「薬キャリ」登録者が急増中!? →

【転職失敗談】歴代の薬剤師が転職に失敗した理由とは!?実例と対策を紹介!

転職に失敗した先輩薬剤師さんは何がいけなかったのか?

「意を決して転職したけど、前の職場のほうがよかった」
「何度も転職したくないので、失敗したくない」

転職するかどうか考えるとき、おそらくほとんどの方が「失敗したくない」と思うことでしょう。しかし実際には、残念ながら転職に失敗してしまった薬剤師を見かけることは少なくありません。

「どうすれば失敗しない転職ができるの?」とお悩みの薬剤師に向けて、ここでは実際に起きた失敗談や、転職を失敗させないための対策などをご紹介します。

薬局薬剤師

この記事を読むことで、転職をできるだけ成功に近づける方法がわかります。理想の職場で楽しく働けるようになりますよ。

この記事の目次

【転職失敗談①】年収アップ目的で転職したが時給計算すると前の職場の方がよかった・・・

残業時間を確認せずに転職失敗
「先輩薬剤師Aさんは年収アップを目的に転職しました。結果、年収は450万円から500万円に上がりましたが、働き始めるとサービス残業が多く、時給計算すると前の職場の方が稼ぎの効率が良いことに気づきました・・・。」

【対策】交渉に強い転職サイト担当者のサポートを受けよう!

  • 残業について詳細を確認しておく
  • 面接で質問する
  • 現場で働いている人から内情を聞いておく
  • 交渉に強い担当者のサポートを受ける
転職の際に「たぶんこうだろうな・・・」という推測で疑問を片付けてしまうと、このような失敗が起きやすくなります。

薬剤師求人を探すときに残業時間がどれくらいあるのかまで丁寧に情報を調べておき、さらに面接で残業に関して聞いておくことが大切です。

転職エージェントを利用すると職場の内情まで情報を得ることができます。待遇の交渉に関しても実力のある担当者ならこうしたミスは起こりません。

交渉力の高い転職エージェントを利用するスタンスで、待遇アップを目指していきましょう。

薬局薬剤師

Aさんの失敗はいわゆる凡ミスですが、実際に細かいところまで情報を調べていく作業はとても面倒なので、お気持ち察します・・・。転職エージェントは残業時間や実際の就業環境といった、自分で調べるにはちょっと面倒な作業を丸投げできるので、みなさん積極的に活用してくださいね
登録しないと損する、王道3社
  大手だから安心して使えます!

非公開求人・情報量で圧倒!!

薬キャリ
薬キャリ
  • list約4万件以上の求人案件数
  • list独占非公開求人に注目!
  • list上場企業のグループなので安心
  • list転職に成功した薬剤師の口コミ◎
薬キャリ 薬キャリ

利用者満足度No.1

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師
  • list運営40年以上の最大手
  • list常勤も派遣も全国網羅
  • list転職に成功した薬剤師が使う
  • list首都圏に圧倒的な強さ
マイナビ薬剤師 マイナビ薬剤師

薬剤師の年収アップに徹底コミット

ファーマキャリア
ファーマキャリア
  • listオーダーメイド求人で年収アップに期待
  • list一人に対応する時間が1.5倍
  • list在籍コンサルタントの質がピカイチ
  • list日本全国対応
ファーマキャリア ファーマキャリア

まずはこの3社に登録すれば、情報量は十分です!


登録後は、自分の働き方や悩みを理解してくれて、必要な情報を与えてくれるエージェント・担当者を探しましょう^^

  ※無資格者の方はご登録いただけません

【転職失敗談②】目的や情報収集など、すべてが曖昧で後悔が残る・・・

目的を持たず転職して失敗した薬剤師
「Bさんはマンネリ感を払拭するために新天地を求めて転職。しかし、転職の目的が明確ではなく、そのスタンスからも曖昧な転職活動をしてしまいました。

結果、新天地を見つけることができたものの、待遇や通勤時間など大きな変化を得ることはできませんでした・・・。」

【対策】どうして転職したいのかを考えよう!

