薬剤師に人気の転職サイトはどこ!?→

薬剤師の給与(年収)の都道府県別・職種別ランキング!年収1,000万円は可能か?日本全国の過去10年で上がったor下がった?

年収ランキング

転職の際に薬剤師の給与や年収は気になるポイントですね。

ここでは、2017年度の薬剤師の年収や給与を都道府県別からランキングとして紹介していきます。

また薬剤師の平均年収から、1,000万円は現実的なのかどうかも合わせて紹介していくので、参考にしてみてくださいね。

【都道府県別】薬剤師年収ランキング

都道府県別!薬剤師の年収ランキング

都道府県年齢(歳)勤続年数(年)きまって支給する現金給与額所定内給与額年間賞与・その他の特別給与額年収(所定内給与額×12ヶ月)
全国39.07.2388,300円360,800円778,600円4,329,600円
北海道38.26.1363,700円333,600円813,500円4,003,200円
青森県41.13.0466,600円434,400円1,106,300円5,212,800円
岩手県36.44.8392,300円373,900円515,800円4,486,800円
宮城県37.15.7314,400円291,300円938,700円3,495,600円
秋田県33.95.0362,900円339,600円1,130,000円4,075,200円
山形県38.110.8316,100円284,800円1,183,700円3,417,600円
福島県41.313.9368,400円335,900円876,000円4,030,800円
茨城県42.46.9367,800円343,300円825,000円4,119,600円
栃木県43.611.2443,400円377,900円1,235,800円4,534,800円
群馬県34.95.3395,700円373,900円742,800円4,486,800円
埼玉県34.84.1399,500円371,900円544,000円4,462,800円
千葉県35.96.5384,000円357,100円582,200円4,285,200円
東京都40.59.4406,700円386,700円825,500円4,640,400円
神奈川県38.36.6386,600円359,200円693,400円4,310,400円
新潟県39.76.6327,500円295,800円876,500円3,549,600円
富山県41.315.9303,700円282,300円1,384,400円3,387,600円
石川県39.74.5309,200円279,200円1,066,400円3,350,400円
福井県39.411.3350,200円332,000円1,144,800円3,984,000円
山梨県45.311.0393,200円386,600円377,100円4,639,200円
長野県44.77.9377,600円350,000円914,600円4,200,000円
岐阜県35.94.2388,000円360,200円656,400円4,322,400円
静岡県47.87.4482,100円408,300円1,060,300円4,899,600円
愛知県38.66.7381,800円356,500円746,500円4,278,000円
三重県36.35.6315,200円278,000円592,800円3,336,000円
滋賀県28.13.5341,900円302,200円770,400円3,626,400円
京都府39.13.5354,800円329,800円586,500円3,957,600円
大阪府38.86.9355,200円336,700円838,300円4,040,400円
兵庫県37.38.1401,100円374,400円932,900円4,492,800円
奈良県38.37.9594,400円552,400円639,800円6,628,800円
和歌山県36.55.2388,700円349,100円645,500円4,189,200円
鳥取県40.24.3330,200円315,100円1,038,700円3,781,200円
島根県41.05.5437,600円415,500円1,232,300円4,986,000円
岡山県37.57.6332,200円306,700円931,900円3,680,400円
広島県45.510.5391,100円354,200円1,240,900円4,250,400円
山口県41.87.8367,500円315,600円1,186,200円3,787,200円
徳島県42.08.6341,000円317,600円695,700円3,811,200円
香川県39.19.7365,300円326,900円723,500円3,922,800円
愛媛県41.812.8418,100円373,400円1,218,000円4,480,800円
高知県43.54.5353,000円329,800円1,203,200円3,957,600円
福岡県39.59.8379,800円359,200円764,200円4,310,400円
佐賀県39.09.2378,500円367,200円643,200円4,406,400円
長崎県38.85.4386,800円372,200円724,700円4,466,400円
熊本県39.05.2364,000円351,900円766,500円4,222,800円
大分県44.510.5387,300円357,700円1,055,200円4,292,400円
宮崎県42.84.6371,900円358,900円442,100円4,306,800円
鹿児島県41.36.9464,700円455,500円697,900円5,466,000円
沖縄県39.25.1384,000円353,000円466,500円4,236,000円
  • 年齢:平均値
  • 勤続年数:平均値
  • 決まって支給する現金給与額:残業代等を含む月給の平均値(税金や年金などを差し引かない)
  • 所定内給与額:残業代等を含まない月給の平均値(税金や年金などを差し引かない)
  • 年間賞与その他の特別給与額:年間の特別給与の平均値
  • 年収:所定内給与額×12ヶ月
このページのランキングはすべて「平成28年度・賃金構造基本統計調査」と「e-Stat」で構成しています。

