薬剤師に人気の転職サイトはどこ!?→

薬剤師の経験を活かしたライター(執筆)・翻訳の仕事について詳しく調べてみた。ネットで副業や仕事はいろいろ見つかります!

執筆

今回は、薬剤師スキルを活かせるネットの副業として「ライター」と「翻訳」を紹介していきます。

さっそくみていきましょう!

「薬剤師」+「ライター」はどんな仕事?

ライターといえば、新聞社や出版社というイメージが強いですね。しかし、ネット化していく社会情勢に伴ってWeb上ではライターの需要が高まっており、非常に仕事が多い現状があります。

薬剤師のみなさんは転職活動の際に「求人が見つからない」という状況がほとんどないと思いますが、仕事量だけに話を絞るとライターはその状況にかなり近い状況です。

たとえば、「今すぐ1,000円稼ぎたい!」といった場合、Webで探せる作業でも多くの執筆作業が転がっています。仕事募集サイトがWeb上にいくつもあります。

Web上のどこかに必ず仕事があるので、何も仕事がない日というのはWebサイトの需要が減らない限りはやって来そうにないほどです。

ライターの仕事で必要なスキル

  • タイピング
  • 情報収集
  • パソコンの基本的な知識(ファイル保存やソフトなど)
  • 一般的な日本語力(違和感がなければOK)
  • 自己管理や責任感

 

 
副業でライターを始めるにあたり、一番大事なのは「自己管理」や「責任感」です。約束は必ず守るというスタンスを持たなければ、継続して仕事を受注することは難しいです。

他に重要なスキルはとくになく、スピードが遅くてもタイピングの仕方を知っていれば執筆作業を開始できるので、誰でも今すぐライターになることができます。

「WordやExcelの資格がある方が有利」と言われることもありますが、これはソフトを使えればいいだけなので資格の有無で仕事量は変わりません。

ただし、薬剤師の資格を持っているように何かの職業の資格を持っている方が、そのジャンルの仕事を見つけやすいことは間違いありません。

薬剤師ライターでは、「調剤薬局の経営経験」や「認定資格」など、関連する資格や経験を持っているほど希少価値が高まり、引く手もあまたとなります。とうぜん報酬も高くなります。

ここが素敵!
ライターは特別なスキルが必要というわけでもなく、誰でも始められるところが最大の魅力です。とくに薬剤師の場合は専門資格を持っているだけでも利用価値が高いため、ライター未経験でも可能な仕事が多く、通常の案件よりも高単価が目立ちます。

ライターの仕事の見つけ方

  • ランサーズを使う
  • ライター業者へ登録する
  • 自分で薬剤師サイトを立ち上げる
  • 記事を掲載したいサイトへ直接交渉する
  • 周囲で薬剤師記事を必要としている人物を探す

 

 
薬剤師ライターの仕事の探し方は色々とありますが、最も簡単なのはランサーズというWebサービスで仕事を受ける方法です。

公式サイト:https://www.lancers.jp/

ランサーズはメールアドレスなどから登録をするだけで、希望に合った仕事を探すことができる元々はフリーランスのWebデザイナーやWebエンジニア向けのサイトです。

現在では、退職し子育て中といった主婦がスキマ時間に得意な仕事を受けたり・社会人の副業の場としても広く普及している印象があります。

年間に最も活躍した方を表彰する「ランサーズオブザイヤー」というイベントでは、経済産業省大臣など著名人の方が招かれることもあります。

さまざまな案件にチャレンジしたい方は、まずはランサーズから始めてみてはいかがでしょうか。

いくら稼げる?

  • 1文字あたり(通常):0.2円~2円が相場
  • 1文字あたり(薬剤師):1円~4円以上(筆者の経験による相場観)
  • 1案件の報酬計算:1文字の相場観で判断する

 

 
薬剤師ライターの稼ぎはピンキリです。

報酬の決まり方は「1文字○○円」or「1案件○○円」のどちらかになっていることがほとんどです。

サイトの運営方法にもよりますが、Webライターの稼ぎというのはサイトの運営と一心同体なところがあり、先行きが不透明なことから妥当な単価を決めるのが非常に難しい職業でもあります。

薬剤師ライターは通常ライターに比べて「専門的な知識や経験」があるため、最初から高単価の仕事を見つけやすいことは間違いありません。しかし、サイトの成功に伴うという点は通常ライターと変わらないため、結果を出すことで稼ぎも伸びるという点は意識しておきたいところです。

「薬剤師」+「翻訳」はどんな仕事?