  • 転職理由を考える
  • 叶えたい希望を箇条書きする
  • 希望に優先順位をつける
  • 転職成功の道筋を示してくれる担当者を探す
転職理由がいまいちハッキリしない状態で転職しても、転職に成功することはほぼ無理に近いものです。
理由をハッキリさせないまま転職しても「残業が減った」とか「年収が上がった」などの達成感を味わえません。

まずは、なぜ転職したいと思うようになったのか、転職理由をもう一度明確にしてみましょう。その希望を箇条書きでリストアップして、さらに優先順位をつけてみましょう。

そうすると、求人の選び方も明確になり、さらには妥協しても良い条件までわかるでしょう。

また、転職エージェントは「提案」というサービスが醍醐味です。転職成功の道筋を示してくれる担当者を見つけることで、簡単に回避できた失敗例もあります。

薬局薬剤師

Bさんは運に任せた転職をしたと言えますが、これでは失敗することもありますね・・・。転職エージェントは相談するだけでも利用可能なので、同じような状況の方は相談からスタートして転職の目的を明確にしましょう。

薬剤師辛いあるある!職場ごとに特有のストレス・辞めたいと思う瞬間をまとめてみました。アナタの「ツラい」を、少しでも受け止めます…

【転職失敗談③】早急な転職を希望していたのにのんびり担当者がついてしまった・・・

転職コンサルタントのスピード感が合わなくて失敗
「Cさんは急ぎの転職を希望していたので、転職エージェントの力を借りることにしました。しかし、希望とは裏腹にのんびりした担当者がついてしまい、求人の提案や面接の調整などスピード感のある転職サポートを受けることができませんでした・・・。」

【対策】思い切って担当者を変更しよう!

  • 担当者のプロフィールを閲覧してみる
  • 担当者に不満や希望をぶつける
  • 担当者を変更する
担当者によってはこの事例のようにのんびり屋さんだったり、逆にせっかちな方がいます。

転職エージェントは、担当者のプロフィールが公開されているケースがあります。プロフィールから担当者を指名できる薬剤師転職サイトもあるので、まずはこのようなコンテンツを見ておくというのが1つの対策です。

基本的に転職エージェントは担当者をいつでも変更できるので、不満が募る担当者に当たった場合はお問い合わせから担当者の変更を希望すると良いです。

薬局薬剤師

担当者にいろいろ言うと機嫌を損ねて不利な転職になるかも・・・と思う方もいるでしょう。今は優秀な転職サイトが多くあるので、担当者と合わないと感じたのなら他の薬剤師転職サイトを併用していくのもおすすめです

【転職失敗談④】じっくり転職をしたかったのにノルマに追われている担当者がついてしまった・・・

転職エージェントのノルマのせいで失敗した薬剤師
「Dさんは、転職エージェントを利用して納得のいくまで求人を比較しようと考えていました。

しかし、担当者がノルマに追われており、採用率を優先されて話が進んでいってしまいました。そのためなかなか希望がマッチする求人を見つけることができませんでした・・・。

【対策】これも担当者を変更しよう!他の転職サイトへ乗り換えるのも有り!

  • コミュニケーションをはかる
  • 担当者を変更する
  • 他の転職サイトを利用する
この失敗は、のんびりやの担当者がついてしまった失敗談と同じ方法で解決できます。

まずは希望が叶う求人を提供してくれるように担当へ伝え、これで解決できなければ担当者を変更します。担当者を変更することに気まずさを感じる場合は、他の薬剤師転職サイトへ乗り換えるのがおすすめです。

薬局薬剤師

転職エージェントは採用を得ることで利益が発生するので、Dさんの失敗は転職エージェントのデメリットとしても有名です。他の転職サイトへ乗り換えることも視野に入れながら、うまく転職エージェントを活用していきましょう。ちなみに相性が悪い担当者からの連絡は、思い切って無視してもOK。向こうもそこまで気にしないはずです。

【転職失敗談⑤】担当者にすべてを任せっきりで自分の基準で判断しなかった・・・

担当者に任せっきりで失敗
「Eさんは転職エージェントを利用するメリットを熟知しており、担当者に任せておけば間違いない!というスタンスでした。

そのまま、応募先の見学すらも行かないほど、言われるがままの転職をしてしまったのです。以前はバスで30分の通勤だったところが電車を2回乗り換えて1時間かかるという結果になってしまいました・・・。」

【対策】転職エージェントを利用する場合も確認作業は欠かせない!