厚生労働省は毎年6月頃に統計データの調査を開始し、そのデータが翌年の2月頃にe-Statに集計されて公開されます。

そのためこのランキングは、各年度における6月頃の薬剤師年収の平均値となるので、目安として参考にしてくださいね。

薬剤師の平均年収500万円は正しい

一般的に薬剤師の年収は「500万円が平均」と言われることが多いですが、これは厚生労働省のデータからもおおよそ正しいです。

上記は2017年の薬剤師の給与を都道府県別に示したものです。ここから各都道府県別から薬剤師の「月収」と「年収」がわかります。

一番右の年収は、賞与や残業代を含めずに「所定内給与額」×「12ヶ月」で計算しているものです。ここに賞与や手当など足すと約500万円ほどの給与水準となります。

※スポンサードリンク※ マイナビ薬剤師

所定内給与額は残業代などのプラスαとなる給与を考慮しない金額なので、給与明細でいうと「月給」や「基本給」などに該当します。

性別や職場別で年収を比較したい方は以下の記事もぜひ参考にしてみてください。

データで見る、薬剤師の性別・職場別での年収の違い。正社員でも一般薬剤師と管理薬剤師では差がこんなに…?勝ち組薬剤師になるため年収を上げる方法とは…?

2017年度・薬剤師の年収が高い都道府県TOP5

  1. 奈良県:6,628,800円
  2. 鹿児島県:5,466,000円
  3. 青森県:5,212,800円
  4. 島根県:4,986,000円
  5. 静岡県:4,899,600円
2017年度における都道府県別の薬剤師年収では、奈良県の「6,628,800円」がトップです。

「なぜなのか?」が気になるところですが、理由は不明です。

あとに紹介する薬剤師の年収推移を見ても、前年度の奈良県の薬剤師年収は「2016年・4,370,400円」と平均的です。

他にも、青森県の「2010年・3,907,200円」→「2011年・5,382,000円」など、突発的に年収が上がっているケースがありますので、あまり都道府県別の地方データは参考にならなかったりします。

ちなみに東京都は6位で「4,640,400円」と平均的な年収になっています。

ポイント!
もっとも薬剤師の平均年収が高いところでも年収1,000万円にはまだまだ届きません。普通に働いているだけでは年収1,000万円に到達するのは難しいことがわかります。

2017年度・薬剤師の年収が低い都道府県worst5

  1. 三重県:3,336,000円
  2. 石川県:3,350,400円
  3. 富山県:3,387,600円
  4. 山形県:3,417,600円
  5. 宮城県:3,495,600円
2017年度における都道府県別の薬剤師年収では、三重県の「3,336,000円」がワーストです。

