薬剤師に人気の転職サイトはどこ!?→

いまさら聞けないセルフメディケーション税制・医療費控除が受けられる市販の薬って…?対象商品・医療費控除・Amazonで人気の薬についても薬剤師が解説!

2017年から新しく始まったセルフメディケーション税制。うまく活用することで医療費控除を受けることができるので、住民税や所得税を減らせる嬉しい制度です。

しかし、なんとなくよい制度なのはわかっていても、どうやったらセルフメディケーション税制の対象になるのか、どの商品を買ったら申請できるのかまで理解している方はあまりいません。

そこでここでは、セルフメディケーション税制の仕組み申請の対象となる商品をご紹介。

またセルフメディケーション税制と医療控除の違いや、Amazonで買えるセルフメディケーション税制対象の人気商品などもご紹介していきます。

セルフメディケーション税制の仕組み


セルフメディケーション税制がお得な制度なのは分かっている方が多いでしょう。でもどうすれば、このお得な制度を使いこなすことができるのでしょうか。

最初に、そもそもセルフメディケーション税制とは何なのかというところからお話していきましょう。

セルフメディケーション税制の対象者

セルフメディケーション税制は、健康増進や疾病予防への取り組みを行っている方が、ある条件を満たすことで所得控除を受けることができるというもの。

「ある条件を満たす」必要があるので、誰でも所得控除を受けられるわけではありません

ではセルフメディケーション税制の対象となるには、以下の3つの条件を満たす必要があります。

  1. セルフメディケーション税制対象の商品を12,000円以上購入している
  2. 健康増進、疾病予防の取り組みをしている
  3. 所得税や住民税を納めている

それではそれぞれの条件について、詳しく見ていきましょう。

1.セルフメディケーション税制対象の商品を12,000円以上購入している

セルフメディケーション税制を受けるためには、対象となる要指導医薬品や一般用医薬品を年間で税込み12,000円以上購入する必要があります。

この12,000円を超えた部分に関して控除を受けることができるのです。ちなみにこの12,000円という数字は、申告する本人だけでなく扶養している家族の分も合わせて超えていればOK。

たとえば年間で、対象商品の購入額が50,000円だったとします。この場合、50,000円から12,000を引いた38,000円が所得控除の対象となります。

なお控除を受けることのできる金額は、上限88,000円まで。買えば買うほど所得控除されるというものではありません。

2.健康増進、疾病予防の取り組みをしている

セルフメディケーション税制は、健康増進や疾病予防への取り組みをしている方にしか適用されません。

セルフメディケーション税制はその名の通り、セルフメディケーションを推進するために作られた制度。自分で自分の健康を守るよう行動しなければこの制度は適用されません。

〈セルフメディケーションとは〉
セルフメディケーションはWHO(世界保健機関)によって「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てすること」と定義されています。

簡単にいうと、自分で自分の体のメンテナンスをしていきましょうというものです。

具体的には申請するにあたって、以下の取り組みのいずれかを行っている必要があります。

  • 特定健康診査(いわゆるメタボ健診)
  • 予防接種
  • 定期健康診断(事業主健診)
  • 健康診査
  • がん検診

これらの取り組みは、納税者本人がしていれば問題ありません。健康増進や疾病予防の取り組みをした証拠として、確定申告のときに書類の添付が必要です。

ちなみにこの書類には、以下のことが記載されている必要があります。

  • 氏名
  • 一定の取組を行った年
  • 保険者や事業者市町村の名称、医療機関の名称、医師の氏名

上記のことが書いてある領収書もしくは結果通知書が、健康増進や疾病予防の取り組みをしたという証拠の書類となります。

3.所得税や住民税を納めている

セルフメディケーション税制は所得控除を受けることで、結果として所得税や住民税の負担が少なくなるもの。

前提として、そもそも所得税や住民税を納めていないとセルフメディケーション税制の恩恵は受けることができません。

セルフメディケーション税制対象商品の見分け方

セルフメディケーション税制は、対象となる市販薬を12,000円以上購入する必要があります。多くの市販薬が対象となっていますが、すべての商品がセルフメディケーション税制の対象商品というわけではないので、購入時には注意が必要

市販薬を買う際は、必ずパッケージにセルフメディケーション税制のマークが入っているか確認してください。こちらのマークが入っているもののみが対象です。

[引用元:日本一般用医薬品連合会]

注意
市販薬のすべてがセルフメディケーション税制の対象というわけではありません。購入時は必ずセルフメディケーション税制のマークが入っているかどうかを確認しましょう。

セルフメディケーション税制と医療費控除との違い


セルフメディケーション税制はうまく活用することで所得税や住民税が安くなるので、とても便利な制度。しかし医療費控除とは何が違うの?と思われている方も多くおられます。

セルフメディケーション税制と医療費控除は併用ができませんので、使えるのはどちらか一方だけです。

人によってどちらの方がお得になるのかが変わりますので、簡単に違いを比較しておきましょう。

セルフメディケーション税制と医療費控除の比較表

 セルフメディケーション税制医療費控除
対象額12,000円以上100,000円以上
上限額88,000円2,000,000円
対象となるもの治療費、検査費用、市販薬の購入費用等対象の市販薬