  • 待遇面
  • 手当や福利厚生
  • 通勤関連
  • 会社概要
Eさんの場合は、結果的に通勤時間が倍になるという失敗に留まりましたが、この他にも似たような失敗があり得ます。

たとえば、契約社員として転職する場合、求人内容に2年契約と書いてあっても更新は1年単位になっていることがあります。これも調べておかなければ「2年間は収入が安定する」ところが「1年後はどうなるか分からない」というオチになるので、非常に大きな差がありますよね。

転職エージェントは嘘を付くことはありませんが、物事の判断基準は人によって異なるので、必ず自分で情報を確認して自らの基準で判断をしていくことが大切です。

薬局薬剤師

Eさんは面接の際に通勤時間が分かったはずなので、仕事の継続を想定して内定を断るという判断もありだったのではないでしょうか。それでも内定を了承したのは待遇が良かったからだと推測されますが、後悔しないためにも応募先の決め方についても基準をしっかりと考えておくのがベターですね。

【転職失敗談⑥】コネで転職できたのはたしかに楽だったが、想像とは異なる職場環境で言い出しにくい・・・

友人に紹介されて転職に失敗した薬剤師
「Fさんは知人の紹介で調剤薬局へ転職しました。しかし、事務員と薬剤師の仕事分担も曖昧で、残業の多さも含めて理想の職場環境とは言えない状況でした。

本来は問題解決に向けて経営者に相談するか転職を検討したいところですが、知人に恩があることからも我慢しなければならない日が続きました・・・。」

【対策】恩を仇で返すと言われない解決策!

  • 恩の相手に状況を説明する
  • 問題解決に向けてこうあるべき提案をする
  • 話し合いの結果で考え方が合わないなら仕方がない
  • 恩より今後のビジネスライフの方が大切
Fさんの失敗は、いわゆる知人に恩を仇で返すのではという心情がネックになっています。そのため、恩を仇で返すと言われないために、仕事を紹介してくれた相手としっかり話し合うことが大切です。

話し合った結果、知人と考え方が合わないのであれば、そもそも無理に人間関係を継続する必要もそこまでありません。世間体や人間関係を優先するよりも、今後の薬剤師としての人生を第一に考えることが大事ですよね。

薬局薬剤師

知人の紹介で転職するのはメリットとデメリットの両方があり、Fさんのようなケースは珍しいことでもありません。ダメなら他へ転職すれば良いというスタンスでは、転職サイトを活用しておく方が「恩」という足かせはありませんね。

【転職失敗談⑦】職場の種類が変わっても新しい環境に対応する勉強を怠り、仕事でミスを連発してしまった・・・

勉強せずに失敗
「Gさんは病院から調剤薬局へ転職をしましたが、職場の種類が変わったことからも学ぶべきことがたくさんありました。

本来は、現環境に対応するため仕事を学ぶスタンスが求められますが、Gさんはその努力を怠りミスを連発してしまいました・・・。」

【対策】職場が変わった時は仕事を覚えるスタンスは絶対に必要!

  • その職場のルールに従うことが第一
  • 仕事を覚えることは基本中の基本
  • 相手が年下でもその職場では先輩である
  • 実績を経て仕事内容の変更案が通る
病院から調剤薬局に転職した場合など、よく出る処方箋の種類が違うといった薬剤師業務における違いがありますが、専門的な部分以外に、そもそも病院と調剤薬局とでは仕事内容が違うというのもありますよね。

たとえば、朝は5分間掃除をするというルールがあった場合、前の職場に掃除がなければ無駄な仕事に感じます。しかしまずはルールにしたがって掃除をしっかりとやることが大事です。

その結果、それほどゴミが出るわけでもないなら、2日に1回の掃除に変更しようという提案もできるでしょう。しっかりとルールにしたがっていたからこそ認められる部分があります。

薬局薬剤師

世渡り上手な人は、周囲に溶け込むのがうまいものです。そのコツは、やはり周囲から「認められる存在」「親しまれる存在」になることであり、もっとも簡単なのが仕事をしっかりこなすことです。

【転職失敗談⑧】夢ばかりを語る経営者に付いていったが、仕事量と待遇のアンバランスさに嫌気がさした・・・

経営者の夢に惑わされて転職に失敗した薬剤師
「Hさんは、面接で経営者の大きなビジョンに心を動かされて転職を決めました。しかし、いざ働いてみると、転職後は残業の多さも含めて過酷な労働が続き、給料アップやボーナスも見えない状況から、自分が転職に失敗したことに気が付きました・・・。」

【対策】夢を叶えるためのプロセスに注目しよう!

