30秒で登録完了・LINE相談OKの転職サイト…?

ワンオペ薬剤師の苦悩!薬局を一人で回すなんて無謀!?ひとりのメリット・デメリットと注意点:処方箋枚数・休憩時間の違法ライン・ピンチからの逃げ方までご紹介!

「一人薬剤師」「ワンオペ薬剤師」を経験したことはありますか?正直に言いまして、大変なことが多くあります。薬剤師としての成長や、自信への体力などに大きく影響するのです。

しかし一般的にマイナスイメージを持たれる一人薬剤師にも、メリットが存在します。

今回は一人薬剤師のメリットやデメリット、さらに一人薬剤師でもうまく回していく方法などをご紹介していきましょう。

一人薬剤師はデメリットが多い

一人薬剤師は基本的にデメリットばかり
わざわざお伝えすることでもないかもしれませんが、一人薬剤師で薬局を回すことはいくつものデメリットが付きまといます。

自分自身への負担も大きいですし、時には患者さんへ迷惑をかけてしまうこともあるものです。

調剤から鑑査まで一人で行う必要がある

一人ということはつまり、調剤から鑑査、服薬指導まですべて自分一人でこなさなければなりません。調剤事務員さんがいない場合はレセプトの入力も業務に含まれます。

本来ならレセプトの入力、調剤、鑑査はすべて別々の人が担当するのが望ましいのですが、一人薬剤師の場合はすべて一人で対応するのです。

ワンオペでこなすと防げるミスも、気がつけたはずのミスも見過ごすことになる可能性が高くなるため調剤過誤のリスクが高まります。

疑問点を聞けない

一人薬剤師ということはもちろん、周りに薬剤師が自分以外一人もいない状況です。そのため聞きたいことがあっても誰にも相談することができません。

すべて自分で調べる必要があります。どんなに経験を積んだ薬剤師でも仕事中にわからいことは必ず出てくるもの。

※スポンサードリンク※ マイナビ薬剤師

誰にも聞けず、自分一人で調べなければいけないのは少々怖いものです。

クレーム対応もすべて自分一人

厄介なのがクレーム対応です。「責任者を出せ!」と言われても他に誰も出せません。

クレーム対応というのは基本的に、クレームを受けた張本人とはまったく別の誰かに間に入ってもらうことで収束を迎えやすくなるもの。

一人で対応していては火に油を注ぐことになりかねません。

ポイント!
調剤ミスを減らし患者さんへ迷惑をかけないようにするためにも、少なくとも2人は薬剤師がいることが望ましいと言えます。

実際にワンオペで薬剤師をしている人の声

一人薬剤師として実際に働いている方の声
ワンオペ営業をしている薬剤師の声をいくつか集めてみました。一人薬剤師の切実な心の声をご覧ください。

一人薬剤師で日数の多い一包化はツライですね。定時なのに薬歴がまったく書けていないのは一人薬剤師もはや一人薬剤師あるある

お昼休憩もろくに取れないままワンオペを続ける薬剤師も少なくありません。

ドラッグストアでも一人薬剤師はあり得る
私もたまに一日中薬剤師が一人の状態の中、ドラッグストアで働いたことがあります。休憩中でもトイレに行っていても何をしてもどこにいても対応お願いしまーすと呼ばれるので、本当にストレスでした。お昼休憩中なのに売り場にいる時間の方が長いこともしょっちゅうです。一人薬剤師は本当に大変ですよ。

一人薬剤師にはメリットもある

一人薬剤師はデメリットだけじゃない。メリットも。


調剤ミスが増え、休憩もなかなか取れない一人薬剤師。しかし一人薬剤師は悪いことばかりではないのです。人によっては一人薬剤師の方がいい!と思われる方もいます。

人間関係に悩まない

自分一人しかいないので、人間関係に悩まなくて済むというメリットもあります。

一人であるが故にすべての責任を自分一人で負うことになりますが、誰にも文句を言われることなく自分のペースとやり方で仕事を進めることが可能です。

注意
午前中は薬剤師が二人、午後は一人といった勤務形態だと逆にストレスがたまる場合も…。「午後からは自分一人で忙しいのに、なんでマイペースに仕事をするんだ」ともう一人の薬剤師にイライラしてしまうこともあるようです。

