薬剤師に人気の転職サイトはどこ!?→

薬剤師の治験業務・治験コーディネーターや治験薬管理者の仕事内容・年収・求人をまとめてみた!

治験業務

治験業務とは?

治験業務は、新しい薬を開発する際に「臨床研究」や「臨床試験」を行い、そのプロセスを経て厚生労働省へ申請を行うための業務です。

申請については、薬機法の「第十四条・医薬品、医薬部外品、及び化粧品の製造販売の承認」に関連する内容が記述されています。

薬機法 第十四条・1項と3項
【1項】医薬品(厚生労働大臣が基準を定めて指定する医薬品を除く。)、医薬部外品(厚生労働大臣が基準を定めて指定する医薬部外品を除く。)又は厚生労働大臣の指定する成分を含有する化粧品の製造販売をしようとする者は、品目ごとにその製造販売についての厚生労働大臣の承認を受けなければならない。

【3項】第一項の承認を受けようとする者は、厚生労働省令で定めるところにより、申請書に臨床試験の試験成績に関する資料その他の資料を添付して申請しなければならない。この場合において、当該申請に係る医薬品が厚生労働省令で定める医薬品であるときは、当該資料は、厚生労働省令で定める基準に従つて収集され、かつ、作成されたものでなければならない。

治験業務に薬剤師は必要!

治験業務では、治験薬の管理者を選任しなければなりません。

「薬剤師」・「医師」・「歯科医師」のいずれかを指名することができますが、原則は「薬剤師」となっています。

治験業務の内容

  • 被験者の管理や治験の説明
  • 治験依頼者との連絡やスケジュール管理
  • 臨床検査の準備や実施
  • モニタリングや監査の準備
  • 症例報告書の作成

 

 
「治験業務」という括りでは、その業務内容はかなり幅が広いです。

治験業務を行うためには被験者が必要なので、被験者を集めて説明会を行います。次に被験者に事前検査を受けてもらい、問題なければ治験開始です。治験がスタートすると、モニタリングや症例報告書の作成など、関連業務を行います。こうして治験が終了すると、厚生労働省に申請書を提出する準備を行い、書類を提出したら承認待ちです。

薬剤師の治験業務では、「治験コーディネーター」と「治験薬管理者」という2つの職種が代表的なので、それぞれの仕事内容や待遇を比較しながら治験求人を探してみてくださいね。

治験コーディネーターの仕事内容と求人内容

治験コーディネーターは「Clinical Research Coordinator」を略して、「CRC」と呼ばれています。

CRCの仕事内容は名前のとおり、「治験開始」から「治験終了」までをコーディネートするため、一連のプロセスに関して全般的な業務を担っているのが特徴です。

治験業務は「被験者」や「治験依頼者」に対応しながらも、「医師」や「治験機関内部」と連携を取って業務を進めることになるので、治験コーディネーターの仕事内容は幅が広いです。

治験コーディネーターの仕事内容

  • 被験者の対応:説明や検査の立ち合いなど
  • 治験依頼者の対応:プロジェクトの相談や監査の立ち合いなど
  • 医師との連携:治験実施や症例報告書の作成など
  • 治験機関内部の連携:役割分担の相談やトラブル発生時の対処など

 

 
治験業務は関係者が多いため、それぞれの関係者に対して仕事があります。

1つ1つの仕事に関しては「何をするのか?」が決まっているため、そこまで難しい仕事ではありません。

ただし、治験業務全体の仕事を担うことになるので、スケジュールやプロジェクトを軸に全体像を把握して、各業務において適切な対応をしていかなければなりません。

「責任感」や「管理能力」が問われる職業でもあるため、求人情報でも経験者優遇が散見されます。

薬剤師の治験コーディネーター求人

  • 経験:臨床や治験の経験が問われる求人が多い
  • 雇用形態:正社員、非正規雇用、両方あり
  • 年収:250万円~600万円
  • 福利厚生:雇用保険や労災保険など充実
  • 休日休暇:週休2日や育児休暇など充実

 

