薬剤師に人気の転職サイトはどこ!?→

病院薬剤師の主なお仕事とは?

病院薬剤師
参照元

薬剤師が勤務することになる職場の中で一番人気なのが病院です。

私たちもお世話になることの多い病院薬剤師ですが、ではどんな仕事を普段行っているのでしょうか?

ここでは病院薬剤師の主な仕事をご紹介したいと思います。

調剤業務

薬剤師と言われて、一番に頭に浮かぶのがおそらくこの業務でしょう。

調剤業務とはその名の通り、医師の出す処方箋を基に組み合わせや副作用などをチェックしながら患者さん1人1人に合わせて薬をカスタマイズすることです。

また病院によっては患者さんに合わせて製剤を行う場所もあり、より患者さんのニーズに合わせた薬を提供することをやりがいとできる業務と言えるでしょう。

注射薬の調剤

病院には多くの患者さんが入院していたり、また治療の際に注射を打つこともしばしばです。

そんな注射の中身を調剤するのも薬剤師の立派な仕事の一つです。

こちらの業務も主に医師の処方箋を基にして行われるのですが、時に薬剤投与のペースや量などがあまり適していないと思われた時は、薬のエキスパートとして意見を述べたりすることもあります。

※スポンサードリンク※ マイナビ薬剤師

処方の設計

薬の中には少しでも分量を間違ってしまうと大事に至ってしまうものもあります。

ですので、薬剤師は患者さんの容態を把握しながら医師と共に、その患者さんに最適な薬を造りだします。

こちらの業務は経験と知識の深さがものをいう業務ですので、大変やりがいがあります。

服薬指導

服薬指導とは、患者さんに薬の効能や副作用などを説明する業務です。

この業務には単なる薬の説明には終わらない、患者さんの日々の生活スタイルなどをヒアリングし、それに対するアドバイスを行うことも含まれています。

薬剤師には患者さんへ提供する薬への責任に加え、患者さん自身の身体を気遣う細かい気配りが求められます。

それによって薬剤師は患者さんによって細かく調剤を行うことができるのです。

薬品情報の管理

近年、医療は劇的に発達しましたが、それに伴い使われる薬も多くなってきています。

また、日本では認可されていなくても、海外では当たり前のように使われている薬剤が、今後日本に輸入されてくることが予想されます。

薬剤師は薬のエキスパートでなくてはなりません。日々変わる医療現場、そして新たな薬を高いアンテナを以て把握していなければならないのです。

常に最新の情報を用い、安全かつ適切な情報を提供する為に、薬剤師は日々勉強を積み重ねます。

※スポンサードリンク※ 薬キャリ

医師や看護師へのアドバイス

病院の中で一番薬に詳しいのは薬剤師です。

なので、時に医師や看護師に薬剤についての説明を求められることがあります。

患者さんに説明するのとは訳が違い、より深い知識と見識が求められます。

また、薬剤師自らが医師や看護師にアドバイスを行う事も珍しくはありません。

今では薬剤師も病院の中で行われる一連のサイクルの一員として考えられていますので、薬剤の専門家として意見を述べることも業務の一つとして考えられています。

薬歴管理

薬の中には飲み合わせなどが悪く、いっしょに服用してしまうと大変な副作用を伴ってしまうものがあります。

このような薬ごとの注意事項や禁止事項をまとめ、管理することを薬歴管理といいます。

病院において複数の科があるにも関わらず、薬剤受け渡しの窓口が一つなのはこのためです。

薬のルートが複数あると、それだけ情報は分散しやすく、見落としをしやすくなってしまいます。

また、薬同士の飲み合わせの他に、薬を飲む際の、飲み物によって副作用が引き起こされる場合もありますので、そのような事態も考慮いれなければなりません。

医薬品の管理と供給

医薬品は病院内で調剤するものですので、その基となる薬品がなくなっては元も子もありません。

また、それぞれの科に薬を供給する業務も同時に担っていますので、その日1日どの薬でどんな調剤が行われ、

また複数ある科では何の薬剤が足りないのかを常に把握しておく必要があります。

薬剤師としての業務とはあまり関係ないように思われますが、常に接する薬剤がどのような状態であるのかを把握するのは、野球選手がバットやグローブを常にベストな状態に保つのと同じことです。

薬をないがしろにする薬剤師に、薬剤師を名乗る資格はないでしょう。

治験業務

製薬会社と協力し、新たな薬を使うための治験業務を行うのも薬剤師の仕事です。

この仕事は主に製薬会社が主導して行われるのですが、病院薬剤師も院内の患者さんを臨床試験に用いるということで十分に注意して行わなければならない業務です。

まとめ

いかがだったでしょうか。

病院薬剤師の仕事がどんなものか知ることができましたでしょうか。

病院薬剤師の仕事はこのように多岐にわたり、また病院であるがゆえに不測の事態への対処も必要とされています。

薬剤師の知識を思う存分発揮し、そして日々を過ごすことでスキルアップを図ることのできる素晴らしい職場と言えるでしょう。

また、病院によってはより専門化された薬剤師も存在します。以下はその一例です。

専門科目を扱っている病院では、がん専門薬剤師・精神科専門薬剤師・HIV感染症専門薬剤師・妊婦授乳婦専門薬剤師・感染制御専門薬剤師など専門的に知見を得る事ができます。また、新しい薬剤などにも早く触れる事ができます。専門領域での最新の知識・技能が薬剤師に求められるようになり、専門的な知識向上が望めます。

リクナビ薬剤師

【この記事を閉じる前に!】今登録すべき、オススメ転職サイトは!?

絶対登録しておきたい3社
  ■総合人気ランキング
  1位 マイナビ薬剤師

公式サイトへ

 2位 薬キャリ

公式サイトへ

 3位 ファーマキャリア

公式サイトへ


まずはこの3社に登録すれば、情報量は十分です!


登録後は、自分の働き方や悩みを理解してくれて、必要な情報を与えてくれるエージェント・担当者を探しましょう^^

  ※無資格者の方はご登録いただけません
マイナビ薬剤師薬キャリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です