こちらも理由は不明です。

シンプルに各都道府県の薬剤師数が関係していそうなイメージが持たれますが、2014年度の都道府県別の「薬剤数」と「年収」を比較しても関連性は見られません。

以下の記事でで2014年度(平成26年)の都道府県別の薬剤数を確認できるので、気になる方は以下で紹介する薬剤師の年収推移と合わせて活用してみてくださいね。

薬剤師が不足している都道府県・地域エリア・離島は?国や自治体の解消対策や、不足地域の求人に転職するメリットとデメリット

※スポンサードリンク※ 薬キャリ

【2010年~2017年】薬剤師の年収推移

薬剤師の年収推移を確認してみよう

都道府県2010年2011年2012年2013年2014年2015年2016年2017年
全国4,116,000円3,884,400円4,118,400円4,084,800円4,158,000円4,242,000円4,038,000円4,329,600円
北海道4,219,200円3,727,200円3,951,600円4,099,200円3,654,000円3,591,600円4,321,200円4,003,200円
青森県3,907,200円5,382,000円4,350,000円4,460,400円5,485,200円4,620,000円4,818,000円5,212,800円
岩手県4,236,000円4,186,800円4,534,800円4,398,000円4,245,600円4,216,800円4,837,200円4,486,800円
宮城県4,328,400円4,272,000円4,063,200円3,777,600円4,659,600円4,503,600円4,494,000円3,495,600円
秋田県3,806,400円4,944,000円4,866,000円4,663,200円4,735,200円5,497,200円4,358,400円4,075,200円
山形県4,674,000円3,153,600円4,779,600円3,700,800円3,835,200円3,609,600円4,074,000円3,417,600円
福島県4,491,600円4,977,600円3,733,200円3,741,600円3,700,800円4,312,800円3,022,800円4,030,800円
茨城県3,769,200円4,177,200円4,888,800円3,925,200円4,129,200円4,250,400円5,260,800円4,119,600円
栃木県4,080,000円4,204,800円4,066,800円4,572,000円4,551,600円4,365,600円4,202,400円4,534,800円
群馬県4,203,600円4,598,400円4,210,800円4,807,200円4,878,000円4,578,000円4,296,000円4,486,800円
埼玉県3,034,200円3,810,000円4,216,800円3,958,800円3,880,800円4,513,200円3,794,400円4,462,800円
千葉県4,032,000円4,015,200円4,894,200円5,088,000円3,766,800円4,447,200円4,128,000円4,285,200円
東京都4,348,800円3,960,000円4,249,200円3,640,800円4,057,200円3,758,400円4,068,000円4,640,400円
神奈川県4,341,600円3,676,800円4,387,200円4,242,000円4,639,200円4,110,000円4,227,600円4,310,400円
新潟県4,006,800円3,908,400円3,943,200円4,087,200円4,143,600円3,616,800円3,256,800円3,549,600円
富山県4,570,800円3,690,000円4,731,600円3,999,600円4,384,800円3,908,400円3,616,800円3,387,600円
石川県3,936,000円3,566,400円5,048,400円4,634,400円3,812,400円3,534,000円3,636,000円3,350,400円
福井県3,459,600円3,364,800円4,159,200円3,847,200円4,372,800円3,826,800円3,294,000円3,984,000円
山梨県4,275,600円4,356,000円4,941,600円2,606,400円4,262,400円3,895,200円4,224,000円4,639,200円
長野県3,319,200円3,423,600円3,601,200円3,877,200円4,024,800円3,888,000円3,733,200円4,200,000円
岐阜県4,021,200円3,634,800円3,699,600円4,900,800円4,436,400円3,916,800円3,734,400円4,322,400円
静岡県4,052,400円3,883,200円4,132,800円4,524,000円4,760,400円4,266,000円3,679,200円4,899,600円
愛知県4,712,400円4,098,000円3,750,000円4,574,400円4,110,000円3,590,400円3,528,000円4,278,000円
三重県4,710,000円3,663,600円3,840,000円4,153,200円4,750,800円3,960,000円4,503,600円3,336,000円
滋賀県3,720,000円3,805,200円3,420,000円3,981,600円4,441,200円3,600,000円3,873,600円3,626,400円
京都府3,732,000円3,376,800円4,228,800円3,661,200円3,828,000円3,613,200円3,764,400円3,957,600円
大阪府4,765,200円3,595,200円4,378,800円3,700,800円3,714,000円3,826,800円3,632,400円4,040,400円
兵庫県3,726,000円3,804,000円4,018,800円4,038,000円3,660,000円3,550,800円3,975,600円4,492,800円
奈良県3,710,400円3,720,000円4,548,000円3,573,600円4,201,200円3,900,000円4,370,400円6,628,800円
和歌山県3,452,400円4,011,600円3,204,000円4,478,400円4,021,200円3,675,600円3,620,400円4,189,200円
鳥取県4,080,000円4,849,200円3,865,200円3,283,200円4,495,200円4,041,600円4,482,000円3,781,200円
島根県3,602,400円4,206,000円3,674,400円3,404,400円4,525,200円3,952,800円4,284,600円4,986,000円
岡山県3,393,600円3,288,000円3,254,400円3,279,600円3,289,200円3,530,400円3,777,600円3,680,400円
広島県3,082,800円4,153,200円3,991,200円3,874,800円4,623,600円3,762,000円4,269,600円4,250,400円
山口県3,807,600円5,175,600円3,865,200円3,962,400円4,658,400円3,907,200円4,737,600円3,787,200円
徳島県3,752,400円3,736,800円3,888,000円3,733,200円3,799,200円3,764,400円3,843,600円3,811,200円
香川県4,339,200円2,906,400円4,365,600円4,478,400円4,401,600円4,822,800円3,655,200円3,922,800円
愛媛県3,998,400円3,690,000円4,105,200円4,258,800円3,956,400円4,192,800円4,010,400円4,480,800円
高知県4,063,200円4,771,200円4,347,600円4,444,800円4,088,400円4,718,400円4,291,200円3,957,600円
福岡県4,482,000円3,714,000円3,049,200円4,138,800円3,471,600円6,075,600円3,685,200円4,310,400円
佐賀県3,946,800円3,961,200円4,533,600円4,064,400円4,773,600円3,786,000円4,124,400円4,406,400円
長崎県3,625,200円3,931,200円4,039,200円4,021,200円4,364,400円4,059,600円4,260,000円4,466,400円
熊本県3,264,000円4,718,400円4,039,200円5,625,600円5,133,600円4,258,800円4,124,400円4,222,800円
大分県4,434,000円3,710,400円3,476,400円4,426,800円4,279,200円4,692,000円3,535,200円4,292,400円
宮崎県3,673,200円4,101,600円5,066,400円4,621,200円3,962,400円3,222,000円3,478,800円4,306,800円
鹿児島県3,852,000円4,435,200円3,582,000円3,640,800円4,206,000円4,406,400円4,059,600円5,466,000円
沖縄県4,501,200円3,784,800円4,058,400円4,999,200円4,412,400円4,242,400円3,372,000円4,236,000円
  • 年収:各年度の「所定内給与額」×「12ヶ月」で算出
  • 全国平均が高い年度:2017年度の4,329,600円
  • 全国平均がもっとも低い年度:2011年度の3,884,400円
厚生労働省のデータでは2010年から2017年までの薬剤師の年収推移がわかります。

