薬剤師に人気の転職サイトはどこ!?→

転職回数が多い・短期間で転職を繰り返す薬剤師さん、周りや人事からこう見えてます…(ただし、派遣は例外)

繰り返す転職

今回は、短期間で転職を繰り返す薬剤師のデメリットを紹介していきます。

これから転職活動を始める薬剤師さんは、1つの注意点として参考にしてみてくださいね。

短期間で転職を繰り返すのは避けておこう!

薬剤師に限らず、短期間で転職を繰り返すのはマイナス評価につながるので避けておく方がいいです。

「経歴」や「転職理由」から悪い印象を持たれてしまい、有利に転職することが難しくなります。

なぜ、短期で転職を繰り返すのはダメなのか?

  • 履歴書の経歴でバレる
  • 転職理由に疑問を持たれる
  • 面接で転職理由を聞かれやすくなる
  • マイナス評価で採用されにくい

 

 
短期間で転職を繰り返すと、次の転職の時に「履歴書の経歴」で分かってしまいます。

転職理由に美談を書いて対策するという手もありますが、人事も経験した私から見ても、やはり転職回数が異常に多いのは何か怪しさを感じるものです。

また、通常は面接で転職理由を深く突っ込まれることはほとんどありませんが、転職回数が多い場合はその疑問を晴らすために理由を聞かれることも多いです。

結局、憶測も含めて転職回数がマイナス評価に繋がってしまい、希望に沿った転職を実現しずらくなります。

※面接では、開き直って「人間関係でのトラブルです。」と言ってくる方も稀にいます。それで受かると思っているのでしょうか?

周囲からはこう見えています・・・

  • 気分屋な人・・・
  • いつ辞めるのだろう・・・
  • 何か人間関係に問題のある人なのかな・・・
  • 採用してもすぐに辞めるだろう・・・

 

 
転職回数が多いと必ず印象が悪くなるというわけでもなく、人柄が良ければとくに問題がないこともあります。

しかし、面接官や経営者の立場から見ると、「この薬剤師さん、採用してもすぐに辞めるだろう・・・」と思われる可能性は高いですよね。

そう思われてしまうと転職先を見つけることが難しくなるため、ムダに転職回数を増やすことは避けておく方が無難というわけです。

転職を繰り返しても印象が落ちない就労期間は何ヶ月?

転職を繰り返す場合、どのくらいの周期ならマイナス評価にならないのかは気になるポイントですが、これは一概に答えはありません。

たとえば、年に1度のペースで転職を繰り返しても「1年しか在籍してくれないのか・・・」と思われるわけで、出来る限り長く在籍する方がマイナス評価にはなりずらいです。

また、短期転職をせざるをえない場合でも、毎回の転職に周囲が納得するような理由を持たせることも重要です。

ポイント!
あらかじめ、短期間しか就労しないことが分かっているなら、派遣を活用しましょう。派遣は契約社員として就労することになるので、いろいろな職場を転々としても違和感がありません。逆に正社員雇用は、それなりに長く就労することを前提とした雇用形態なので、短期間で複数回の転職を繰り返すと印象が悪くなるのは当然です。

転職回数が多くてもマイナス評価になりずらい雇用形態

  • 正社員:✕
  • アルバイトやパート:△
  • 契約社員:〇
  • 派遣:〇

 

雇用形態別から薬剤師の転職回数によるマイナス評価を考えると、「正規雇用はNG」で「非正規雇用はOK」です。

非正規雇用の中でも、契約社員や派遣で就労するときは最初から就労期間が決まっているので、転職回数が増えてもとくにマイナス評価につながることはありません。

アルバイトやパートの場合、スポットバイトや単発バイトで職場を転々とする場合は問題ありません。しかし、中長期の就労を目的とする場合、「1ヶ月に1度の転職で年間12回」という経歴だと、少し違和感がありますよね。

こちらも何回までの転職ならOKなのかという明確な線引きはありませんが、短期間で転職を繰り返す羽目になりそうな場合は派遣や契約社員として転職しておく方が評価は落ちにくいでしょう。

1度の転職に意味を持たせるためには?

転職回数が多い薬剤師の周囲からの見え方が分かったところで、1度の転職に重みを持たせることを意識しながら転職活動を進めていきたいところですね。

どうして転職回数が増えるのか?

