「薬キャリ」登録者が急増中!? →

薬剤師の転職試験や面接に受からない?!原因や対策方法を解説!これであなたも内定に近づけること間違いなし!

「薬剤師の転職は売り手市場だと聞いたのに面接に受からない」
「面接に受かりにくくなる理由を知っておきたい」

自分ではしっかりと対策しているつもりでも、なぜか面接に受からず悩んでいませんか?受からない方にはある共通した理由があります。理由を一つひとつ潰していけば内定を勝ち取ることができるでしょう。

ここでは、薬剤師が面接で受からない理由から受かるための対策方法、薬剤師の需要などについてご紹介します。

薬局薬剤師

面接や履歴書の対策を不安なく進める方法も紹介しているので、参考にしてみてくださいね!

薬剤師が転職の面接で受からない理由

薬剤師が転職の面接で受からない理由
面接で受からないと悩んでいる方は、次に紹介する7つの受からない理由のうち、どれかに該当している可能性があるかもしれません。

落とされてしまう理由を自分で作っていないか、今一度確認をしてみましょう。

見た目に清潔感がない

見た目の清潔さが面接の合否を大きく左右しているといっても過言ではありません。なぜなら、人の印象は視覚から得られる情報によって55%も決まるからです。

メラビアンの法則といって、人の印象は視覚情報で55%、聴覚情報で38%、言語情報で7%が決まります。

薬局薬剤師

面接でどんなに受け答えをしっかりとしていても、髪の毛がボサボサだったりメイクが濃すぎたり、ヒゲを剃っていなかったりするだけで印象は一気に悪くなるのです。

受け答えがハキハキしていない

面接で質問されたときに、ハキハキと答えられないのも大きな減点ポイントとなるでしょう。メラビアンの法則によると、声のトーンや話す速度、話し方で印象が38%も決まると言われています。

薬剤師の仕事は基本的にどこで働くにしてもコミュニケーション能力が必要です。

そのため、患者さんを不愉快にさせるような態度を取らないか、アドヒアランスを高めるような介入ができるかどうかが重要視されます。

※スポンサードリンク※ マイナビ薬剤師

前職の不満話が多い

何か理由があるから転職に踏み切る方がほとんどだとは思いますが、かと言って前職の不満話を面接官に遠慮なく話してしまうのはNGです。

残業が多かった、人間関係が悪かったなど不満はあるかもしれませんが、正直に伝えすぎることで面接官に「うちでも不満を募らせてすぐ辞めてしまうのではないか」と思われてしまう可能性があります。

また不満話というのは、聞いているほうにとって耳あたりのよいものではありません

薬局薬剤師

不満があったとしても、うまくポジティブな内容に変換して伝えることが大切です。

希望条件のハードルが高い

転職で自分の希望条件をできるだけ叶えることはとても大切なことです。しかし、あまりに条件のハードルが高いと「うちでは雇えない」と思われてしまいます

「年収600万円、週休3日、家賃補助あり」など理想とする職場で働けるのが1番ではありますが、企業が提示している求人の内容と大きくかけ離れた希望を提示するのはオススメできません。

履歴書をきちんと書いていない

字が雑で空欄があるなど、しっかり書こうという意思が感じ取れない履歴書を書いていませんか?履歴書は書き手の人柄を表す重要な書類です。

字が雑だったり空欄があったりすると、普段の業務も大雑把なのでは?と思われてしまう可能性があります。

試験内容のできが悪い

転職先によっては試験があることもあるでしょう。薬剤師として十分な知識をもっているかを確認するため、筆記試験を課されることがあります。

試験の点数や面接のできを総合的に考慮して合否が決められるため、点数が悪いと不採用になる確率が上がるでしょう。

面接や試験に遅刻した

遅刻するとほぼ100%受からないと思っておくべきです。人生を決める大事な面接や試験で遅刻するということは、普段から遅刻癖がある人だと思われてもおかしくありません。

逆に面接や試験に早く着きすぎるのも避けましょう。面接官にも予定があるので、早く着きすぎると迷惑になることがあります。

薬局薬剤師

面接は時間の10分前くらいに着くのが理想だと言われていますよ。

薬剤師の転職はまだ人手不足が続いている

薬剤師の転職はまだ人手不足が続いている
「しっかり対策はしたけれど、はたして面接に受かるのだろうか」と心配な方もいるでしょう。

薬剤師ではない方たちの就活状況を見ていると何十社も受けているのに1社すら内定を貰えないといった話をよく耳にします。

しかし薬剤師の場合は、まだまだ人手がたりていない企業がほとんどです。

薬剤師の有効求人倍率は2.11倍

令和3年1月に厚生労働省から公表された資料によると、医師や薬剤師などの有効求人倍率は2.11倍となっています。有効求人倍率とは、求職者1人あたりに何件の求人があるかを示したものです。

2.11倍ということは、薬剤師1人に対して2.11件の求人があることを意味しています。全体の有効求人倍率は1.04倍なので、薬剤師は平均よりも2倍の求人がある状況です。

