薬剤師に人気の転職サイトはどこ!?→

薬剤師の悩みやストレスの原因と、相談・ストレス解消方法

「残業が多すぎる」、「まわりにうまく馴染めない」、「やらなくてはならない仕事が多すぎる」…。

苦労して薬剤師になったものの、日々の業務に悩んだりストレスを感じている方はいませんか?

ストレスがたまった状態で仕事を続けると、重大なミスにつながってしまう可能性もありますね。

この記事では、薬剤師の悩みやストレスの原因や、解消方法をご紹介していきます。

薬剤師の悩み・ストレスの原因とは?


悩みやストレスを引き起こす原因は職種によってさまざまですが、薬剤師としてはたらく上ではどうなのでしょうか。薬剤師が悩むことの多い、代表的な例をご紹介します。

人間関係の悩み

薬剤師として働く上で、人間関係の悩みは非常に多いといわれています。これには、次のような理由が考えられます。

  • 職場の環境が閉鎖的
  • 女性比率が高い(女性特有のいじめなど)
  • 外勤や出張などの外の仕事がない
  • 忙しい時期はピリピリしたムードになりやすい

調剤薬局や病院などの職場は閉鎖的で、逃げ場がありません。調剤室や休憩室で、常に誰かと顔を突き合わせることになるので、合わない方がいると悩みやストレスにつながりがちです。

店舗を多く持つチェーン調剤や大手ドラッグストアであれば異動もあるので、少しの間我慢すれば環境も変わります。しかし、個人調剤や病院薬剤師であれば異動はほとんどないので、人間関係でつまづいてしまうと、転職を余儀なくされるケースもあるのです。

人間関係で悩むAさん(30代女性 調剤薬局勤務)
薬局の中に、いわゆる「お局さん」といえるような薬剤師さんがいます。管理薬剤師ではないのですが、開局当初からいる方で、何をするにしてもお伺いを立てないと不機嫌になってしまいます。面倒な仕事を他人に押し付けたり、気に入らない人の陰口を言ったりするので、薬局のムードが悪くなってしまっています。パート社員なので異動も期待できず、頭を悩ませています。

業務内容に対する不満

仕事の内容に不満がある場合にも、悩みやストレスを引き起こしてしまいがちです。具体的には、次のようなものがありますね。

※スポンサードリンク※ マイナビ薬剤師
  • 仕事が単調でやりがいがない
  • 薬剤師資格を必要としない雑務が多い
  • 目標やノルマに常に追われている
  • 業務量が多すぎて手が回らない

単調な仕事ばかりが続いたり、資格を必要としない作業ばかりを押し付けられている場合には、やりがいを感じることは難しいものです。せっかく長い期間勉強したのに誰でもできる仕事しかできないのでは、ストレスにつながってしまうでしょう。

また、ドラッグストアなどで働いていると、会社の方針で自分の意見とは異なる商品をPRしなくてはならないこともあります。業務量が多すぎてストレスになることもありますね。

仕事の内容で悩むBさん(20代男性 ドラッグストア勤務)
新卒からドラッグストアで勤務していますが、会社の方針でPRする品目がコロコロ変わります。毎月おすすめ商品が変わるので、患者さんから「この間と言っていることが違う」と怒られることもあります。せっかく6年間勉強して薬剤師になったのに、これでよいのかと悩んでいます。

給与・待遇への不満

職場の人間関係や仕事の内容に満足していても、働く上で給与や待遇に不満があれば、悩みやストレスにつながってしまいます

  • 年収が明らかに低い
  • 残業代がつかない(30分単位の切り捨てなど)
  • 人手不足が続いており、休みがとれない
  • 転勤が多くプライベートに影響がある

年収や給与制度は、生活をしていく上で非常に重要です。同業種の平均や身近な友人と比べたときに、年収が明らかに低い場合であれば、モチベーションの低下につながります。ストレスや悩みとなることもあるでしょう。

休暇がとれなかったり異動が多かったりと、待遇に問題がある場合にも、知らず知らずのうちにストレスはたまってしまいます

雇用条件で悩むむCさん(50代男性 大手チェーン調剤勤務)
30代のうちに中途で入社してから、今の会社で20年以上働いてきました。50歳になると役職から外されてしまい、基本給が段階的にダウンする仕組みになっています。職場の環境に不満はありませんが、同じ仕事をしているのに給与が下がるのは納得できません。働く上でも強いストレスになっています。

ストレスの対策・解消方法は?