スキルを高められる

すべての業務を自分一人で行う必要があるため、調剤に関わることは自分で何でもできるようになります。

医師への疑義照会や廃棄管理、レセプト入力や回収対応など何でもお手のものです。

年収が高い職場が多い

一人薬剤師の職場は基本的に年収が高めなことが多いです。ワンオペでの営業が大変だということは募集をかける側もわかっているんですね。

そのため年収が高めに設定されています。実際の求人を見てみましょう。

一人薬剤師の求人は高年収
※画像をタップすると拡大できます。
(参考:ファルマスタッフ 2019/3/10時点)

※スポンサードリンク※ 薬キャリ

駅チカで通勤もしやすい条件にもかかわらず年収は700~800万円。調剤薬局にしてはとても高い年収です。一人薬剤師だからこその年収ですね。

ポイント!
一人薬剤師の場合、多少のわがままが通りやすいのもメリットです。「このままの状況が続くなら辞めます!」と強気に出ることで店舗を異動させてくれたり、設備を充実させてくれることも。

一人薬剤師は「違法状態」に注意

一人薬剤師は法律違反を犯す可能性もある
デメリットとメリットとがそれぞれある一人薬剤師ですが、気にするべきことは他にもあります。

それが法律違反です。一人薬剤師をすることで法律違反を犯してしまうリスクも高まります。

労働基準法違反になる可能性

一日中一人で調剤の対応を行わなければならない場合、おそらくお昼休憩もろくに取れないことがほとんどでしょう。

労働時間が8時間を超える場合は必ず60分の休憩を取る必要があります。

しかし一人薬剤師だと患者さんが来ないスキマ時間にちょこちょこ休憩を取るケースもあります。トータルで60分休憩を取れていない場合も多いです。

60分間の休憩が取れないことはもちろん労働基準法違反。さらに5分や10分休憩を繰り返すような細切れな休憩は、そもそも休憩を取っているとみなされないことも。

調剤事務員の扱いも注意

一人薬剤師だと忙しさのあまり調剤事務員さんの手を借りなければやっていけないことも多いです。調剤事務員にピッキングの手伝いをしてもらっている薬局はあちこちにあります。

しかし本来、調剤は調剤事務員が行う範ちゅうではないもの

調剤事務員が調剤をすることは法律的にNGです。忙しいため調剤事務員さんにあれこれと頼みがちですが、違法には注意しなければなりません。

一人薬剤師で切り抜ける方法

一人薬剤師で何とか切り抜けるには
一人薬剤師が本来、推奨されるべき働き方でないことは、ほとんどの薬剤師が認識しているはずです。

しかし経営上のやむを得ない理由により一人薬剤師の店舗はどうしてもできてしまいます。

すでに一人薬剤師として働いている場合、どういった対策ができるのでしょうか。

過誤を防ぐ設備を整える

まず過誤による被害を起こさないために、調剤を行う環境を整えます

一人薬剤師の店舗に限って紙薬歴だったり調剤過誤の防止システムが整っていなかったりしますので、まずは環境から見直しましょう。

過誤防止のためにシステムを導入してほしいと上に持ちかけると、導入してくれるケースもあります。

バーコード調剤過誤防止システム

散剤を調剤する場合、あると安心なのがバーコードによって医薬品を管理するシステムです。

ラベルについているバーコードを読み込ませながら調剤を行うことで、何を何g使用したのかが紙に印字されて出てきます。

散剤は瓶から出すと何が何だかほとんどわからなくなるため、バーコードでの管理システムがあると安心です。

カメラ監査指導

ワンオペ中に一番気になるのって、鑑査ではないでしょうか。ここでミスを見逃すとそのまま患者さんへ間違ったお薬を提供してしまう原因になります。

鑑査をスルーしないために、遠隔でカメラを使って鑑査してもらうシステムを導入している店舗もあるのです。調剤したお薬をカメラに映し、第三者から鑑査をしてもらいます。

DI室を活用する

職場によってはDI室が完備されているところもあります。時間内であれば電話をかけるとすぐに対応してくれますので、DI室が完備されている場合はとことん使い倒しましょう。

いくら調べてもわからないことでもDI室に相談するとすぐに答えが返ってくる場合があります。

患者さんを巻き込んで監査

ワンオペ営業の場合は、患者さんを巻き込むことも大事です。

いつもと同じ処方であっても、しっかり中身を見せ、数を確認することで「これ、この前のお薬と違う気がする」と指摘してもらえることがあります。

過誤が増えてきたらエリマネに相談!