 
治験コーディネーターは年収が高いというイメージを持っている方が多いと思いますが、これは本当に求人によります。

2018年7月時点、マイナビ薬剤師の治験コーディネーターの求人情報では、年収が「250万円~600万円」とかなり幅が広くなっています。

また、雇用形態は正社員だけではなくアルバイトや契約社員なども多いですが、いずれも臨床や治験の経験がある方が対象となっている求人が多いので、転職成功に向けては「経験」や「やる気」などがポイントになってきます。

治験コーディネーター求人のある転職サイト

治験コーディネーターの薬剤師求人を探すなら、マイナビ薬剤師がおすすめです。マイナビ薬剤師は求人検索に「治験コーディネーター」という条件が用意されているので、簡単に求人内容をチェックできます。

その他、「薬キャリ」や「ファーマキャリア」など、他の転職サイトにも治験コーディネーターの求人情報はあります。しかし、サイトによって「治験コーディネーター」や「CRC」といった検索条件が用意されているかどうかが異なるので、転職エージェントに相談する方が待遇を含めて魅力的な求人をスムーズに見つけやすいです。

治験薬管理者の仕事内容と求人内容

治験コーディネーターは治験業務を全体的に行うのに対して、治験薬管理者は「治験薬に関する仕事」に留まります。

また、こちらも「責任感」や「信頼」が求められるので、経験者が優遇される求人が多いです。

治験薬管理者の仕事内容

  • 治験薬の受取りや返却
  • 治験薬の保管管理
  • 治験実施や同意書などの確認
  • 処方箋の内容や注意点の確認
  • 管理表記入や調剤のダブルチェックなど

 

 
治験薬管理者は、治験薬の受領書や納入書などの記録を付け、被験者に渡した薬の回収や治験依頼者への残薬の返却など、治験薬に関する全般的な仕事を担うことになります。

治験実施に向けては、治験期間や被験者の同意書、あるいは治験薬の処方内容や注意点など、調剤業務を含めて「保管管理」や「確認」が主な仕事です。

調剤薬局や病院の業務と似たような感じではありますが、「治験」であることからもミスが許されない仕事なので、責任感を持って仕事を全うできる方に向いています。

薬剤師の治験薬管理者求人

  • 経験:CRC経験を問われるケースが多い
  • 雇用形態:正社員や契約社員
  • 年収:500万円前後
  • 福利厚生:雇用保険や労災保険など充実
  • 休日休暇:週休2日や育児休暇など充実

 

 
薬剤師の治験管理者求人は、かなり募集が少ないです。

2018年7月時点、マイナビ薬剤師では「治験コーディネーター」+「管理職」のセットで該当が1件のみです。同じく、薬キャリやファーマキャリアなど、他の転職サイトでもなかなか求人が見つかりません。

基本的に雇用形態は「正社員」で非正規雇用の場合も「契約社員」までに留まり、アルバイトやパートで治験管理者を任せられるケースは少ないと推測されます。

年収は平均を算出するほどのデータがありませんが、治験コーディネーターの上位職という考え方からすると、「400万円~600万円」あたりが相場だと思われます。

治験薬管理者求人のある転職サイト

薬剤師の転職サイトで治験薬管理者求人を探すなら、転職エージェントを活用するのがおすすめです。

企業にもよりますが、最初に治験コーディネーターとして採用して、実績次第で治験管理者にステップアップさせるという方針を取っているところも多いと思います。

治験コーディネーターの求人情報は「薬剤師」or「看護師」が対象となっている、あるいは資格がなくても治験や臨床の経験があれば採用可能な求人も多いです。

しかし、治験薬管理者は同内容において「薬剤師」しか就けない職種なので、最初から治験薬管理者を目指して就職活動するよりも、治験コーディネーターからスタートする方が早いケースもありそうです。

「マイナビ薬剤師」や「薬キャリ」など、大手転職サイトでコンサルタントに相談をしながら転職を進めてみてくださいね。

【この記事を閉じる前に!】今登録すべき、オススメ転職サイトは!?

絶対登録しておきたい3社
  ■総合人気ランキング
 1位 マイナビ薬剤師
 2位 薬キャリ
 3位 ファーマキャリア

まずはこの3社に登録すれば、情報量は十分です!

登録後は、自分の働き方や悩みを理解してくれて、必要な情報を与えてくれるエージェント・担当者を探しましょう^^