医療費控除は年間の医療費から「100,000円+保険金等で補填される金額」を差し引いた金額が所得控除額となります。

ポイント!
セルフメディケーション税制と医療費控除は併用不可。確定申告で申請する場合は、どちらがお得なのかを確認してから申請しましょう。

医療費控除の対象になる市販薬

医療費控除は、医療機関で支払った金額が対象だけのようなイメージがあります。しかし治療や療養のために購入した市販薬も実は対象です。

セルフメディケーション税制のようにとくに識別のマークはついていないので、自分で医療費控除の対象になるか見極める必要があります。

医療費控除の対象となるものをいくつか挙げてみましょう。

  • 風邪薬
  • 胃薬
  • 解熱鎮痛剤
  • 鼻炎薬
  • 湿布薬
  • ばんそうこう

例なので、これがすべてではありませんが、主にこれらのものが挙げられます。ビタミン剤や酔い止めのように健康増進や症状の予防のために使うものは対象外です。

あくまでも、「治療や療養」を目的としたものに限られます。

セルフメディケーション税制対象の市販薬


セルフメディケーション税制の対象となる市販薬は、現在約1,500種類ほどあります。思ったよりも多いですね。

実際に薬局やドラッグストアに足を運ぶと多くの商品が対象となっていることがわかります。

ここでは、約1,500種類に及ぶ対象商品の中から、とくに人気の高いものや売れ行きのいいものを抜粋していくつかご紹介していますので、どの商品が対象なのか気になる方は参考にしてみてください。

風邪薬

・ベンザブロックL(武田薬品)
・ベンザブロックIP(武田薬品)
・ストナアイビージェルS(佐藤製薬)
・ストナプラスジェルS(佐藤製薬)
・パブロンSゴールドW(大正製薬)
・パブロンSα(大正製薬)
・パブロンエースAX(大正製薬)
・パブロンエースPro(大正製薬)

解熱鎮痛剤

・ロキソニンS(第一三共ヘルスケア)
・イブA錠(エスエス製薬)
・イブクイック頭痛薬(エスエス製薬)
・バファリンプレミアム(ライオン)
・リングルアイビー(佐藤製薬)
・ナロンエース(大正製薬)

ビタミン剤

・アリナミンEXゴールド(武田薬品)
・キューピーコーワiプラス(興和)
・ナボリンS(エーザイ)
・コンドロビーEX (ゼリア新薬)
・ナボリンEB錠(エーザイ)

鼻炎薬

・アレジオン20(エスエス製薬)
・アレグラFX(久光製薬)
・エージーノーズアレルカットC (第一三共ヘルスケア)
・ナザールαAR(佐藤製薬)
・パブロン鼻炎カプセル(大正製薬)

外用薬

・ボルタレンEXテープ(グラクソ・スミスクライン)
・バンテリンコーワSパップ
・フェイタスZαジクサス(久光製薬)
・ハリックス ほぐリラ(ライオン)
・サロンパスEX(久光製薬)

ポイント!
セルフメディケーション税制と医療費控除では、対象となる商品が異なります。どちらを申請するかによって対象商品が大きく変わるので注意。

念のため、市販薬を購入した際のレシートはすべて取っておくと後で役に立つでしょう。

Amazonで人気のセルフメディケーション税制対象の市販薬


セルフメディケーション税制の対象となる商品には、多くの種類があることがわかりました。しかし、いったいどれが人気なの?と思うことでしょう。

そこでここでは、Amazonで人気の高い対象商品をいくつか抜粋。人気の高い対象商品をご紹介していきます。

風邪薬

・ルルアタックEX (第一三共ヘルスケア)

・ベンザブロックL錠(武田薬品)

・パブロンSゴールドW(大正製薬)

・ベンザブロックLプラス錠(武田薬品)

・パブロンエースAX微粒(大正製薬)

解熱鎮痛剤

・ロキソニンSプレミアム(第一三共ヘルスケア)

・イブクイック頭痛薬(エスエス製薬)

・イブA錠(エスエス製薬)

・ロキソニンS(第一三共ヘルスケア)

・イブクイック頭痛薬DX(エスエス製薬)

ビタミン剤

・アリナミンEXゴールド(武田薬品)

・キューピーコーワiプラス(興和)

・ナボリンS(エーザイ)

・ナボリンEB錠(エーザイ)

(武田薬品)

鼻炎薬

・アレルビ(皇漢堂製薬)

・アレグラFX(久光製薬)

・エージーノーズアレルカットC(第一三共ヘルスケア)

・アレジオン20(エスエス製薬)

・ロートアルガード鼻炎内服薬ゴールドZ(ロート製薬)

外用薬

・ビーエスバンFRテープV(大石膏盛堂)

・オムニードFBプラスターα(テコクファルマケア)

・ボルタレンEXテープ(グラクソ・スミスクライン)

・ボルタレンEXゲル(グラクソ・スミスクライン)

・フェイタス5.0(久光製薬)

まとめ


セルフメディケーション税制の対象となる条件を今一度確認しておきましょう。

  • セルフメディケーション税制対象の商品を12,000円以上購入している
  • 健康増進、疾病予防の取り組みをしている
  • 所得税や住民税を納めている
対象となる商品には識別用のマークが印字されているので、そちらを目印に購入しましょう。

人気商品ですと、ベンザブロックLやロキソニンS、アレグラFXなどがセルフメディケーション税制の対象です。

医療費控除とは併用ができませんので、注意が必要。

年間で100,000円以上の医療費を使っている場合は医療費控除がお得になるケースが多いですが、どちらがお得かは人によって異なりますので自分にあったものを選択しましょう。