「薬キャリ」登録者が急増中!? →

ドラッグストア薬剤師の仕事内容とは?メリット・デメリットを紹介!処方箋なしのOTCのみ・調剤併設それぞれの違いまで解説。調剤以外の業務も多い印象ですが、実際は…!?

他の職場よりも年収が高いことで、少しずつ人気が増してきているドラッグストア。それに伴って「ドラッグストアではどんな仕事をするの?」と疑問に思われる方も増えています。

いくらドラッグストアの人気が増しているとはいっても、まだまだ周りにドラッグストアで働いている薬剤師はそこまで多くないでしょう。

そこでここでは、ドラッグストアで実際に勤務経験のある薬剤師がドラッグストアの仕事内容について詳しくご紹介。気になるドラッグストアの仕事内容をリアルにお伝えしていきます。

この記事の目次

ドラッグストアは大きく3つの種類に分類される

ドラッグストアで働きたいと思っている方は、まず自分がドラッグストアでどのような働き方をしたいのかハッキリさせておかなければなりません。

なぜならひとくちにドラッグストアと言っても、店舗の形態によって仕事内容がまったく異なるからです。

OTC専門店

OTC専門の場合はまったく調剤を行わない働き方となります。薬剤師しか販売できない要指導医薬品や第一類医薬品の販売をメインに、すべての医薬品を販売していく業務です。

OTC専門で働くと日用品や化粧品の案内や、レジ業務、その他発注やPOP作りなど仕事内容の幅が広がるのが特徴となります。

調剤併設店(OTCあり)

調剤併設店は大きく2つに分類されます。1つがOTCも扱う調剤併設店です。

私が見たことのある店舗だと、時間帯で調剤をやる時間とOTCの売り場に出る時間を決めている店舗、メインは調剤業務だけどお客様から呼ばれたら売り場にも出ていく店舗とがありました。

調剤併設店(OTCなし)

調剤併設店であっても、要指導医薬品や第一類医薬品のOTC医薬品をまったく扱わない店舗もあります。つまり業務内容は普通の調剤薬局とまったく同じです。

※スポンサードリンク※ マイナビ薬剤師

このような店舗を完全分離型の調剤併設店と呼ぶこともあります。

ポイント!
  • OTC専門店→医薬品だけでなく化粧品や日用品とあらゆるジャンルに触れたい方にオススメ。店舗運営について詳しく学びたい方もOTC専門の方が有利に学べます。
  • 調剤併設店(OTCあり)→調剤もOTCも経験したいという方に向いています。ただし店舗によってそこまでOTCに触れられないこともあるので注意。
  • 調剤併設店(OTCなし)→業務内容は通常の調剤薬局と同じです。完全に売り場と分離されているところであればOTCの売り場に呼ばれることはありません。

ドラッグストア薬剤師の年収はどれくらい?

ドラッグストア薬剤師の年収はいくら?""
ドラッグストアは年収が高いとよく言われますよね。いったいどれくらい高いのでしょうか。大手ドラッグストアの新卒での初任給を見てみましょう。

ドラッグストア薬剤師の平均年収

  • ウエルシア 約560万円
  • スギ薬局 約450万円
  • マツモトキヨシ 約450万円~500万円

調剤薬局の初任給が約400万円から450万円、病院だと約350万円から400万円のところが多いことを考えると、いかにドラッグストアの年収が高いのかがわかりますね。

年収が他の業種よりも高いことから、奨学金返済のためにドラッグストアを選ぶ方も多いです。奨学金を借りながら大学に通っていた方も多いと思うのですが、借りていた額によっては毎月5万円近く返さなきゃいけないこともあります。

そうなると病院や調剤薬局のお給料では、少し心もとないですよね。だからドラッグストアを選ぶ薬剤師が増えてきているのです。

こんな高待遇求人もある!