全国平均は「3,884,400円」~「4,329,600円」の範囲となっており、過去8年間で薬剤師の平均年収がもっとも高いのは「2017年度・4,329,600円」です。

ちなみに「2018年の薬剤師年収」に関するデータは、冒頭で紹介したように6月頃に調査が開始され、公表は翌年度の初旬になるかと思われます。

2010年以降の失業率は低下基調

引用元:総務省統計局

薬剤師の年収推移と上記の失業率を合わせてみると、薬剤師も雇用改善の影響が少なからずあるかもしれませんね。

しかし基本的に医療従事者は、どのような社会情勢であろうと一定数が必要となることから、一般職のように失業や年収低下といった影響を受けにくいとされています。

2010年の失業率は5.1%と高い水準ですが、同年度の薬剤師の平均年収は「2010年・4,116,000円」と大きな影響を受けていません。

【企業規模別】薬剤師の年収

企業別に薬剤師の年収を比較してみよう

企業規模年齢(歳)勤続年数(年)きまって支給する現金給与額所定内給与額年間賞与・その他特別給与額年収(所定内給与額×12ヶ月)
10人以上の企業39.07.2388,300円360,800円778,600円4,329,600円
10~99人の企業44.88.9427,000円406,400円628,600円4,876,800円
100~999人の企業39.87.2380,300円358,600円812,300円4,303,200円
1,000人以上の企業34.66.0369,600円333,200円849,100円3,998,400円
上記は、企業規模による薬剤師の年収です。

こちらも2017年度のデータですが、企業規模によって薬剤師の給与に大きな差がありません

しかし「年間賞与・その他特別給与額」では、大企業になるほど支給額の平均値が高くなっているため、昇給などで月給の底上げに成功できるなら大企業に転職するほどボーナスから年収を伸ばしやすいかもしれません。

勤務先別ではどこへ転職するのが有利?

