薬剤師に人気の転職サイトはどこ!?→

薬剤師のコミュニティー・勉強会やオンラインでのつながりに参加するにはどうしたらいい?

薬剤師のコミュニティー・勉強会やオンラインでのつながりに参加するにはどうしたらいい?

薬剤師は、薬剤師になってからが本当の勉強のスタートです。毎日のお仕事を通してさまざまな発見や気付きがあることでしょう。ときには職場内で勉強会をしたり情報交換をしたりすることもありますよね。

でも職場で得られる知識ってどうしても限界があります。そのようなときに活躍するのが薬剤師のコミュニティーや掲示板などのネットを使った情報の交換場所です。

今回は薬剤師なら知っておきたいコミュニティーや掲示板、ブログやTwitterアカウントなどをご紹介していきます。

この記事の目次

職場内の情報交換には限界がある!外の薬剤師とも関係を持とう!

薬剤師は職場の外に出て情報交換をすべき!情報を収集する方法とは
職場内の薬剤師とお薬の情報交換をしたり、わからないところをお互いに教え合ったりというのはきっとどこで働いている薬剤師でも行っているでしょう。

でもそれだけじゃ物足りないって思った経験はありませんか?どうしても職場内だけでの情報交換だと、知識も偏ってしまいますし得られる情報の量にも限界が来てしまうんですね。

だからできるだけ職場の外の薬剤師とも関係を持つことがオススメ。今はパソコンやスマホを使うだけでどんな情報でも得られる時代です。

日本全国の薬剤師とつながりを持つことで、これまで得られなかったような情報も手に入れられるようになるでしょう。

薬剤師同士が情報交換できるつながりを作る方法

薬剤師同士が情報交換をできるつながりを作る方法
外でのつながりを持つことで、全国の薬剤師と情報交換ができるなんてステキですよね。でもどうしたら薬剤師とつながりを持てるようになるの?なんて思っている方もいるかもしれません。

薬剤師同士がつながる方法は意外と簡単です。ここではいくつか例をご紹介しましょう。

コミュニティーや掲示板に参加する

薬剤師限定のコミュニティーや掲示板が、ネット上にはいくつか存在します。中には有名な企業が運営しているものもあります。

※スポンサードリンク※ マイナビ薬剤師

コミュニティーや掲示板は情報を得るだけでなく、自分から発信したり相手に質問したりすることもできますので、相互に情報のやりとりをしたい方にオススメです。

勉強会に参加する

勉強会はより専門的な知識を吸収できるので、積極的に参加している方も多くいます。

病院や薬局など職場で行われる勉強会だけでものたりない方は、職場の外で行われている勉強会にも足を運んでみるときっと楽しい発見がたくさんあるはずです。

オフ会に参加する

オフ会に参加するのも情報交換をする1つの手段です。カッチリとした勉強会ではなく、薬剤師同士が比較的ゆったりと話ができるオフ会は、情報交換だけでなく薬剤師同士の人脈を増やすのにも適しています。

薬剤師なら入っておきたい!人気のコミュニティー・掲示板

薬剤師必見!情報交換に必須人気のコミュニティーサイトや掲示板を紹介
ではここからは、薬剤師なら入っておいて損はないコミュニティーや掲示板をご紹介していきます。

ココヤク

薬剤師にオススメのコミュニティーサイト ココヤク
〈公式サイト〉ココヤク

薬剤師のコミュニティーサイトの中でもっとも有名と言っても過言ではないのが、こちらのココヤクのサイトです。ココヤクには薬剤師のQ&Aが設置されているので、いつでも疑問点を質問できます。

他に薬剤師が投稿しているブログや、薬剤師業界のニュース、セミナー情報などもチェック可能です。おそらく薬剤師のコミュニティーサイトの中ではココヤクがもっとも希望が大きいのではないでしょうか。

薬剤師掲示板 | Pharmacist Community

薬剤師にオススメの掲示板 エムスリー運営の薬剤師掲示板
〈公式サイト〉薬剤師掲示板

薬剤師掲示板は薬剤師の転職サイトでお馴染み、あの薬キャリを運営するエムスリー株式会社によって運営されている掲示板です。薬剤師の登録者数はなんと10万人を超えています。

莫大な量のトピックがあるので、眺めているだけでも楽しいですよ。また医療ニュースや医療コラムなども掲載されています。

薬キャリに登録してみよう!