どんな職場や職種であっても、少なからずストレスはつきものです。重要なのは、ストレスを上手にコントロールすることです。具体的な方法をいくつかご紹介します。

※スポンサードリンク※ 薬キャリ

誰かに相談する

ストレスや悩みがあるとき、あなたはどうしていますか?まず第一に実践すべきこととして、誰かに相談することがおすすめです。自分だけで抱え込んでしまうことは避けましょう。相談相手としては、次のようなパターンがありますね。

職場の上司

ストレスや悩みを解消するためには、職場の上司に相談することが、一番の近道といえます。上司の理解が得られれば、異動や配置換えなどで悩みの原因を解消できる可能性もあります。

先輩薬剤師

仕事がうまくいかないというストレスや悩みであれば、先輩にアドバイスをもらうことがおすすめです。同じように悩んだ経験があれば、どのようにして乗り切ったのか、適切なアドバイスを受けることができます。

他店舗の同期や大学時代の同級生

職場以外の同期や、大学時代の同級生に相談することもおすすめです。職場の状況を詳しく知らないからこそ、気兼ねなく悩みを打ち明けることができるでしょう。薬剤師であるため、業界の仕組みに明るいので、話を理解してもらいやすいですね。

幼なじみや他業種の友人

薬剤師の業界以外の友人に相談することも、決して悪いことではありません。業界のことをわかっていないからこそ、新しい視点で物事を見つめなおすきっかけになります。他の業種の話を聞くことで、リフレッシュにもつながりますね。

スポーツや旅行などの趣味を楽しむ

ストレスにに直接向き合うことも必要ですが、プライベートや趣味を楽しむことで、ストレスを発散することも大切です。ここでは、社会人でもできるおすすめの趣味をご紹介します。

スポーツ

体を動かすことに抗ストレス作用があることは、広く知られているとおりです。テニスやフットサルのようなみんなで楽しむ種目だけでなく、ランニングやジムでの運動など、一人でも楽しめるものを見つけることがおすすめです。

TVゲーム、スマホゲーム

スポーツは苦手という方は、TVゲームやスマホゲームを趣味にしてもOKです。ゲームは今やe-スポーツとして世界的にも流行しているので、競技人口も増えており、新しいコミュニティにつながる可能性もありますね。

国内旅行、海外旅行

旅行を趣味にすることも、ストレスの対策としては非常におすすめです。旅行で知らない土地に行くことで、仕事を忘れてリフレッシュすることができるでしょう。海外旅行は頻繁に行くことは難しいですが、予定を楽しみにすることで、日々の業務を乗り切れますね。

ランチや飲み、カフェ会など

親しい友人とランチや飲みに行くことも、ストレスの発散につながります。カフェでおしゃべりをしているだけで、気付かないうちにストレスが解消されるということもありますね。職場のグチや悩みの相談をすることもできるので、おすすめです。

ストレスを起こさない環境をつくる

ストレスがたまったら、その時に解消することももちろん大切ですが、これはあくまで一時しのぎにすぎません。毎日を健康的に過ごすためには、ストレスを起こさない環境をつくることが重要です。

コミュニケーション能力を高める

人間関係で悩みを抱えているのであれば、コミュニケーション能力を高めることがおすすめです。コミュニケーション能力を身に着けることは一朝一夕では難しいものですが、培った能力は一生モノとなるで、積極的に挑戦しましょう。

仕事や役割の分担を見直す

「仕事のやりがいがない」「単調な仕事に飽きてしまっている」「業務量が多すぎる」という場合には、仕事の役割や分担を見直すことがおすすめです。上司に相談して、ワークフローの改善を目指しましょう。

店舗異動や部署異動を検討する

今の環境に改善の余地がなさそうであれば、職場を変えてみることもおすすめです。大手チェーンであれば、他の店舗や部署に異動することもできるので、上司や人事担当者に相談してみましょう。

どうしてもという場合には、転職を検討する

悩みやストレスの原因がどうしても改善されないという場合には、転職を検討しましょう。無理をして心身の健康を害してしまっては、元も子もありません。転職に失敗することのないように、転職エージェントの意見を聞くことがおすすめです。

登録しておきたい薬剤師転職サイト
  大手だから安心して使えます!
 1位 マイナビ薬剤師

公式サイトへ

 2位 薬キャリ

公式サイトへ

 3位 ファーマキャリア

公式サイトへ


まずはこの3社に登録すれば、情報量は十分です!


登録後は、自分の働き方や悩みを理解してくれて、必要な情報を与えてくれるエージェント・担当者を探しましょう^^

  ※無資格者の方はご登録いただけません
ポイント!
2015年12月から、労働者が50人以上いる中小以上の企業に対して、ストレスチェックを実施することが義務づけられました。労働環境の改善において、一定の効果が期待されています。フィードバックされた結果をしっかりと確認して、自分自身の状態を見つめなおしましょう。

まとめ


薬剤師の悩みやストレスの原因、解消方法についてご紹介しました。

薬剤師は人の命にかかわる職業であり、緊張感や責任感がつきものです。適度なストレスがあることは仕事へのやる気を高め、生産性を高めることにもつながります。

しかし、過度なストレスにさらされ続けると、心身の不調をもたらしてしまいます。ミスを引き起こしてしまい、患者さんが不利益を被る可能性もありますね

この記事でご紹介した内容を参考にして、ストレスをうまくコントロールする術を身に着けてください

【この記事を閉じる前に!】今登録すべき、オススメ転職サイトは!?

絶対登録しておきたい3社
  ■総合人気ランキング
  1位 マイナビ薬剤師

公式サイトへ

 2位 薬キャリ

公式サイトへ

 3位 ファーマキャリア

公式サイトへ


まずはこの3社に登録すれば、情報量は十分です!


登録後は、自分の働き方や悩みを理解してくれて、必要な情報を与えてくれるエージェント・担当者を探しましょう^^

  ※無資格者の方はご登録いただけません
マイナビ薬剤師薬キャリ