薬剤師に人気の転職サイトはどこ!?→

薬剤師を題材にしたマンガ・小説をまとめてみた!

医師や看護師が主人公のマンガや小説は数多くあれど、薬剤師が主人公のものってあまり見かけませんよね。これは薬剤師としてちょっと悲しいものです。

ということで今回は、薬剤師が登場する作品をより多くの方に知ってもらうために、いくつか作品をご紹介していきます。

薬剤師がテーマとなったマンガや小説は意外とある!

薬剤師がテーマのマンガや小説はある?
医師が主人公のマンガは「ブラック・ジャック」や「医龍」など、パッといくつか思いつくでしょう。でも薬剤師が題材になったものは…?と聞かれると困ったことに即答できなくなってしまいます

たしかに有名な作品はこれまでになかったかもしれません。しかし探してみると意外なことに、薬剤師が登場する作品がけっこうあるんですね。Twitterで話題になっているものもありました。

普段あまり目につかないだけで、探せばいろいろとあるものです。

薬剤師の日常テーマとしたマンガ

まずは薬剤師が題材にされたマンガからご紹介していきます。

アンサングシンデレラ

話題の新作薬剤師マンガがこちらのアンサングシンデレラ。Twitterでとても話題になっているマンガです。薬剤師がちょっと作中に出てくるとかではなく、薬剤師が主人公を務めているものなんですよ。

新人薬剤師の葵みどりが病院薬剤師として働くありのままの姿が描かれています。あまりに話題になっているので、実は私も購入して読んでみました。

アンサングシンデレラ
アンサングシンデレラ 薬剤師っていらなくない?

(参考 薬剤師っていらなくない?:DI Online

※スポンサードリンク※ マイナビ薬剤師

「もしかして薬剤師っていらなくない?」

冒頭のこの言葉にグサっと心を刺されたのは、きっと私だけではないはず。

医師や看護師にしかできない仕事はあるけど、薬剤師にしかできない仕事ってなに?患者さんからは「ただ薬の袋詰をする人」と思われている薬剤師、正直なところ病院で肩身の狭い思いをすることが少なくありません。

そんな薬剤師の心を冒頭の数ページで見事に掴んでくるアンサングシンデレラは、薬剤師だけでなく一般の方にもぜひ読んでもらいたい作品です。

外からは見えない薬剤師の仕事が、この作品を読むことできっといろいろな方に理解してもらえるでしょう。

命を直接救うことはできない 
けれど 医療を確実なものにすることが
私達 薬剤師の仕事なのかもしれない

(第1話 位置No.55)

薬剤師の仕事とは?という本質も考えさせれますね。薬剤師が知っておくと便利な知識も学べる作品です。

薬剤師さんの備忘録(WEB配信)

薬剤師さんの備忘録
こちらはネット上に公開されている、薬剤師の日常を描いたマンガです。すべてのお話を無料で読むことができます。Twitterでも読むことができますよ。

薬剤師さんの備忘録 Twitter画面
(参考 薬剤師 備忘録 – Twitter検索

無料で公開されているからといって、侮れないところがこちらのマンガのすごいところ。一般の方が勘違いされそうなものから、薬剤師が日々の業務をする上で知っておいた方がよい知識までてんこ盛りです。

「トローチにはなんで穴が空いているの?」
「お薬を知り合いから貰うのがなぜダメなの?」
「緑内障のお薬でまつ毛が伸びる?」

※スポンサードリンク※ 薬キャリ

など気になるあの話題をマンガで気軽に読めますよ。

薬屋りかちゃん

こちらのマンガは、なんと現役薬剤師の方が描かれているマンガです。Amazonから数ページだけなか見検索で読むことができます。

お薬の説明を患者さんにしようとした瞬間に「説明いらないから!いくら?」「いいから、早くお会計してくれない?」と言われたことはありませんか?悲しいことに私は何度か言われたことがあります。

