薬剤師に人気の転職サイトはどこ!?→

今後増えてくる、医薬品登録販売者の転職・求人はどこで探すのがオススメ?ハローワークはやめたほうがいいかも。

ドラッグストアの薬剤師

医薬品登録販売者の転職方法

  • ハローワーク
  • インターネット
  • 友達の紹介
医薬品登録販売者の転職方法は特別な方法があるわけではなく、他職業と同じように「ハローワーク」や「ネット」を使って転職先を探していくのがスタンダードです。

細かいところは「雑誌」や「アプリ」など色々とありますが、主な媒体としては「ハローワーク」と「求人サイト」が代表的です。今回は、この2つをピックアップして医薬品登録販売者の転職方法を紹介していこうと思います。

医薬品登録販売者は今後増えてくる?

  • 平成20年:合格者58,715人
  • 平成21年:合格者21,209人(総数80,353人)
  • 平成22年:合格者18,510人(総数95,695人)
  • 平成23年:合格者16,007人(総数109,958人)
  • 平成24年:合格者12,261人(総数121,137人)

 

 
医薬品登録販売者として従事するには資格を取得しなければなりませんが、受験者数や合格者数から見ると、すでに資格取得者は増えています。

2018年時点では約20万人~30万人ほどの資格取得者がいると思われますが、これは薬剤師の総数約30万人と同じくらいの人数です。

医薬品登録販売者は「第二類医薬品」と「第三類医薬品」を扱うことができ、薬剤師の業務負担を軽減する目的での採用、あるいは管理者や管理代行者としての需要もすでに高まっています。

どこで転職求人を探すのがオススメなの?

医薬品登録販売者の転職求人を探す方法は、「ネット(メイン)」+「ハローワーク(サブor使わない)」がオススメです。

基本的に求人数でみると、ハローワークよりもネット上の方が医薬品登録販売者の転職求人は多いです。今後、条件もどんどん良くなってくると予想します。

ハローワークはやっぱりダメ・・・?

医薬品登録販売者の求人情報は、ハローワークでも見つけることができます。

エリアにもよりますが、ハローワークだけで転職を成功させることも可能です。

しかし、「タイミング」や「エリア」によって求人数に差があるので、ハローワークだけで医薬品登録販売者の転職活動を進めるのは非効率なケースがあります。

選択肢の1つとして活用するのがオススメ!

これは医薬品登録販売者に限った話ではありませんが、ネット経由で転職することが当たり前になっている現代においては、「ハローワークで転職すべき」という理由を見つけずらいです。

ハローワークが他の媒体に比べて圧倒的に求人が多いわけではありませんし、ハローワークに掲載されている求人情報が他の媒体を凌駕するほど魅力的な募集内容というわけでもありません。

それなら、自宅から職安が遠い場合などに「ネットでいいか・・・」という結論に至りやすいですよね。

結局は各企業がどこに求人情報を掲載するのかはわからないので、医薬品登録販売者の求人情報を探す1つの手段として抑えておくに越したことはありません。

しかし、ハローワークのみで転職活動を進めることだけは避けておく方がいいかもしれませんね。

雇用保険を利用する場合はハローワークを使いやすい

雇用保険を利用するためにはハローワークへ行かなければなりません。

とくに雇用保険の適用条件を満たすために職安で求職活動をしなければならないわけですが、そうした状況ではハローワークを1つの手段として活用しやすいですね。

医薬品登録販売者の転職求人を探すのにオススメなサイト

 
2018年8月時点、インターネットで「医薬品登録販売者」+「求人」で検索すると、TOPページに表示されるサイトは「indeed」や「タウンワーク」など計4サイトしかありません。

また、「医薬品登録販売者」+「転職サイト」で検索しても、TOP表示されるサイトの中では「APO-PLUS 登販ナビ」と「登録販売者.com」の2サイトだけが専門サイトです。

ちなみに「薬剤師」+「求人」で検索すると、「マイナビ薬剤師」や「薬キャリ」など約10ほどのサイトがヒットします。

今のところ、薬剤師や医師など他の医療職種に比べると、医薬品登録販売者専門の転職サイトは数が非常に少ないです。

ここが素敵!
医薬品登録販売者の専門サイトは数が少ないですが、求人を探せるサイト自体は多いです。ハローワークの求人数よりはネット全体の求人の方が多いため、基本的にネット上で複数のサイトを利用しながらも、時間に余裕があるならハローワークを使うといった転職方法がオススメです。

