「薬キャリ」登録者が急増中!? →

薬剤師の暇すぎる職場、価値ある暇つぶしについて考えてみる…

仕事が暇すぎるのも悩みの種です。人によっては「暇すぎることに悩むなんて贅沢だ」と感じる方もいるでしょう。

しかし毎日のように時間の潰し方に悩むのは想像以上にストレスと感じてしまうものです。この記事では筆者が体験した暇すぎる職場の体験談、価値ある暇つぶしの方法をご紹介しています。

【体験談】薬剤師の暇な職場ってどんな感じ?

暇な職場の実態
実はこの記事を書いている筆者も、「暇すぎてツライ」と思ってしまうほど暇な薬局にいた経験があります。

この薬局は実習で行っていたところなのですが、ここ以上に暇な職場は、それ以来1度も出会っていません。まずはこの暇すぎてツラかった薬局について少しご紹介します。

ちょっと遅刻しても気にしない

暇すぎるがゆえに、時間にとてもルーズでした。少々遅れてきても営業に影響がないので、5~10分程度の遅刻なら誰も文句を言いません。「○○さん、まだ来ないね」と言って、代わりにタイムカードを切るのが慣例です。

午後からはほぼフリータイム

午前中に処方箋が20~30枚ほど来たら、午後はほぼ来ません。多くても5枚ほどです。1時から18時までの間はほとんど処方箋が来ないため、「午後は患者さんが来たら対応しつつ、自由に過ごす」のが当たり前になっていました。

テレビを見る

薬局の待合室にテレビを置いているところは多いですよね。午後になると、とにかく暇になるためテレビに見入っている従業員も多くいました。

「へぇ~こんな事件があったんだね」とみんな(3名ほど)で談笑している姿が当たり前のように毎日見られました。

みんなでネットショッピング

テレビを見ていても途中で飽きてしまうので、それからはネットショッピングです。

「ここで注文しようと思っているんだけど、何か欲しいものがある人いる?」と聞き周りながらポチポチ頼んでいましたね。仕事中にネットショッピングだなんて、今思えばとんでもないことです。

※スポンサードリンク※ マイナビ薬剤師

定時前には帰宅準備を始める

あまりに暇すぎるためか、定時の15分前には帰り支度を始めます。閉局時間の18時になるとすぐに薬局の電気が消されていました。残業の概念がまったくない薬局、と考えれば悪くはないのかもしれません。

暇な薬剤師のための価値ある暇つぶし方法

暇な薬剤師のための価値ある暇つぶし方法
暇なときにいったい何をして暇つぶしすればいいのでしょう。ちょっとした暇をつぶす方法から、長いこと暇な状態が続くときの暇つぶしまでご紹介していきます。

予製を作る

暇なときこそ手をつけたいのが予製です。忙しい時間帯はなかなか作れないので、時間に余裕があるときに一気に作ってしまいましょう。分包機が1台しかない薬局は暇なときこそチャンスです。

大量の予製がたまっているときは、一気に片づけることで1~2時間くらいは暇を潰せるでしょう。

掃除・整理整頓

患者さんが少ないときに掃除をしている薬局は多いかと思います。掃き掃除や拭き掃除、棚の隅々までアルコールスプレーをしながら拭いて回るなどをしていれば意外と時間がすぎるでしょう。

薬品棚についているセロテープの跡をキレイにしたり、分包機をバラして掃除するのもいいですね。

薬の期限チェック

普段からしっかりしているところであれば、薬の納品があったときに期限が近いものを手前にして取りやすくしているでしょう。

普段から期限をあまり気にしていない店舗ほど、暇なときに期限チェックをしましょう。同時に在庫管理をするのもよいですね。病院、薬局、ドラッグストア、すべての職場で薬の期限は必ず確認しなければなりません。

ドラッグストアだと期限間近のものであればメーカーに新しいものと交換してもらうこともできますので、期限チェックが店のロスを減らすことにもつながります

溜め込んでいた薬歴を終わらせる

ふと暇になった瞬間こそ薬歴を書きましょう。2015年にくすりの福太郎で薬歴未記載問題が起きたのをご存知でしょうか。

このニュースを見て「他人事じゃない」、「うちだって忙しくて書けていない薬歴がたくさんあるよ」と口にしていた薬剤師が周りにどれくらいいたでしょうか。

薬歴は溜め込んでいてもいいことはないので、時間があるときに終わらせましょう。

POPやシフト作成などの作業

ドラッグストアだと「やることがない」状況はほぼありません。お客さんが少なくて余裕があるのなら、POPの作成や貼り替え、特売の準備、来月のシフト作成などをやってしまいましょう。