処方せんを渡すところから、お薬を受け取るまで一切喋らない患者さんもいましたね。

薬屋りかちゃんは、一見ほのぼのとした作品に見えますが読んでみると意外とこのようなドロドロ話が多く出てきます。薬剤師の本音がむき出しになった作品です。

マンガ病院薬剤師物語

神奈川県病院薬剤師会の方が解説しているというこちらのマンガは、病院薬剤師の業務の内容を詳しく説明されています。

患者さんとのコミュニケーション向上や、正しい医薬品の知識を普及させるために作られたマンガとのことです。

「中高年者編」、「妊婦・小児編」、「青少年編」の3部で構成されています。病院薬剤師の仕事内容を詳しく知りたい方、将来薬剤師になってみたいと考えている方はぜひ読んでみてはいかがでしょうか。

薬屋のひとりごと

もともとは「小説家になろう」というサイトで連載されていたオンライン小説です。こちらから小説版はすべて読むことができます。Amazonの商品ページにアクセスすれば、なか見検索で第一話を試し読みできますよ。

ラノベとしても販売されています。

薬師として働く17歳の少女、猫猫(マオマオ)が主人公の作品です。

人さらいにさらわれた先で才能が認められ、さまざまな事件を解決していきます。時代もののマンガや推理小説が好きな方はきっと楽しみながら読めるでしょう。

異世界薬局

異世界薬局もさきほど紹介した「薬屋のひとりごと」と同じく、なろう小説のサイトから生まれたマンガです。こちらから連載されている小説を読むことができます。

ラノベも販売されていますね。

働きすぎて過労死した薬学者が、中世ヨーロッパ風異世界に転生してしまったところから物語は始まります。はやりの転生ものですが、薬学者が転生する話は他に見たことがありませんね。

転職した薬学者はなんと、疾患透視能力を持っているとか。もしもこんな能力を持っている薬剤師がいたら、処方せんの内容から一生懸命何の病気かを推理するあの手間が省けそうですよね。

薬剤師の転生ものとして人気のマンガです。

薬剤師が登場する小説

マンガの紹介は以上です。次は小説を紹介していきましょう。

QEDシリーズ

小説のタイトルからは一切薬剤師らしさを感じられないQEDのシリーズは、なんと推理小説なんです。まさかの薬剤師が探偵となって事件を解決していくというもの。

斬新といいますか、とても新しい切り口だなと感じました。

百人一首カルタのコレクターとして有名な、会社社長・真榊大陸(まさかきだいろく)が自宅で惨殺された。一枚の札を握りしめて……。(中略)博覧強記の薬剤師・桑原崇が百人一首に仕掛けられた謎を解いたとき、戦慄の真相が明らかに!?
(参考 QED 百人一首の呪 (講談社文庫) | 高田 崇史 |本 | 通販 | Amazon

こちらの百人一首の呪は、百人一首のコレクターが殺された謎を知識豊富な薬剤師が解いていくものですね。

過去の言い伝えなどを盛り込みながら物語を展開していく著者の高田 崇史さんの作品はただ物語を楽しむだけでなく、いろいろな歴史も学ぶことができます

調剤薬局アラカルト

薬局のカウンターの後ろで、薬剤師はいったいどんな仕事をしているの?と気になっている方にオススメなのがこちらの作品。

薬剤師のリアルな日常を書いたものではありませんが、今まで知らなかった薬剤師の姿を知ることができるでしょう。

「薬剤師が国家資格を持った人だなんて知らなかった」
「薬局の中で何をしているのか知りたい」

という方にオススメです。

まとめ

こうやって薬剤師関連のマンガや小説を探してみると、意外といろいろあるものです。個人的にはやはり「アンサングシンデレラ」が一押しですね。

「初の薬剤師が主人公の物語がドラマ化されるか?!」と騒がれているほど、薬剤師界隈では話題の作品です。他にも「薬屋のひとりごと」や「QEDシリーズ」も興味をそそられます。

今回ご紹介した作品の中に気になるものは合ったでしょうか?試し読みできるものもありますので、ぜひ読んでみてくださいね。

【この記事を閉じる前に!】今登録すべき、オススメ転職サイトは!?

絶対登録しておきたい3社
  ■総合人気ランキング
  1位 マイナビ薬剤師

公式サイトへ

 2位 薬キャリ

公式サイトへ

 3位 ファーマキャリア

公式サイトへ


まずはこの3社に登録すれば、情報量は十分です!


登録後は、自分の働き方や悩みを理解してくれて、必要な情報を与えてくれるエージェント・担当者を探しましょう^^

  ※無資格者の方はご登録いただけません
マイナビ薬剤師薬キャリ