APO-PLUS 登販ナビ

簡単な組み合わせのキーワードで検索するという条件においては、「APO-PLUS 登販ナビ」が大手の登録販売者専門サイトとしてオススメです。

「登録販売者の転職・入社実績NO1!」+「10年以上の実績」があるので、まずはここからスタートしてみてはいかがでしょうか。

公開求人数は「東京都・809件」や「大阪府・1,012件」などエリア別で表示されており、転職エージェントを利用すれば非公開求人や交渉にも期待が持てます。

登録販売者.com

登録販売者.com」は、登録販売者を支援するサイトとして運営されています。

「登録販売者とは?」から「登録販売者の求人情報」まで、関連情報を網羅して紹介しているサイトなので、これから医薬品登録販売者を目指す方はチェックしておくと便利です。

今の時点における求人数は「8,229件」となっており、わりと多くの求人を比較できます。

その他のオススメサイトは?

その他、抑えておきたいサイトは「indeed」です。

こちらはCMでもお馴染みの媒体ですが、さすがに大手企業なだけあって求人情報が豊富です。

「医薬品登録販売者」で検索すると「15,369件」がヒットします。

薬剤師転職サイトでも探せる?

医薬品登録販売者の求人情報は、薬剤師の転職サイトでも探すことができます。

しかし、公開求人はそれほど多くありません。

薬剤師転職サイトを利用するなら、転職エージェント経由で求人を探していく方がいいと思います。

マイナビ薬剤師の例を紹介しておくと、無料転職サポート申し込みの登録内容に「登録販売者」があるので、公開求人は少ないですが転職エージェントは対応しています。

医療系全般の転職サイトでも探せる

登録販売者の求人情報は、医療系求人を全般的に扱っているサイトでも探すことができます。

たとえば、「JobMedley」は医療・介護福祉・歯科など医療系の求人を幅広く扱っている転職サイトですが、登録販売者で検索すると「11,722件」がヒットします。

医薬品登録販売者は正社員で働ける?

医薬品登録販売者はパートやアルバイトのイメージが強いと思いますが、正社員の募集も多いです。

大手の求人例も合わせて、詳細を見ていきましょう。

雇用形態は全種で仕事を見つけられる

  • 正社員
  • アルバイト
  • パート
  • 派遣
  • 契約社員

 

 
医薬品登録販売者は、正社員を含めてすべての種類の雇用形態で仕事を見つけることができます。

調剤薬局の場合だと、「調剤簿記」+「医薬品登録販売者」といったスキルセットがあると、正社員として長期雇用したいと思われることも多いです。

一般的には軽視されがちな資格ではありますが、やはり資格を取得しておく方がアルバイトやパートなどさまざまな雇用形態で採用を狙いやすいことは間違いありません。

主な勤務先は薬剤師と同じ

  • ドラッグストア
  • 調剤薬局

 

 
医薬品登録販売者の主な従事先は、薬剤師と同じで「調剤薬局」や「ドラッグストア」が代表的です。

とくに医薬品登録販売者は「管理者」や「管理代行者」になることもできる資格なので、ドラッグストアでは重宝されます。(資格を持っていないなら取らされるところもあります)

大手の求人例

  • 雇用形態:正社員
  • 応募資格:有資格者(ブランクがあってもOK)
  • 勤務時間:0:00~6:00、15:00~24:00(22:00時以降は25%増)
  • 休日休暇:月間休日9日、夜勤専従休暇月間3日
  • 給与:基本給21万5,000円以上(別途、手当や福利厚生あり)

 

 
大手の求人例として「ウエルシア登録販売者・夜勤専従社員」を紹介しておきます。

ウエルシア薬局は24時間営業のお店を全国に展開する計画があり、それに伴った「夜勤専従社員」という珍しい募集を行っています。

夜勤勤務に相応した手厚い待遇が魅力的ですし、この募集は医薬品登録販売者の需要がわかるいい例でもあります。