「薬キャリ」登録者が急増中!? →

「処方便」「ヨヤクスリ」などのオンライン・スマホから処方箋を送って、好きな時間に待ち時間ゼロで薬を受け取れるサービスはもっと流行るべき!実際のサービスも紹介してみます。」に変更

病院での診察が終わって、お薬を貰いに薬局に行くとき「また待たなきゃいけないのか、面倒だな」とか「子供がいるからできるだけ早く済ませたい」と思ったことはありませんか?

そのような方にぜひ知っておいてほしいのが、事前に処方箋の内容を薬局に送れる「処方便」や「ヨヤクスリ」といったサービス。調剤の予約をしておくことでスムーズにお薬の受取が可能です。

一度使うと手放せないほど便利な機能は必見です。今回はこれらの新しい処方箋の送り方についてご紹介していきます。

スマホがあれば待ち時間ゼロでお薬が貰えるって知ってましたか?

スマホ処方箋で待ち時間ゼロのお薬受取りサービス
通常であれば処方箋を貰ったらそのまま薬局に行って、お薬ができあがるのを待つ。

これが一連の流れです。病院でも散々待たされて薬局でも待たされて…と待ち時間が多くて嫌になっちゃいますよね。

でも今の時代、この待ち時間を大幅に減らせるネットサービスが実はあるんです。それが冒頭でも少し触れた「処方便」「ヨヤクスリ」

これらのサービスを使えばスマホで簡単に処方箋を薬局に送ることが可能に。直接薬局に行くことなくお薬の準備をしてもらえるので、大幅な時間短縮ができるのです。

「処方便」と「ヨヤクスリ」の使い方は?

サービスを提供している会社はそれぞれ違いますが、基本的な使い方はどちらも同じです。

しかも使い方はとても簡単。では実際に、大まかな使い方を見ていきましょう。

処方箋ネット受付のやり方
参考:https://www.kusurinomadoguchi.com/howto

※スポンサードリンク※ マイナビ薬剤師
  • STEP.1
    処方箋のお薬が受け取り可能な調剤薬局を選ぶ
    まずはどこの薬局でお薬を受け取るのかを選択しましょう。処方便もヨヤクスリのどちらも、現在地から受取可能な調剤薬局を探せます。
  • STEP.2
    処方箋の写真をスマホで撮る
    お薬を受け取る調剤薬局を決めたら、次は処方箋の写真を指定の調剤薬局に送ります。写真はスマホで撮って送るだけでOK。写真を撮るときは処方箋が曲がっていないか、影ができていないか、字がぼやけていないかを確認しましょう。
  • STEP.3
    受取日を指定する
    処方箋の有効期限は発行日を含めて4日間。お薬を取りに行く予定日を指定したらこれで手続きは完了です。
  • STEP.4
    有効期限内に薬局に行き、お薬を受け取る
    あとは指定した日付に調剤薬局に行けば長い時間待たされることなく、お薬を貰うことができます。

※薬剤師ががんばって事前に用意して待ってますので、必ず有効期限内に薬局に来てください!!笑

ポイント!
処方便もヨヤクスリも、スマホで処方箋の写真を撮って送るだけ。簡単に調剤の予約が可能です。スマホさえあればどここにいても予約が取れるのも嬉しいですね。

処方便とヨヤクスリの違いは?

処方便とヨヤクスリの違い
処方便とヨヤクスリ、どちらも処方箋の写真を撮って薬局に送ることで待ち時間を短縮できるサービス。どちらを使おうか迷っている方もいるかと思います。

この2つのサービスに何か違いはあるのでしょうか。以下にサービス内容の比較を表にしているので、そちらをご覧ください。

 処方便ヨヤクスリ
利用可能な薬局の数約8,000店舗30,000店舗以上
アプリの有無ありなし
お薬の準備完了後のお知らせありなし
クーポンなどの特典店舗によってありなし
ポイントプログラムなしあり
運営会社株式会社EPARK楽天株式会社

利用可能な調剤薬局の数は圧倒的に「ヨヤクスリ」が多い!