  • 転職の段階で失敗している
  • 不満の解決方法が転職しかない
  • 忍耐力が足りない
  • 実績を積まずに理想を追いかけすぎ

 

日本はまだまだ転職する人が少ないと言われることもあり、「ブラック企業で我慢しながら就労し続ける」といった関連のニュースが取り上げられることも多々あります。

しかし、今回のテーマのように転職回数が多すぎるというのもマイナス評価につながるので、転職の判断というのは本当に難しいところです。

基本的に転職回数をムダに増やさないためには、1度の転職先で全力を尽くすことが大切です。そうすることで、転職後の不満を抑えやすくなるため、自然とムダな転職も減るはずです。

希望条件を整理して転職エージェントをフル活用しよう!

  • 希望条件をリストアップする
  • 希望条件に優先順位をつける
  • 非公開求人から探す
  • コンサルタントに提案してもらう
  • 交渉で待遇アップを狙う

 

転職では「希望を叶える」ことが大事なわけですが、そのために希望条件をリストアップしておきましょう。

希望をリストアップする際に優先順位をつけておくと、求人探しもスムーズとなります。

また、転職エージェントは積極的に活用してください。担当者が薬剤師求人を提案してくれたり、求人によって交渉してくれることもあります。

絶対登録しておきたい3社
  ■総合人気ランキング
 1位 マイナビ薬剤師
 2位 薬キャリ
 3位 ファーマキャリア

まずはこの3社に登録すれば、情報量は十分です!

登録後は、自分の働き方や悩みを理解してくれて、必要な情報を与えてくれるエージェント・担当者を探しましょう^^

1つの職場で長く職歴を積もう!

薬剤師の転職活動では、1つの職場で長く職歴を積むように心がけてみてください。

正社員や中長期のアルバイトやパートで転職する場合、このスタンスは自分と企業の双方にとって好ましい結果です。

さらに

長期在籍は収入が安定することから住宅ローンを組みやすいなど、プライベートに好影響となるメリットもあります

1つの職場に収まりたくない・・・そんな時は派遣を検討しよう!

人によっては「1つの職場に長く収まりたくない・・・」といったケースがあると思いますが、それに最適な雇用形態は

派遣
です。

派遣は契約期間を軸に転職先を探すことができるので、マイペースな働き方をしたい薬剤師にオススメです。

派遣の基本情報

  • あなたの雇い主は派遣会社
  • 派遣会社から派遣先へ出向いて就労する
  • 仕事ごとに契約期間が決まっている
  • トラブルがあっても派遣会社が間に介入してくれる
  • 薬剤師派遣は時給が高い

 

 
派遣は知っているけど仕組みが良くわからないという方のために、簡単に派遣の基本情報を紹介しておきます。

派遣で働くためには派遣会社を見つけて登録をしなければなりません。登録の段階では雇用関係にはならず、派遣会社から仕事を紹介されて契約書にサインをすると、自分と派遣会社の間で雇用関係が成立します。

仕事は各案件ごとに契約するという仕組みなので、たった1日だけの仕事でも必ず契約書にサインをします。待遇や福利厚生など契約内容についてはしっかりと確認しておくようにしましょう。

薬剤師はアルバイト等と同じく派遣も求人が非常に多く、しかも高時給で仕事を見つけることができます。

薬剤師派遣も転職サイトで探すのがオススメ!

薬剤師の転職サイトは、派遣求人を扱っているところがたくさんあります。

転職エージェントに相談する場合も、派遣求人に関して相談から提案を受けることも可能です。

普通に「派遣会社を探す」→「登録」→「派遣会社から仕事の紹介」という流れで転職するよりも、転職サイトを利用する方が最初から希望にマッチした仕事を見つけやすいというメリットがあります。

【この記事を閉じる前に!】今登録すべき、オススメ転職サイトは!?

絶対登録しておきたい3社
  ■総合人気ランキング
 1位 マイナビ薬剤師
 2位 薬キャリ
 3位 ファーマキャリア

まずはこの3社に登録すれば、情報量は十分です!

登録後は、自分の働き方や悩みを理解してくれて、必要な情報を与えてくれるエージェント・担当者を探しましょう^^