアドバイスは相手にとって利害も何もないので、素直にアドバイスを聞きましょう。

必要なのは、相手のビジネスマンという立場を考えて、相手の利益になるような行動には疑いを、そうでない行動には素直に従うことです。

難しいとは思いますが、心の片隅にその想いは常に持っておきましょう。

どうしても合わないと感じたらばっさりと切る

人間同士ですので、転職エージェントの人とどうしても合わない、という場合が必ず出てきます。

相手はお客様である薬剤師を選り好みすることはできませんが、転職する側であるあなた方がそれを我慢する必要はありません。

1ヶ月ほど交流を持ってみてもう駄目だと感じたらその転職サイトに問い合わせてみましょう。

その際はきちんとした理由を添えて、担当者変更を願い出てください。

顔が気に食わないだとか、かっこ良い人がいい、なんて理由はもちろん駄目です。

転職は今後の人生を左右するものですので、できることなら信頼できる人と二人三脚で進みたいものです。

多少の妥協はするべきですが、しかし妥協を越えて我慢の域に入ったら、それはもうレッドカードですので、自分の心に素直になりましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

転職エージェントは上手く利用すればかなり有利に転職活動を進められます。

しかしその一方で転職エージェントのせいであまり良い職場に巡り合えなかったという声も多く聞かれます。

自分に合った職場を探すのももちろん大事ですが、同じくらい転職エージェントと上手く付き合うのも、転職活動にとっては大事なことなのです。

【この記事を閉じる前に!】今登録すべき、オススメ転職サイトは!?

絶対登録しておきたい3社
  ■総合人気ランキング
  1位 マイナビ薬剤師

公式サイトへ

 2位 薬キャリ

公式サイトへ

 3位 ファーマキャリア

公式サイトへ


まずはこの3社に登録すれば、情報量は十分です!


登録後は、自分の働き方や悩みを理解してくれて、必要な情報を与えてくれるエージェント・担当者を探しましょう^^

  ※無資格者の方はご登録いただけません
マイナビ薬剤師薬キャリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です