サービスの対応となっている調剤薬局の数は処方便が約8,000店舗であるのに対し、ヨヤクスリは30,000店舗以上

対応店舗は圧倒的にヨヤクスリの方が多いです。

処方便には対応アプリがある

株式会社EPARKが運営している処方便には専用のアプリがあるのが特徴です。

EPARK-お薬手帳」という名のアプリがありまして、iOSとAndroidのどちらにも対応しています。

アプリを起動するとホームに「薬局をさがす」とあるので、そちらをタップ。次のページで都道府県名や現在地から薬局を探すことができます。

ヨヤクスリは専用のページからアクセス
ヨヤクスリにはアプリがないので、専用のページにアクセスから使います。

薬局名の左側に加盟店と書かれている店舗が、調剤の予約ができる対象店舗です。

お薬の準備ができた際に連絡が貰えるのは処方便

処方便では調剤の予約をし、準備が整った時点で準備完了のメールを送ってくれます。

きちんとお薬の準備ができているのかを確認できるのは嬉しいですし、安心感も大きいですね。

処方便には薬局によってクーポン特典があり

調剤薬局によっては独自のクーポンを用意しているところもあります。

ざっと見た感じはクーポン対応の薬局はあまりありませんが、薬局によっては「BOXティッシュプレゼント」などのクーポンが用意されています。

ヨヤクスリでは楽天ポイントが貯まる

ヨヤクスリは楽天株式会社が運営しており、ヨヤクスリが楽天グループの仲間であることから、利用に応じて楽天ポイントを貯めることが可能

お薬を受け取ることで10ポイント、お薬手帳を作成すると5ポイントが付与されます。

楽天ポイントは楽天市場でのお買い物の他、ミスタードーナツやマクドナルドなどでも使用できるポイントです。楽天ポイントユーザーならヨヤクスリの方がお得かも?

2019年は毎月1000P貰えるキャンペーン実施中!
ヨヤクスリ 2019年 キャンペーン
ヨヤクスリで薬を1回受け取ると100ポイント、2回受け取ると500ポイント、3回以上で1,000ポイント貰えるキャンペーンが2019年は毎月行われています。ポイントは薬を受け取った翌日に付与される仕組みです。

期間限定ポイントですが、今では楽天Payなどもあちこちで使えますので、いつもの薬局がヨヤクスリに対応している場合はぜひこの機会に使ってみてください。

処方便とヨヤクスリはどちらがオススメ?


どちらも基本的な使い方は同じ。どちらが優れているとか劣っているとかはありません。

※スポンサードリンク※ 薬キャリ

楽天ポイントを貯めたい方はヨヤクスリ、お薬の準備ができたよーとメールでお知らせしてほしい方は処方便が向いているでしょう。

しかしそれよりも、自分がいつも使っている薬局が対象店舗に入っているかどうかが1番重要なところです。お気に入りの薬局が入っている方を選ぶとよいのではないでしょうか。

使いやすい方を選ぼう!
処方便とヨヤクスリを実際に使う上で大きな違いはありません。使いやすい方を選びましょう。

処方便やヨヤクスリを使うメリット・デメリット


事前に処方箋の写真をスマホで撮って、対応店舗に送るだけで調剤の予約ができる処方便やヨヤクスリなどのネットサービス。

これらのサービスを利用するメリットやデメリットを見てみましょう。

メリット

調剤のネット予約サービスはスマホを活用した画期的なシステムですね。まずはメリットから見ていきましょう。

①待ち時間を大幅に削減できる

最大の魅力はこれじゃないでしょうか。直接薬局に足を運ばずに、スマホで写真を撮って送るだけで調剤の予約が完了することから、お薬を貰うまでの時間を大幅に削減できます。

写真を撮った後にスーパーで買い物をすることもできますし、後日あらためてお薬を貰いに行くことも可能。処方便やヨヤクスリを使うことでムダな時間を過ごさなくてよくなります。

②調剤薬局内での感染を防げる

病院と同じように、調剤薬局にも病気の方はたくさんいらっしゃいます。そのため調剤薬局に長い時間いることで、感染リスクが高まってしまう恐れがあるのです。

調剤の予約をしておけば薬局内で長時間待つ必要もなくなるため、二次感染のリスクを下げられます

デメリット

では次に、デメリットを見ていきましょう。一見、いいことだらけに見える調剤の予約サービスですが、使用の際に気をつけるべき注意点もあります。

※デメリットというより、気をつけてほしい注意点をまとめてます!

①処方箋の期限が切れてしまうかもしれないので注意!