  • 経営状況を決算報告などでチェックしておく
  • 面接で夢までのプロセスを逆質問してみる
  • 経営者の夢が叶うと自分にどのようなメリットがあるのかを考えてみる
  • その場の空気に流されないこと
Hさんの失敗は、中小規模の調剤薬局では良くあることです。大手ドラッグストアや調剤薬局では、現場の薬剤師と経営陣に距離感がありますが、中小規模のお店ではほとんど距離感がないため、経営状況が見えやすいです。

基本的に経営者の夢が現実となれば、新しい店舗がオープンして仕事のモチベーションが上がるなど、何かしらのメリットはあります。

しかし、そのメリットが何なのかが不明確な状況では、経営者の夢は従業員にとってそこまで重要ではありません

経営者の考えを知るという意味では、面接で夢を叶えるためのプロセスを逆質問してみるのも効果的です。

薬局薬剤師

では、情報をたくさん集めても将来の経営までは完璧にはわかりません。確実なのは、目の前にある仕事内容や待遇なので、基本に忠実な転職をしておけば避けられる失敗でもあります。

【転職失敗談⑨】転職すれば年収が上がると思ったが、他の方法を検討するべきだった・・・

転職すれば年収が上がると思い込んで失敗
「Iさんは、子供の成長に伴って収入を上げる必要がありました。転職をすれば家計を改善できると思いましたが、転職先の待遇は昇給アップに1年かかり、ボーナスは未定。結果として、前職で勤務しながら副業を選択する方が良かったと後悔しました・・・。」

【対策】転職する前に求人チェックや転職相談をしておこう!

  • 先に退職しないこと
  • 転職サイトで求人比較をしておく
  • 転職エージェントで自分の市場価値を聞いてみる
Iさんだけではなく、年収アップを目的に転職する薬剤師は非常に多いです。

年収アップに成功できるかどうかはタイミングによる運もありますが、今よりも待遇が下がることを回避するためには先に退職しないというのがポイントです。

薬剤師の求人情報は転職サイトで比較できますし、転職エージェントで自分の経歴ならどのくらいの待遇で転職できるのかを試算してもらうことも可能です。

このような対策から、目的を達成できる可能性を感じてから退職して転職活動を開始するといったスタンスが好ましいですね。

薬局薬剤師

Iさんは自分の思い込みから失敗してしまいました・・・。現状、薬剤師求人は非常に多いですが、待遇はピンキリです。魅力的な求人がない場合、今の職場で昇給の交渉をしたり、副業から年収の底上げを図る方が良いケースもあります。

薬剤師が転職に失敗した理由まとめ

薬剤師が転職に失敗した理由

  • 残業時間を確認していなかった
  • 転職の目的をハッキリさせていなかった
  • 転職エージェントとの相性がよくなかった
  • 転職エージェントに頼り切りで自分で情報収取をしていなかった
  • 知人の紹介で転職した
  • 転職後の環境に慣れるための努力をしなかった
  • 夢と現実をしっかり見ていなかった
これまでの転職失敗談をまとめると、上記のようになります。どれも薬剤師が転職に失敗する理由としては「あるある」のものばかりです。

「転職に失敗したくない!」「転職を繰り返したくないから一度で成功させたい!」という方は、上記の失敗ポイントに気をつければ転職をぐっと成功に近づけられますよ。

薬剤師になって後悔している?つらくて辞めたい?辛いことがあってもなんとかなる対処法・ちょっと元気が出るコラムも。

転職で失敗しないために薬剤師がするべきこと

転職成功のために薬剤師がするべきこと

  • 職場の情報を納得がいくまで調べる
  • 転職先に求める条件に優先順位をつける
  • 相性のよいコンサルタントを見方につける

転職を失敗させたくない薬剤師が転職前に必ずやっておきたいことは上記の3点です。たった3つのポイントに気をつけるだけでも転職の成功率は格段に上がります

職場の情報を納得がいくまで調べる

疑問が1つ残らず解決するまで転職先の情報を調べましょう。処方せん枚数、正社員薬剤師の数、残業時間、電子薬歴か紙薬歴か…など気になることはどんどん転職エージェントや求人先に聞いてください。