薬キャリ
薬キャリの評価
求人数
(4.5)
信頼度
(4.5)
対応力
(5.0)
満足度
(5.0)
メインでの使いやすさ
(5.0)
総合評価
(5.0)

薬キャリ<公式サイト>

薬剤師に人気の勉強会・セミナーの情報はここから仕入れてみよう

薬剤師に人気の勉強会・セミナーの情報の仕入先をご紹介!
最先端で蜜な情報がほしいときは、やはり勉強会に参加するのが1番です。全国の勉強会の情報を知るのにぴったりなサイトを2つご紹介します。

P.P.Club(ピーピークラブ)


〈公式サイト〉P.P.Club

P.P.Clubは薬剤師の交流会の企画を提供するサイトです。「暮らしと仕事に活かす漢方」「投薬英会話」といったセミナーを定期的に開催しています。

セミナーの開催地は東京がメインですので、関東にお住まいの方は登録してみてはいかがでしょうか。

日本在宅薬学会

漢方のセミナー情報が満載 漢方を勉強したい薬剤師には日本在宅薬学会がオススメ
〈公式サイト〉日本在宅薬学会

日本在宅薬学会ではバイタルサイン講習会や漢方セミナーなどの情報を入手することができます。他にこちらの学会に入会すると無料で視聴できるe-ラーニングもありますよ。

とくに漢方薬に関するセミナーを多く開催しているので、漢方に興味のある方はチェックしておきましょう。

とにかく専門知識を習得したい!かための情報交換をするなら?

薬剤師なら専門知識を磨こう!日本薬剤師研修センターをチェックしていれば研修やセミナー情報は完璧

日本薬剤師研修センター

日本全国の研修を探すなら日本薬剤師研修センターがオススメ
〈公式サイト〉日本薬剤師研修センター

大学教授や病院の薬剤師たちを招いて行う研修、また各種認定試験に必要な単位を取得するための研修などの情報が日本薬剤師研修センターのサイトからまとめて確認できます。

※スポンサードリンク※ 薬キャリ

都道府県ごとにわけて研修の情報を探せるので、どこにお住まいの方にも役立つこと間違いなしです。これ以上に全国の研修情報を網羅しているサイトは他にないでしょう。

気軽に情報を集めたい!やわらかめの情報交換をするなら?

薬剤師が気軽に情報交換をするならTwitterやブログがオススメ
研修やセミナー、勉強会ってとてもためになる情報が多いのですが、仕事との時間が合わなければ参加できませんし、ものによってはセミナーの参加に何万円も必要な場合があります。

「もう少し楽に、簡単に情報交換できたらなぁ」とお考えの方はTwitterやブロガーさんの情報を追うのがオススメですよ。仕事の休憩中や自宅でくつろぎながら、いつでも情報を収集できます。

しかもTwitterやブログを通して情報を集めるだけでなくやりとりもできるので、気軽に情報交換ができます。

薬剤師がTwitterでフォローしておくべきオススメアカウント

Twitterをやっている方があなたの周りにもいませんか?検索してみると意外と多くの薬剤師が、Twitterでお薬や疾病などに関する情報をつぶやいているんですよ。

140字という限られた字数の中に必要な情報がぎゅっと詰まっているので手軽に素早く情報収集が可能です。ここではとくにオススメのアカウントを3つご紹介します。

油沼(薬剤師さんの備忘録 19話)@minddive_9さん

薬剤師なら要チェック!油沼(薬剤師さんの備忘録 19話)@minddive_9さん
〈参考〉油沼(薬剤師さんの備忘録 19話) (@minddive_9) | Twitter

「薬剤師さんの備忘録」という漫画を描いている@minddive_9さん、この方自身は薬剤師ではありませんが、薬剤師から提供された話を元に一般の方にもわかりやすく注意喚起や実際の薬局での出来事を描かれている方です。

薬剤師でもそうでない方でも知っておきたい情報をたくさん提供してくれています。

薬剤師ときどき父(やくちち)@yakutitiさん

薬剤師なら要チェック!薬剤師ときどき父(やくちち)@yakutitiさん
〈参考〉薬剤師ときどき父(やくちち) (@yakutiti) | Twitter

@yakutitiさんは薬剤師のTwitter界ではとても認知度の高い方です。@yakutitiさん、他の薬剤師には真似できないような情報を発信している方。

なんと「お薬の味見」をし、その様子をブログやTwitterを通して発信されているのです。お薬がどのような味なのか、どんな添加物が入っているのかなどを詳しくご説明されています。

タクヤ先生 中医学/薬剤師@takuyasenseiさん

薬剤師にオススメのTwitterアカウント タクヤ先生 中医学/薬剤師@takuyasenseiさん
〈参考〉タクヤ先生 中医学/薬剤師 (@takuyasensei) | Twitter

