薬剤師に人気の転職サイトはどこ!?→

アドヒアランス向上とは?慢性疾患の治療継続・改善には薬剤師の服薬指導が鍵を握る。

アドヒアランス向上とは?慢性疾患の治療継続・改善には薬剤師の服薬指導が鍵を握る。

「患者さんがきちんと薬を飲んでくれない」「服薬指導をきちんと聞いてくれない」「残薬が合わないことが多い」など、患者さんの薬のことでお困りのことはありませんか?

いくら言っても薬を飲んでくれないだけでなく、病院にもきちんと来ない。医師も困っているケースもあるでしょう。

そんなときは、アドヒアランスの向上を目指すことで、改善のきっかけが得られるかもしれません

この記事では、アドヒアランスの概要やその改善方法について、解説していきます。

アドヒアランスとは

アドヒアランスとは
まずはじめに、アドヒアランスとは何かということを知りましょう。また、アドヒアランスと間違いやすい言葉にはどのようなものがあるのかについても、みていきましょう。

アドヒアランスの定義を知ろう

アドヒアランス(adherence)は、直訳すると「執着」「固守」という意味の言葉ですが、医療業界では「患者が積極的に治療方針の決定に参加し、その決定に従って治療を受けること」という意味で用いられます。

患者さん本人が治療の選択や決定に積極的に参加して、服薬の必要性や意義を理解することで、高い治療効果を発揮させることを目的としています。

「この薬を1日3回飲んでください!」というだけでは、患者さんの理解や同意は得られません。

「治療を行わないと、○○という病気になる可能性があります。この薬を1日3回飲むことで、発症する確率を○○%低下させることができますよ。」と、治療の必要性を伝え、本人から積極的に治療に参加してもらうようにしましょう