厚生労働省の賃金構造基本統計調査では、薬剤師の勤務先(病院・調剤薬局・ドラッグストア・企業)別による年収データがありません。

基本的に薬剤師の受け皿は圧倒的に「調剤薬局」であり、次に「病院等の医療施設」や「ドラッグストア」となるため、一般的な勤務先へ転職するほど平均年収に近い収入を得られるという捉え方でいいかと思われます。

また、上記の企業規模別による薬剤師の平均年収を見ても、平均としては企業規模による大きな差がないため、結局は転職先の提示条件が最大のポイントです。

薬剤師の年収1,000万円は可能か?

薬剤師は年収1,000万円を超えられる?
薬剤師の年収1,000万円は可能な範囲ではあるでしょう。

とはいえ、もし、すべての薬剤師にとって年収1,000万円が現実的なのであれば、厚生労働省の賃金構造基本統計調査にも数字として表れているはずです。

現状は賞与などを含めて「500万円前後」が平均となっているため、ほとんどの薬剤師は今の2倍ほど稼がなければ1,000万円に達することができません。

20代、30代の一般社員での薬剤師での達成は難しいと考えましょう。

ポイント!
薬剤師が年収1,000万円を超えることは決して不可能なことではありません。しかし誰でも達成できるものではないというのが現実。達成するためには働き方や働く場所を選ぶ必要があります。

役職や調剤薬局の開業

薬剤師の年収1,000万円を目指すためには、基本的に役職に就く必要があります。

一般的に薬剤師の年収が高いと言われるのが製薬会社などですが、そういった利益の高い企業に転職して重役に就くことで達成できる可能性があります。

また調剤薬局の場合は、「管理薬剤師」でストップするケースが多いですが、全国展開している調剤薬局に転職して役職を目指したり、自分で調剤薬局を開業するといった方法もありますね。

ほとんどの薬剤師にとって、年収を上げる最適解は「転職」である

そういう意味でも、転職サイトで日々好条件の案件を見る・実際の希望条件に対しての相場を見るのはチャンスをつかむ近道になります。

すぐに役職に就ける転職先を見つけるには薬キャリがオススメ

今働いている薬局で役職を目指そうにも、ポストが空かないからずっと平社員のままキャリアアップしないと嘆いている薬剤師が意外と多いものです。

このような場合は同じ薬局で働いているよりも、転職してしまった方が早いです。転職希望者の8割が使っている薬キャリに任せれば、理想の転職先を見つけられますよ。

薬キャリに登録してみよう!

薬キャリ
薬キャリの評価
求人数
(4.5)
信頼度
(4.5)
対応力
(5.0)
満足度
(5.0)
メインでの使いやすさ
(5.0)
総合評価
(5.0)

薬キャリ<公式サイト>

じっくり転職先を選びたいならマイナビ薬剤師がオススメ

マイナビ薬剤師も、薬剤師の転職サイトの中ではとても有名ですね。マイナビ薬剤師は他の転職サイトとは違って、転職希望者と直接会って面談をしてくれます。

「すぐに役職に就きたい」
「開業支援のある薬局で働きたい」

など、転職先に求める細かい希望も漏らすことなく伝えることが可能。これぞという転職先を見つけられるでしょう。

マイナビ薬剤師に登録してみよう!

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師の評価
求人数
(4.5)
信頼度
(5.0)
対応力
(5.0)
満足度
(5.0)
メインでの使いやすさ
(5.0)
総合評価
(5.0)

マイナビ薬剤師<公式サイト>

【この記事を閉じる前に!】今登録すべき、オススメ転職サイトは!?

絶対登録しておきたい3社
  ■総合人気ランキング
  1位 マイナビ薬剤師

公式サイトへ

 2位 薬キャリ

公式サイトへ

 3位 ファーマキャリア

公式サイトへ


まずはこの3社に登録すれば、情報量は十分です!


登録後は、自分の働き方や悩みを理解してくれて、必要な情報を与えてくれるエージェント・担当者を探しましょう^^

  ※無資格者の方はご登録いただけません
マイナビ薬剤師薬キャリ