翻訳はライターと同じように在宅ワークの定番ですが、「外国語」をマスターしていることが前提なので、ライターに比べると副業として実践している方は少ない印象があります。

また、仕事量に関してもライターに比べて翻訳の仕事は少ないです。しかし、翻訳の仕事は単価が高いので、チャレンジできる薬剤師の方は狙い目な副業となります。

翻訳の仕事で必要なスキル

  • 資格や検定(TOEICなど)
  • 翻訳経験
  • 海外での生活経験
  • 海外での勤務経験
  • 外国語と日本語の文法(ニュアンスを含む)

 

 
薬剤師の翻訳の仕事は、医学に関する論文や書籍の翻訳などがあります。

翻訳の仕事は何かと「経験」が問われるケースが多いので、仕事をこなせるかどうかよりも仕事を見つけられるかどうかの方が難題です。

スムーズに最適な人物を見つけるために資格所有者を対象としている案件も多くあるため、自分を売り込む術を身に着けることからスタートするのが好ましいです。

翻訳の仕事をしたことがない場合でも、翻訳がなされていない論文や書籍を探して翻訳しておけば、それを使ってアピールしやすくなりますね。

ここが素敵!
薬剤師翻訳は、単価が高いことが最大の魅力です。誰もがチャレンジできる副業ではありませんが、安定して仕事を受注できると本業の収入を超えることもあります。

翻訳の仕事の見つけ方

  • ランサーズを使う
  • ライター業者へ登録する(数は少ないが翻訳業務も稀にある)
  • 翻訳業者へ直接交渉する
  • 周囲で翻訳を必要としている人物を探す

 

 
薬剤師翻訳の仕事もランサーズで探すのがオススメです。

ランサーズはプロフィール蘭でさまざまなアピールができるので、各種機能をうまく活用してみてくださいね。

また、業界的にフリーランスへ向けた「薬剤師翻訳」という仕事が少ないので、翻訳を必要とするであろう人物や機関などに直接交渉する方が早いケースもあります。

仕事量は「翻訳全般」に枠を広げると増えるので、まずは翻訳の経験を積むという意味では薬剤師案件にこだわらずにさまざまなジャンルに挑戦していくのが良いかもしれません。

いくら稼げる?

  • 1文字あたり:5円~60円(翻訳料金の相場より)
  • 1案件あたりの報酬計算:1文字の相場観で判断する

 

 
薬剤師翻訳の稼ぎも、一言にピンキリです。

こちらもライターと同様に「1文字○○円」で報酬が決まるケースが多いため、「英文→和訳」や「和文→英訳」など、仕事内容から相場を抑えておくのが良いですね。

ライターに興味のある方はお問い合わせください!

今回は薬剤師の副業として「ライター(執筆)」と「翻訳」の2つを紹介しました。

当サイトでは、薬剤師の経験を活かして執筆したいライターさんを募集しているので、興味のある方はぜひ下記からお問い合わせください!

・薬剤師としてのご経験
・執筆者のご経験(ブログを2年ほどやっていました、という軽い申告でもかまいません^^)
を書いていただけますと非常にありがたく、こちらもお返事しやすいです。

お問い合わせはこちらから

【この記事を閉じる前に!】今登録すべき、オススメ転職サイトは!?

絶対登録しておきたい3社
  ■総合人気ランキング
 1位 マイナビ薬剤師
 2位 薬キャリ
 3位 ファーマキャリア

まずはこの3社に登録すれば、情報量は十分です!

登録後は、自分の働き方や悩みを理解してくれて、必要な情報を与えてくれるエージェント・担当者を探しましょう^^