ちなみにですが、ドラッグストアの中でも地方にあるドラッグストアだと年収が爆上がりする傾向にあります。たとえばこんな求人。

ドラッグストアの求人
参考:マイナビ薬剤師 2019年5月現在

こちらは調剤併設の求人ですね。最大で年収700万円以上も目指せる高待遇求人です。病院や調剤薬局で年収700万円の求人はなかなか見つからないでしょう。

この求人のように年収700万円での募集はそこまで多くありませんが、年収600万円以上のであればすぐに見つかりますので、やはりドラッグストアは高収入であると言えるでしょう。

高待遇ドラッグストア求人が探せる転職求人サイトはここ!

登録しないと損する、王道3社
  大手だから安心して使えます!
 1位 マイナビ薬剤師

公式サイトへ

 2位 薬キャリ

公式サイトへ

 3位 ファーマキャリア

公式サイトへ


まずはこの3社に登録すれば、情報量は十分です!


登録後は、自分の働き方や悩みを理解してくれて、必要な情報を与えてくれるエージェント・担当者を探しましょう^^

  ※無資格者の方はご登録いただけません

ドラッグストア薬剤師の仕事内容

ドラッグストア薬剤師の仕事内容

ではここからは、ドラッグストアの仕事内容について詳しく見ていきましょう。いったいどんな仕事をするのでしょうか。

元ドラッグストア薬剤師が詳しくご説明していきます。

レジ業務

レジはOTCか調剤併設かは関係なく触れることになるでしょう。

業務内容はもはや説明するまでもないかもしれません。ドラッグストアでは調剤薬局や病院とは違って、お薬以外に日用品や食品なども取り扱っています。

そのためレジ業務が比較的多めです。私が働いていたドラッグストアでは、業務のうち8割くらいはレジでした。

ただしレジ業務の割合については配属になる店舗によって大きく異なります。レジと言っても医薬品専用のレジしか担当しない店舗、通常のレジにメインで入る店舗、レジ業務ではなくバックヤードでの作業がメインの店舗とそれぞれ大きく違います。

ポイント!
「せっかく薬剤師の資格を取ったのにレジ打ちで一日過ごしたくない!」という方もいるかと思います。そんな方は求人を探している段階でレジ業務の割合を調べておきましょう。

調剤

調剤併設店で働けば、もちろん調剤も行います。することは普通の調剤薬局と同じです。ただしドラッグストアということもあり、要指導医薬品や第一類医薬品を買われる方の対応が多くなります。

また「便秘薬でオススメはどれ?」なども普通に聞かれるので、第二類医薬品や第三類医薬品に関しても対応しなければなりません。

しかし調剤併設店であっても調剤室とOTCの売り場が完全に分かれている場合は、ほぼ調剤だけをこなしていくことになります。

POP作り

ドラッグストアに買物に行くと、必ずPOPがついていますよね。必要に応じてそうしたPOPの制作も行います。これはOTC専門店で働く方が主に行う仕事です。

広告が入ったりセールになったりするたびに新しくPOPを作る必要があるので、想像しているより大変なもの。一人でPOPを作るとなると丸一日かかることも。

手書きで作るときもありますし、パソコンでソフトを使って作るときもあります。

売り場作り

こちらもOTC専門店の方が行う仕事ですね。季節ごとに見せる商品は異なります。冬ならホッカイロや風邪薬、夏なら制汗剤や虫さされをよくお店で見かけますよね。

その時期に応じて売れる商品、売りたい商品が異なるので売り場もその都度変えていく必要があります。

これもなかなか大変な仕事で、丸一日かかっても終わらないことだって珍しくありません。

発注

意外と難しいというかセンスが必要になるお仕事がこの発注。とくにOTC専門店での発注はとても大変です。

日々の売上個数を商品ごとにしっかり把握していないと在庫が過剰になったり、逆に欠品してしまったりします。

お店の売上にも大きく関わるので手を抜けない仕事です。私はなかなか発注がうまくならず、よく近場の店舗に在庫を借りに行っていました。

自分の発注ミスによって在庫がなくなり、機会ロスするとかなりの罪悪感があるので本当に神経を使うお仕事です。

調剤併設店だと店舗ごとに発注ルールが決められているのでまだやりやすいと思います。私がいた調剤併設店では、1箱開けたら1箱発注するというルールだったのでとても楽でした。