調剤過誤は疲労がたまると起こりやすくなるものです。疲れているときは頭がぼーっとして働かないこともありますよね。

一人薬剤師だと常に気を張っている必要があり、しかも休憩も取りづらいため疲労がどんどんたまります。

結果として調剤過誤を引き起こすことも十分に考えられるため、最近ミスが増えてきた、集中力がなくなったと感じたらすぐにエリアマネージャーに相談してください。

一人薬剤師の方は転職するのが一番

一人薬剤師に我慢するなら転職を
人によっては誰にも干渉されずに働けるので、一人薬剤師が向いている方もいるかもしれません。しかし一人薬剤師はやはり、推奨されるべき状況ではないと言えます。

一人薬剤師の現状を変えることは難しい

一人薬剤師をする必要がある薬局は、安全性や労働者の働きやすさよりも人件費の削減を優先している企業です。人員が集まらなくてやむを得ず一人薬剤師の店舗もあるかもしれません。

どのような背景にしろ「一人薬剤師でやっていくのが原因なので人員を増やしてください!」と言ってもなかなか状況を変えることは難しいものです。

転職して新しい職場でワンオペを終わらせる

環境を変えることが難しいのなら、自ら別の環境へと足を踏み入れるしかありません。

一人薬剤師であることに疑問や苦痛を感じたら、働きやすい職場を探し始めましょう。新たな環境に進んでいくことが一番の方法です。

転職サイトを使って就業環境の悪い職場は省いてもらう

とはいえ自分で転職先を探していると、また同じように一人薬剤師の店舗で働くことになるかもしれません。

日によって一人だったりそうでなかったりする職場もあり、自分でそれを見分けるのは困難です。

そのため求人先の情報をしっかり把握している転職サイトを活用しましょう。一人薬剤師になる可能性のある職場を転職サイトに除いてもらうことで、うっかりワンオペを防げます。

薬キャリに登録してみよう!

薬キャリ
薬キャリの評価
求人数
(4.5)
信頼度
(4.5)
対応力
(5.0)
満足度
(5.0)
メインでの使いやすさ
(5.0)
総合評価
(5.0)

薬キャリ<公式サイト>

まとめ

一人薬剤師はできれば避けよう。転職して新しい職場を探すのが吉
一人薬剤師という状況は、リスクを考えるといいことではありません。一人で調剤から鑑査までするため調剤過誤を起こす可能性が高まります。

調剤過誤を起こしにくい環境を整え、DI室を活用することにより一人薬剤師でも対応しやすくなりますが、やはりできれば一人薬剤師という働き方は避けたいもの。

職場の環境を変えることは難しいため、改善案としては転職が現実的でしょう。

一人当たりの処方箋枚数が40枚だと決められてはいますがそれはあくまで平均枚数での話です。限界が来る前に転職も候補に入れましょう。

【この記事を閉じる前に!】今登録すべき、オススメ転職サイトは!?

※クレーム報告が多い会社は、掲載から外すようにしています。

とはいえ、担当者さんとの相性がありますので、数社に登録することをおすすめします。

絶対登録しておきたい3社
  ■総合人気ランキング
 1位 マイナビ薬剤師

公式サイトへ

 2位 薬キャリ

公式サイトへ

 3位 ファーマキャリア

公式サイトへ


まずはこの3社に登録すれば、情報量は十分です!


登録後は、自分の働き方や悩みを理解してくれて、必要な情報を与えてくれるエージェント・担当者を探しましょう^^

 

※無資格者の方はご登録いただけません。

時間がない・忙しい方・転職サイトへの登録が煩わしい方へ…

3社も登録するなんてちょっと面倒!という方には…

求人数15万件・LINEでも相談できる、気軽な転職サイトはいかがでしょうか?サポート登録も30秒で完結。ぜひお試しを。

メディカルジョブ(ウェルマーケ社)

メディカルジョブ<公式>

メディカルジョブの詳しいサービス開設はこちらの記事で