とくに処方せん枚数や正社員薬剤師の数は絶対に確認しておきたいところ。正社員が少ないと一人で大量の処方せんを捌く事態に陥ってしまう確立が上がるので注意。

転職先に求める条件に優先順位をつける

まずはなぜ転職したいのか理由をハッキリさせます。そして転職先に求める条件をいくつか洗い出してください。

年収や労働条件、家からの近さとなんでも構いません。次にどの条件を優先させたいのか順位をつけます

優先度の高い条件をクリアできる職場に転職できれば、転職の満足度も必然的に上がりますよ。

薬局薬剤師

優先順位をつけることは、とくに大切です。どれだけ優先度の高い条件をクリアできるかによって、転職の満足度は大きく変わります。

相性のよいコンサルタントを見方につける

急いで転職したいのに担当がのんびりしている。逆にゆっくり転職したいのにやたら転職を急かしてくる。これでは満足のいく転職ができません。

担当のコンサルタントと合わないなと思ったら、担当を変えてもらうか別の転職エージェントに登録して転職活動をしましょう。

担当との相性が大きく転職に関わります。よいコンサルタントを見つけて、まずは転職しやすい環境作りを始めることが大切です。

薬剤師の転職相談はエージェントを利用すべき!付き合い方のコツを伝授

できるだけ自分の足で職場を見に行く

求人に書いてある情報だけでは、どうしてもリアルな職場の雰囲気や実際の労働環境はわかりません。できれば一度、希望の職場を見に行ってみましょう

もし可能であれば、体験勤務もオススメです。転職サイトに登録すると1日だけお試しで働けるように交渉をしてもらえるケースもあります。

自分の肌で職場を体験することで、転職後の失敗を避けることが可能です。

年収だけを見て職場を決めない

どうせ転職するなら、今より年収が高いところに行きたいと考える薬剤師も多いと思います。しかし年収だけを見て転職してしまうと、失敗しやすいので注意してください。

なぜその求人が高い年収で募集されているのかを考えなければなりません。薬剤師がすぐに辞めてしまう、休日日数が少ない、労働環境が悪いなど、さまざまな理由が隠れている可能性があります。

年収を高くすることで、何かを隠そうとしているのでは?と疑いの目を持つことが大切です。

転職に失敗したくないなら派遣薬剤師もオススメ

転職に失敗したくないなら派遣薬剤師もオススメ

「こんな職場環境だと思わなかった」
「人間関係が悪くて働きづらい」

このような転職前と後で起こる理想と現実のギャップをできるだけ少なくする働き方が派遣薬剤師です。

派遣薬剤師として働けば、合わないと思えばそのまま契約を更新しなければOK。ここで働きたいと思ったのなら、そのまま正社員として働ける職場もあります。

正社員として働くよりも気軽にさまざまな職場を体験できるため「もしも転職先が合わなかったらどうしよう」と迷っている方にオススメの働き方です。

薬局薬剤師

派遣薬剤師は時給4000円や5000円といった高時給求人も多いため、実は正社員として働くよりも稼ぎやすいことでも知られています。

薬剤師にも柔軟な働き方は浸透中?派遣・スポットでのバイト・業務委託・在宅ワークといった正社員以外の働き方について考えてみよう!

失敗しないために・・・おすすめの転職サイト3選!

薬剤師におすすめの転職サイト

  • マイナビ薬剤師:満足度NO1を誇る薬剤師転職サイト!
  • 薬キャリ:最短即日10件など短期転職にも定評がある!
  • ファーマキャリア:オーダーメイド求人が強みの転職サイト!
今回は、薬剤師の転職失敗談と対策を紹介しました。これからの転職活動では最初に「転職サイト選び」という作業から取り掛かる方が多いと思います。

「マイナビ薬剤師」・「薬キャリ」・「ファーマキャリア」は、いずれも大きな特徴のある薬剤師転職サイトです。転職エージェントの実力も評判が良いので、転職の相談をしたいといった場合も活用してみてくださいね。

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師は、面談に力を入れていることが特徴の転職サイトです。多くの転職サイトは電話やメールで薬剤師の希望条件をエージェントが聞くのですが、マイナビ薬剤師は直接会ってエージェントと話をすることができます。

直接会うことでエージェントによりしっかりと転職先に求める条件を伝えられるため、満足のいく転職がしやすいのです。直接会うのは気まずいという方は、もちろん電話やメールでの相談もできますよ。

詳しくマイナビ薬剤師の口コミ・評判や強みなど特徴を徹底解説

薬キャリ

薬キャリは多くの薬剤師が登録しているサイトとして有名です。高年収求人はもちろんのこと、各薬剤師に合う求人を紹介してもらえます。

最短で即日10件の求人を紹介してもらえるので、お急ぎで転職したい方にもオススメです。

人気の薬キャリ薬キャリの口コミ・評判やメリット!薬剤師転職サイトの中でも秀逸で薬剤師の半数が登録

ファーマキャリア

ファーマキャリアの特徴は、オーダーメイドな求人を紹介してくれるところです。

薬剤師の希望に合った求人になるように、求人先に条件を交渉してくれます。

詳しくファーマキャリアの口コミや評判が分かる!薬剤師の年収UPに徹底コミットする強いコンサルタントが魅力