お店の数値管理

ドラッグストアは売上と粗利を非常に重視する職場です。そのため日々、お店の数値を追いかけていく必要があります。

※スポンサードリンク※ 薬キャリ

先日の売上はいくら?今月の売上はいくら?目標の売上を達成するには1日にいくら売ればいい?と毎日細かく計算。目標の売上や粗利を達成できるように数値の管理も欠かせません。

ポイント!
ドラッグストアの仕事を楽しめるかどうかは、薬剤師以外の業務もこなせるかどうかが大きく関係。ドラッグストアの業務が自分に合っているのかを今一度、確認しておきましょう。

OTC専門店で働くメリットとデメリット

OTC専門店のメリット・デメリット
ドラッグストアには調剤併設店とOTC専門との2つの働き方があります。まずはOTC専門で働くメリットとデメリットを見ていきましょう。

OTC専門店で働くメリット

OTC専門店にはここでしか経験できないことがたくさんあります。その経験が主なメリットとなるでしょう。

自分で考えてお薬をお客様に提案する力がつく

私が実際にドラッグストアで働いていて感じたメリットは、この自分で考えてお薬を提案できる力が身につくというものです。OTC医薬品を買いに来られる方は処方せんを持っていません。

お客様の症状を自分でヒアリングして、自分でピッタリのお薬を選ぶ必要があります。これは調剤薬局や病院だとできない経験ですよね。

健康食品や化粧品など多くの商品に触れられる

健康食品や化粧品などにも触れられるのは、OTC専門の楽しみでもありますね。

驚くほどたくさんの商品に触れられるので「こんな商品もあったんだ!」といった発見もよくあります。医薬品だけでない幅広い知識の習得が可能です。

出世が早い

一概に言えることではないのですが、調剤併設店よりもOTC専門の方が出世が早い傾向にあります。OTC専門の方が自分の実力がお店の数値として可視化されやすいためです。