ちなみにもっとも有効求人倍率が低い職業だと、一般事務で0.30倍しかありません。これは求職者1人に対して0.3件の求人がないということです。

地域によって薬剤師の不足率が異なる

有効求人倍率は2.11倍ですが、地域によっては薬剤師が不足しているところも、すでに充足しつつあるところもあります。

都道府県別薬剤師数
参考:都道府県(従業地)別にみた薬局・医療施設に従事する人口10 万対薬剤師数

たとえば東京や神奈川、大阪や兵庫などでは全国平均よりも多い薬剤師がいます。ところが青森や沖縄、福井などでは大幅に平均値を割った数しかいません。

薬局薬剤師

薬剤師が多い地域ほど受からない可能性が高くなるため、薬剤師が不足している地域を狙って転職するのもよいでしょう。

薬剤師が不足している都道府県・地域エリア・離島は?国や自治体の解消対策や、不足地域の求人に転職するメリットとデメリット

※スポンサードリンク※ 薬キャリ

薬剤師が転職の面接で内定を勝ち取る方法

薬剤師が転職の面接で内定を勝ち取る方法
転職で受からない理由はそれほど多くないため、内定を貰うには受からない理由を一つずつ潰していくことが大切です。

身だしなみを整える

まずやるべきことは、身だしなみを整えることでしょう。

  • 肩より長い髪は結んでおく
  • 前髪は目にかからない程度に
  • 男性はピアス不可、女性ならワンポイント程度
  • 髪色は転職先の規則を超えない色にする
  • 香水はつけない
  • ヒゲは当日に剃っておく

これらは最低限クリアしておくことが大切です。

薬剤師のネイルはOK?髪色・髪型・ピアスは現実的にどこまでイケる?ドラッグストア・薬局など職場による?

面接対策をしっかりしておく

面接で質問される内容は、ある程度パターンがあります。どのような質問をされても自信をもって答えられるように、あらかじめよくある質問にはスムーズに答えられるようにしておきましょう。

また面接のときは、面接官の目をしっかり見て受け答えをすることが大切です。人間は目を合わせて話す人に対して「この人はしっかりしている」という印象をもつ性質があります。

緊張でついつい目をそらしてしまうかもしれませんが、目を合わせて話すだけで好印象をもってもらえますよ。

薬剤師も就職、転職活動で不可避!「面接対策」切り返しや逆質問も含めて、本番前におさらいしましょう!

希望条件をごり押ししない

できるだけ好条件で転職した気持ちはわかりますが、ごり押しは厳禁です。「もう少し条件がよければ…」と迷っているのであれば、その旨を担当のエージェントに伝えておきましょう。

内定を貰った後にエージェントが求人先と交渉して条件を変えてくれることがあります。面接のときに条件をごり押しするのではなく、ひとまず内定を貰った後に交渉してもらうのが無難です。

履歴書は丁寧にわかりやすく書く

「字が汚いから落とされるかも」と心配する必要はありません。自分ができる範囲で丁寧に書くことが大切です。丁寧に書く気がない字は意外と見ただけですぐにわかります。

空欄を作りすぎず埋めすぎず読みやすいように、伝えたいことに焦点を絞って書きましょう。

どうしても自分の字が気になる方は手書きではなくパソコンで作成する方法も検討してみてください。ただし、応募先の企業が手書きを指定していないかは必ず確認しましょう。

薬剤師転職の「イケてる履歴書・職務経歴書」の書き方&「ダメな志望動機」を管薬がこっそり教えます!【採用担当者のホンネ】

基礎から知識を見直しておく

筆記試験と聞くと身構えてしまうかもしれませんが、出題内容は基礎を問うものが多い傾向にあります。

薬物治療学や薬理学などを基礎から見直しておくことで、十分に対応できるでしょう。医学英語が出題されるケースもあるので、こちらも習得しておくと安心です。

新人薬剤師必見!効率的な薬の勉強法や役立つ参考書まとめ

薬剤師の転職で面接・履歴書対策が不安ならエージェントを活用

薬剤師の転職で面接・履歴書対策が不安ならエージェントを活用
どんなに身だしなみを整えて面接対策をしっかりしても、転職活動にはさまざまな不安がつきまといます。

「これで大丈夫だろうか?」「一人で面接に行くのが不安」と心配な方は、転職サイトのエージェントを活用してみてください。

これまで多くの薬剤師の転職に関わってきた経験をもつエージェントが、面接対策はもちろん履歴書の書き方まで徹底的にサポートしてくれます。希望すれば面接に同行してくれるのも特徴です。

転職サイトを活用することで孤独な転職活動ではなくエージェントと2人3脚で進めていく転職活動ができるでしょう。

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師<公式サイト>

まとめ

薬剤師の転職で受からない方は身だしなみや面接対策を入念に
薬剤師の転職で受からない理由として、身だしなみや受け答え、希望条件のハードルが高いといった理由が挙げられます。とくに身だしなみは、面接官に与える印象を大きく左右するものです。

まずは相手を不愉快にしないよう身だしなみを整え、受け答えをはっきりできるようにしておきましょう。一人で黙々と転職活動を進めていくのが不安な方は、エージェントの力を借りるのがオススメです。

薬局薬剤師

面接や履歴書の対策をしてもらえるほか、条件の交渉までしてくれるのでスムーズに、かつ好条件で内定を勝ち取ることができるでしょう。

【この記事を閉じる前に!】今登録すべき、オススメ転職サイトは!?

※クレーム報告が多い会社は、掲載から外すようにしています。

とはいえ、担当者さんとの相性がありますので、数社に登録することをおすすめします。

登録しないと損する3社
  ■総合人気ランキング
 1位 マイナビ薬剤師

公式サイトへ

 2位 薬キャリ

公式サイトへ

 3位 ファーマキャリア

公式サイトへ


まずはこの3社に登録すれば、情報量は十分です!


登録後は、自分の働き方や悩みを理解してくれて、必要な情報を与えてくれるエージェント・担当者を探しましょう^^

 

※無資格者の方はご登録いただけません。

▼転職に興味がある人がよく見ているページ