処方箋の有効期限は、処方された日を含めて4日間です。調剤の予約サービスを使えば後日あらためてお薬を貰うこともできるため、うっかりこの4日間という期限を過ぎてしまう可能性もあるので要注意

期限が切れた処方箋は使えないので再び病院に行くはめになる可能性も。薬局によっては処方箋の期限が切れてから来局された場合、発行した医師に頼んで処方箋の再発行を依頼してくれることもあります。

しかし再発行の依頼には時間がかかることもあるため、せっかく調剤の予約をしたのにこれでは本末転倒です。

注意
処方せんの原本を薬局に渡している場合は4日を過ぎてもお薬を貰えますが、原本ではなく写真のようなデータだけを送っている場合は、4日を過ぎると受け取れなくなります。

②処方箋の原本を持っていくのを忘れやすいので注意!

スマホで調剤の予約をし、お薬を調剤薬局に取りに行く際には必ず処方箋の原本を持っていく必要があります。原本がないとお薬の受け渡しはできません

とくに後日お薬を取りに行く方は処方箋の原本を忘れがち。せっかく行ったのにお薬を受け取れないなんてことを防ぐために、必ず処方箋の原本は持っていきましょう。

他にもある!スマホで処方箋を送れるサービス

スマホで処方箋を遅れるサービス

今回は処方便やヨヤクスリを主に紹介していきましたが、他にもスマホで処方箋を送れるサービスがありますのでいくつかご紹介していきます。

スマホde調剤薬局


参考:イオン | スマホde調剤予約

イオン薬局限定で使えるサービスです。イオン系列の薬局を利用するときは、まず処方箋だけ出して待ち時間でお買い物をすることが多いですよね。

スマホde調剤薬局を使えばスマホを使って処方箋を送れるだけでなく、お薬の準備ができたタイミングで通知が届くようになります。

このアプリがあれば、快適にイオン内でのお買い物もできそうですね。

お薬手帳プラス

お薬手帳+プラス
参考:電子お薬手帳「お薬手帳プラス」サポートサイト[日本調剤]

お薬手帳プラスは、主に日本調剤で使用できるアプリです。お薬手帳としての機能がメインになっていますが、スマホで処方箋を送る機能もあります。

マツモトキヨシ公式アプリ

マツモトキヨシ公式アプリ
参考:マツモトキヨシ公式アプリ

マツモトキヨシ公式アプリはポイントカードの代わりに使ったり、クーポンを貰ったりといろいろな機能があります。その機能の1つにマツキヨ店舗限定で使える処方箋を送信する機能もあるのです。

処方箋を送信して、待ち時間にマツキヨでお買い物をするのもよいですね。

まとめ

処方便やヨヤクスリで時間を効率的に使おう
病院で待たされ、薬局でも待たされ1日が待ち時間だけで終わってしまう日もありますよね。

少しでも待ち時間を減らしたい、もっと時間をうまく使いたい方は処方便やヨヤクスリといったサービスをぜひ使ってみてください。

待ち時間が大幅に減るので一度使うと、もう手放せなくなることでしょう。予約した薬局には処方箋の原本を持っていくのも忘れずに。

あなたも処方便やヨヤクスリをうまく使って、待ち時間を減らしてみませんか?

薬局の薬剤師も、こういう提案ができると効率化につながる

こういったサービスを、グループ会社のサービスかどうかなど関係なく、窓口の薬剤師が導入を検討し、お客さんにも話せるべきだなとも感じました。

  • お客さんの待ち時間を減らす
  • いつも混雑する時間帯の負荷を緩和する

お客さんだけでなく、薬局運営側の立場からしてもメリットがある解決手段ですし、こういったサービスは積極的に取り入れていけるといいですよね。

今回紹介したサービス

ヨヤクスリ:公式サイト
処方便:公式サイト
スマホde調剤薬局:公式サイト
お薬手帳プラス:公式サイト
マツモトキヨシ公式アプリ:公式サイト

【この記事を閉じる前に!】今登録すべき、オススメ転職サイトは!?

※クレーム報告が多い会社は、掲載から外すようにしています。

とはいえ、担当者さんとの相性がありますので、数社に登録することをおすすめします。

登録しないと損する3社
  ■総合人気ランキング
 1位 マイナビ薬剤師

公式サイトへ

 2位 薬キャリ

公式サイトへ

 3位 ファーマキャリア

公式サイトへ


まずはこの3社に登録すれば、情報量は十分です!


登録後は、自分の働き方や悩みを理解してくれて、必要な情報を与えてくれるエージェント・担当者を探しましょう^^

 

※無資格者の方はご登録いただけません。

▼転職に興味がある人がよく見ているページ