コンプライアンスとの違いとは

アドヒアランスとよく似た言葉に、コンプライアンス(compliance)というものがあります。

※スポンサードリンク※ マイナビ薬剤師

コンプライアンスは、一般的には「法令遵守」の意味で用いられますが、医療業界では「服薬遵守」のことをあらわしてています

患者さんの服薬の是非を問うものですが、医療従事者から患者さんに対する一方的な指示であり、患者さんの理解や意思は必要とされません。

以前はコンプライアンスのみが着目されていましたが、最近ではアドヒアランスの方が重要視されるようになりました。

患者さん自らの意思で積極的に医療に参加することが、より良いコンプライアンスをもたらすことにもつながるのです。

コンコーダンスとの違いとは

コンプライアンスと並んで有名な言葉に、コンコーダンス(concordance)というものがあります。

こちらは直訳すると、「一致」「調和」という意味をあらわしますが、医療業界におけるコンコーダンスは、英国で生まれた考え方です。

「患者さんとのパートナーシップにもとづいた、薬の処方と服薬のプロセス」としてあらわされ、医療従事者と患者さんとの協力関係が基盤となっていることが特徴です。

アドヒアランスは、もともとコンプライアンスの向上のために志向された考え方であり、「治療方法に患者さんがどれほど従っているか」に注目しています。

一方で、コンコーダンスは患者さんの主体性に注目しており、「患者さん本人を主体として、両者の考えを尊重し合う」ことに主眼を置いているのです。

ポイント!
WHO(世界保健機関)や英国以外の諸国では、アドヒアランスの考え方が一般的ですが、コンコーダンスも非常に重要な考え方です。

アドヒアランスの低下がもたらす結果とは

アドヒアランスの低下がもたらす結果とは
アドヒアランスが低下してしまうと、どのようなことが起こってしまうのでしょうか。

実際に起こりうる内容を、いくつかご紹介します。

期待した治療効果が発揮されない

アドヒアランスの低下によっておこる最大の問題は、期待した治療効果が発揮されないということです。

脳梗塞の再発予防や、心疾患における各種イベントの予防などで用いる薬は、アドヒアランスの低下が死につながることもあります。

高血圧や高脂血症などの慢性疾患で用いる薬も、きちんと服用することができなければ、さらなる疾患の発症を引き起こす要因になりかねません。

※スポンサードリンク※ 薬キャリ

薬物治療は、医師がおこなう治療の中でも、重要な役割を担っています。よって、薬は正しく服用することが強く求められています

ポイント!
薬物治療をより良いものにすることは、薬剤師にとって使命ともいえます。服薬指導の際には、アドヒアランスを意識しましょう。

副作用が増えてしまう

薬の中には安全域(薬の量を調節できる範囲)が狭く、正しい用法・用量で服用しなければ、重大な副作用を引き起こしてしまうものもあります。

間違った薬を飲んでしまうことで、思わぬ副作用を引き起こしてしまうということも考えられます。

また、一度副作用を経験してしまうと、薬に対する不信感があらわれてしまい、アドヒアランスのさらなる低下につながることもあります。

このような負のスパイラルをまねかないためにも、アドヒアランスの向上は非常に重要です。

医療コストの増加につながる

アドヒアランスが低下してしまうと、前述のとおり期待された効果が発揮されず、副作用を引き起こすリスクにもなってしまいます。

本来であれば治っているはずの病気も、再燃・再発を引き起こしてしまうこともあります。副作用によって、さらなる治療が必要となることもあるでしょう。

さらに、服薬状況が悪いと、医師が治療効果を正しく評価できず、不必要な薬を処方してしまったり、適切では無い用量を処方してしまうという可能性もあります。

これらの結果として、医療コストが増加してしまうことがあるので、注意が必要です。

アドヒアランスの改善方法とは

アドヒアランスの改善方法とは
アドヒアランスの重要性はここまでご説明したとおりですが、アドヒアランスを改善するためには、どのようなことができるのでしょうか。

薬剤師の立場で取り組めることを、いくつかご紹介します。

服薬の必要性を理解してもらう

薬を忘れずに飲むことは、専門知識のない人にとっては負担です。薬を飲むことの意義がわからなければ、きちんと治療を継続することは難しいでしょう。

そんな患者さんのアドヒアランスを向上させるためには、服薬の必要性を理解してもらうことが重要です。

「今飲んでいるお薬は何のために服用しているのか」「服用しないとどんなデメリットが生じるのか」ということをきちんと説明して、患者さんが自分から薬を飲みたいと思える状況に導きましょう。

一方的な指示だけでは、患者さんは納得してくれません。患者さんの意見を尊重しながら、服薬の意義を伝えましょう。

アドヒアランスを妨げる要因を見つける

時には、患者さんの意見に耳を傾けて、アドヒアランスを妨げる要因を見つけることも重要です。

「薬を飲みたいけど、多すぎてよく分からない」「喉につかえて苦しくて、服薬が大きな負担になっている」など、問題が生じている場合もあるのです。

「多すぎてよく分からない」という場合には、アドヒアランスの問題ではなく、薬を管理する能力に問題がある可能性があります。一包化や服薬ロボット、お薬カレンダーの使用を検討してみましょう。

「喉につかえて苦しい」という場合には、嚥下力が低下していることが問題であると考えられます。OD錠や細粒への剤型変更を、医師に提案してみましょう。

ポイント!
患者さんのニーズをみきわめ、医師や他の医療従事者との橋渡しを担うことが、薬剤師には求められているのです。

患者さんと良好なコミュニケーションを築く

アドヒアランスの向上を目指すためには、患者さんとホンネで話せる関係性を築くことが必要不可欠です。

相手のことを信用していなければ、アドバイスを聞いたり、悩みを打ち明けたりすることはありません。日ごろからしっかりとコミュニケーションをとり、お互いの顔の見える関係を築くようにしましょう

薬を処方する医師もコミュニケーションを大切にして、さまざまな方法で患者さんに治療の重要性を説明しますが、医師は多忙なもの。患者さんの薬の悩みまでをカバーすることは、なかなかできません。

そこで薬に関する問題は、薬の専門家である薬剤師が患者さんのかかえている悩みを聞き出して、アドヒアランスの向上につなげましょう

まとめ

アドヒアランスの重要性について、解説していきました。

近年では高血圧や高脂血症、糖尿病などの生活習慣病の増加を背景に、お薬を服用する機会は増えつつあります。

しかしながら、生活習慣病の初診患者さんの治療継続率は低いことも知られており、アドヒアランスの重要性が叫ばれています。

薬物治療がますます複雑化している今、薬剤師の役割はますます大きくなりつつあると言われています。

この記事を参考にして、患者さんにより良い治療を受けてもらうことができるように、日々の業務に取り組みましょう。

【この記事を閉じる前に!】今登録すべき、オススメ転職サイトは!?

絶対登録しておきたい3社
  ■総合人気ランキング
  1位 マイナビ薬剤師

公式サイトへ

 2位 薬キャリ

公式サイトへ

 3位 ファーマキャリア

公式サイトへ


まずはこの3社に登録すれば、情報量は十分です!


登録後は、自分の働き方や悩みを理解してくれて、必要な情報を与えてくれるエージェント・担当者を探しましょう^^

  ※無資格者の方はご登録いただけません
マイナビ薬剤師薬キャリ