OTC専門店で働くデメリット

ではデメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。

医療用医薬品を勉強できない

OTC専門だと処方せんを扱いません。そのため医療用医薬品の知識を思うように習得できないデメリットがあります。

「せっかく薬剤師になったのに調剤をしないなんて…。」と、これを理由にドラッグストアを遠ざける方も多いです。

販売ノルマがある

常に利益と粗利を追い求めるドラッグストア。そのために販売ノルマがあります。売れ行きがよくないと店長からお叱りを受けることも。

私は「なんでこれだけしか売れてないんだ!」とこっぴどく怒られたことがあります。

薬剤師以外の仕事が多い

レジ業務や売場作りなど、薬剤師の資格を持っていなくてもできる仕事もたくさんあります。むしろ薬剤師以外の仕事の方が多いかもしれません。

ポイント!
OTC専門では、数多くの商品に触れることが可能。それが逆に薬剤師以外の仕事が増えるというデメリットにもつながります。

調剤併設店で働くメリットとデメリット

調剤併設店のメリット・デメリット
次に調剤併設店で働くメリットとデメリットを見ていきましょう。普通の調剤薬局とは何が違うのかが気になるところですね。

調剤併設店で働くメリット

まずはメリットから見てきましょう。

調剤とOTCの両方を経験できる

調剤併設店の場合、調剤・OTCのどちらも経験できます。どっちもやってみたいという人にはぴったりですね。

ただし店舗によっては調剤併設になっていても、薬剤師は調剤だけと完全に業務が分割されているところもあるので要注意。

調剤だけの場合でも普通の調剤薬局で働くより給料が高い

調剤併設店で働く場合、調剤だけする場合と調剤とOTCの両方をする場合があります。たとえ調剤だけの店舗で働いたとしても給料は調剤薬局よりも高め

調剤をしながら一般の調剤薬局の給料よりも高い額を貰えます

さまざまな科目の処方箋に対応できる

ドラッグストアでは定期的に異動があります。そのため就職した後も何度か働く店舗が変わることが少なくありません。そのため数多くの科目に触れられる機会があります。

調剤併設店で働くデメリット

次に調剤併設店で働くデメリットを見てみましょう。

調剤よりもOTC業務を多くさせられることがある

店舗によるところではあるのですが、調剤併設店であってもOTC業務を長くさせられることがあります。調剤をやりたいと思っている方にとっては大きなデメリットです。

同じ店舗で何年も働くのは難しい

ドラッグストアは非常に多くの店舗を経営しているため、異動が多いです。同じ店舗に何年も配属されたままというのはレアなケース。

数ヶ月おきに異動になることもあるので、長く同じ職場で働きたい方には向いていません

一般的な調剤薬局よりも残業が多い傾向にある

これも店舗によるところはありますが、残業が多い店舗を多く見かけます。毎日1時間~2時間ほど残業している方も実際に見かけました。

中には定時で帰っている方もいましたが、配属店舗によっては残業続きとなる恐れがあります。私の知人は定時で帰れることの方が少ないと嘆いていた薬剤師もいました。

ポイント!
調剤併設店は店舗によって調剤しかしないところと、OTCと調剤の両方をするところがあります。

しっかり自分の希望を伝えておかないと、やりたいことができない店舗に配属されてしまうことも。

ドラッグストアで希望通りの働き方をしたいなら転職サイトを活用しよう

希望通りのドラッグストアに転職するコツ

ひとまとめにドラッグストアと言っても、OTC専門店なのか調剤併設店なのかで仕事内容が大きく異なります。また調剤併設店であってもまったくOTCを扱わないところから、OTCもバンバン扱うところまでさまざま。

「OTCも勉強したかったのに調剤しかできない店舗に配属になってしまった」となってしまったら、とてもじゃないですけどやる気の維持も難しいですよね。

こうならないために、ドラッグストアに転職する際は必ず転職サイトを利用しましょう。

転職サイトを使うことで自分がどういった店舗でどのような仕事をしたいのか、希望をしっかり汲み取ってもらった上で求人を紹介してもらえるのでミスマッチが起こりにくいのです。

オススメはマイナビ薬剤師

薬剤師転職サイトにはいくつもの種類がありますが、ドラッグストアを目指すならマイナビ薬剤師がオススメ。なぜなら圧倒的にドラッグストアの求人数が多いからです。

マイナビ薬剤師では非公開求人を除いても15,603件(2019年5月現在)のドラッグストア求人があります。ドラッグストアの求人数が少ないところだと2,000~3,000件ほどしか扱いがないので、マイナビ薬剤師の求人数がいかに多いかがわかりますね。

希望の店舗を探すには求人の母数が多いに越したことはないので、ドラッグストアの求人を多く扱うマイナビ薬剤師をぜひ活用してみましょう。

マイナビ薬剤師に登録してみよう!

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師の評価
求人数
(4.5)
信頼度
(5.0)
対応力
(5.0)
満足度
(5.0)
メインでの使いやすさ
(5.0)
総合評価
(5.0)

マイナビ薬剤師<公式サイト>

まとめ

ドラッグストアは年収が高く仕事内容も多岐にわたる
ドラッグストアは、調剤薬局や病院とはまったく異なる業務が多く待ち受けています。さまざまな業務をこなしていくことがメリットに感じる方もいれば、デメリットに感じる方もいるでしょう

好みが大きく分かれる職種と言っても間違いないでしょう。しかし合う方にとっては、とても楽しい職場でもあります。

ドラッグストアは年収の高さだけでなく、仕事の楽しさにもぜひ注目していきたい働き方の1つです。

【この記事を閉じる前に!】今登録すべき、オススメ転職サイトは!?

※クレーム報告が多い会社は、掲載から外すようにしています。

とはいえ、担当者さんとの相性がありますので、数社に登録することをおすすめします。

絶対登録しておきたい3社
  ■総合人気ランキング
 1位 マイナビ薬剤師

公式サイトへ

 2位 薬キャリ

公式サイトへ

 3位 ファーマキャリア

公式サイトへ


まずはこの3社に登録すれば、情報量は十分です!


登録後は、自分の働き方や悩みを理解してくれて、必要な情報を与えてくれるエージェント・担当者を探しましょう^^

 

※無資格者の方はご登録いただけません。