とくにPOPの貼り替えはお客さんが多いとなかなかできないので、暇なときこそやるべきです。

※スポンサードリンク※ 薬キャリ

資格の勉強

慢性的に暇な状況が続いている職場の薬剤師は、なにか勉強をはじめてみてはどうでしょうか。

仕事中に資格の勉強をしてもよいかどうかは職場に確認が必要になりますが、もしOKな場合はかなり有効に暇つぶしができるはずです。暇も潰せて勉強もできて、しかもお給料がもらえるわけですから、こんなにうまい話はありません。

MRに行く

これはドラッグストアに限った話になりますが、1人抜けても店舗が回るようであれば、思い切って外に出てMRをするのもよいでしょう。

競合店舗の価格調査は、競合店舗の店員にばれないよう、こっそりと一つひとつ値段をチェックしていくので意外と時間がかかるものです。

日経DIを読む

日経DI
薬局や病院であれば毎月、日経DIが届くかと思います。DIクイズの答えを見ないで考えてみたり、添付文書の改定を確認したりなどすれば、有意義に暇をつぶせますよ。

せっかく毎月無料で読めるので、しっかり読んでおきたいですね。

ネットサーフィン

自由にパソコンを見れる環境があるのなら、ネットで情報収集するのもよいでしょう。

新しい作用機序の薬が出たら、作用機序を理解し、同種同効薬と比較して違いを理解します。薬剤師関連のニュースを更新しているサイトを見るのもよいですね。

他の従業員に「やりたいことがないか」を聞く

自分は暇だと思っていても、他の従業員が実は仕事を溜め込んでいることもあります。

「時間に余裕があるから、やりたいことがあるなら時間を取れるけど、何かありますか?」と聞いて仕事の溜め込み具合を確認してあげると、とても親切です。暇なときは周りの人が抱えているタスクにも気配りしてみましょう。

暇な職場で働くデメリット

薬剤師が暇な職場で働くデメリット
忙しくて汗だくになりながら職場を駆け回っている薬剤師からすれば、暇な職場を羨ましく思うかもしれません。しかし暇な職場にいる本人は、暇すぎることに大きな悩みを抱えているものです。

働いている意味がわからなくなる

職場によっては1枚も処方箋が来ないまま仕事を終えることもあります。そんな日々が続くと、「自分がここにいる意味はあるのか?」と思わずにはいられません。

仕事がない=自分の存在意義がないと考えてしまうのです。

バリバリ活躍する薬剤師と自分を比べてしまう

暇な職場を好む薬剤師でない限り、知り合いの薬剤師がバリバリ働いている話を聞くと、どうしても不安になります。

同じ年に薬剤師をはじめたあの人と自分を比べて「知識量が違う」、「置いてかれている」と思ってしまうものです。しまいには「このままこの職場で働いていていいのか?」と疑問に思い始めるでしょう。

薬剤師が不満を抱かずに気持ちよく働ける職場について、こちらの記事で詳しく解説しているのでぜひ参考にご覧ください。

薬剤師が気持ちよく働ける職場とは?職場環境・勤務形態・雇用条件・福利厚生など、実際に多くの職場を見てきた薬剤師が考えてみた

まとめ

薬剤師の価値ある暇つぶし
暇な職場で働いている薬剤師ができる、暇つぶしの方法についてご紹介しました。だらだらと時間がすぎるのを待つのではなく、価値のある暇つぶしをしたいですよね。

自分の身になること、職場のためになることを見つけて実践してみてください。あまりに暇すぎて仕事が嫌になってきたのなら、思い切って転職するのもありです。満足のいく働き方を実践しましょう。

【この記事を閉じる前に!】今登録すべき、オススメ転職サイトは!?

※クレーム報告が多い会社は、掲載から外すようにしています。

とはいえ、担当者さんとの相性がありますので、数社に登録することをおすすめします。

登録しないと損する3社
  ■総合人気ランキング
 1位 マイナビ薬剤師

公式サイトへ

 2位 薬キャリ

公式サイトへ

 3位 ファーマキャリア

公式サイトへ


まずはこの3社に登録すれば、情報量は十分です!


登録後は、自分の働き方や悩みを理解してくれて、必要な情報を与えてくれるエージェント・担当者を探しましょう^^

 

※無資格者の方はご登録いただけません。

▼転職に興味がある人がよく見ているページ