@takuyasenseiさんは中医学講師としても活躍中の薬剤師です。一般の方でも興味を持つ疲れの取り方、脳の休め方から、疾患の説明までさまざまな情報を発信されています。

ご自分で中医学のオンラインサロンを開かれているので、中医学に興味がある方はぜひチェック。

ブログでお薬の情報を発信してくれる薬剤師ブロガー

Twitterをしている薬剤師も多いですが、ブログを通して情報発信をされている方も探すと多く見つかるんですよ。ここでもオススメのブログを3つご紹介していきます。

ぼうそう医薬情報室

医療用医薬品の情報をいちはやくキャッチしたい薬剤師はぼうそう医薬情報室を要確認!
〈参考〉ぼうそう医薬情報室

ぼうそう医薬情報室は、小石まり子さんという方が執筆されているブログです。効能効果の追加、新薬の情報、オススメの書籍などをご紹介されています。

医療用医薬品の販売状況などを詳しく知りたい方にオススメのブログです。

薬剤師の脳みそ?くすりと医療制度

薬剤師の脳みそ?は医療用医薬品の情報収集にオススメのブログ
〈参考〉薬剤師の脳みそ?くすりと医療制度

個人薬局の管理薬剤師をしながらブログの執筆も行っているぺんぎん薬剤師さん。医薬品の承認状況や添付文書の改訂、ときおり噂となるオグサワ処方の解説などを投稿しています。

こちらも医療用医薬品の情報をキャッチしたい方はぜひ読んでもらいたいブログです。

産業薬剤師の視点

産業薬剤師の視点は薬剤師にも一般の方にもオススメのブログ お薬や健康が気になる方に
〈参考〉産業薬剤師の視点

医療系サイトの寄稿もしている産業薬剤師さんが運営するブログです。自身のお薬服用体験記事や日焼け止めの塗り方の手順などから、日常生活にまつわる小ネタまで幅広いジャンルの記事を投稿されています。

薬剤師だけでなく一般の方にも役立つ知識が満載です。

人間関係や職場の悩み、転職先相談などシビアな内容であれば転職サイトのエージェントという選択肢も

薬剤師の人間関係や職場の悩み、転職の悩みは転職サイトのエージェントに相談!
これまで紹介してきたコミュニティーサイトやブログなどは、あくまでも薬剤師の仕事内容や医薬品など日常業務に関わるような情報を交換する場でした。

しかし中には周りに相談しにくいような人間関係や職場の悩みを抱えているかたもいるでしょう。悩みが多すぎて転職したいと考えることもありますよね。このようなシビアな悩みを相談できる場所も知っておきたいですよね。

そういうときは転職サイトのエージェントに悩みを相談する手もありますよ。エージェントは薬剤師の悩み解決にぴったりな職場を見つけ出すプロです。

何人もの薬剤師の相談に乗って来た経験があるのできっと最良のアドバイスをしてくれることでしょう。多くの転職サイトが存在しますが、悩みの相談はマイナビ薬剤師が1番しやすいでしょう。

他の転職サイトとは違い面談に力を入れているので、エージェントと直接会って悩みを相談できます。転職したいほどの悩みは、コミュニティーサイトやブログなどよりも転職サイトのエージェントに相談するのが賢明です。

マイナビ薬剤師に登録してみよう!

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師の評価
求人数
(4.5)
信頼度
(5.0)
対応力
(5.0)
満足度
(5.0)
メインでの使いやすさ
(5.0)
総合評価
(5.0)

マイナビ薬剤師<公式サイト>

まとめ

情報交換をしたい薬剤師にオススメのコミュニティーや掲示板は?
薬剤師は勉強してナンボと言いますが、勉強するためにはよい研修やセミナーなどの情報を漏れなくキャッチしていくことが最低限必要です。

今回はそんな情報収集に役立つサイトをご紹介していきました。これらのサイトをうまく使って薬剤師同士の情報交換の場を広げていきましょう。

また手っ取り早く、気軽に情報交換したい方はコミュニティーサイトや掲示板、ブログやTwitterなどもオススメです。

【この記事を閉じる前に!】今登録すべき、オススメ転職サイトは!?

絶対登録しておきたい3社
  ■総合人気ランキング
  1位 マイナビ薬剤師

公式サイトへ

 2位 薬キャリ

公式サイトへ

 3位 ファーマキャリア

公式サイトへ


まずはこの3社に登録すれば、情報量は十分です!


登録後は、自分の働き方や悩みを理解してくれて、必要な情報を与えてくれるエージェント・担当者を探しましょう^^

  ※無資格者の方はご登録いただけません
マイナビ薬剤師薬キャリ