薬剤師に人気の転職サイトはどこ!?→

薬剤師の転職に適した年齢は?

薬剤師_転職_年齢
参照元

はじめに

現在薬剤師の需要は供給が追い付かないほど売り手市場となっています。

当然のことながら給与、待遇面でも他の職種と比べて、かなりの優位性が認められています。

そのため少しでも待遇の良い職場に転職する人も多く、薬剤師の転職情報もあふれている状況が見られます。

もともと薬剤師は難関の国家資格を得た有資格者で医師と同じです。

大学6年間の就学と国家試験の合格者ということで既に年齢は24歳以上となっています。

一般大学が22歳以上ですから、就職に関しては2年の開きがありますが資格を生かした仕事に就けば、これは問題にならないでしょう。

薬剤師の転職に適した年齢は一般論的で統計的な年齢と職種による適正年齢、そして本人にとって最も適した転職年齢があります。

大事なことは一般論の年齢ではなく、本人の転職年齢です。

この本人の転職に適した年齢はご本人の現在の職場での立ち位置や転職の動機、本人のスキル、経験、人生設計、年収などによって大きく異なります。

こうしたことを熟慮して決めなくてはなりません。

薬剤師になるには

薬剤師に転職に適した一般的な年齢

一般的には24歳から35歳では雇用側から見れば経験が浅い分、教育がし易く、成長の伸びしろがあり将来に期待が持てる。

しかも安い給与で採用できるメリットがあります。

雇用側の最も期待度の高い年齢ですから需要の多い年齢層です。

従って転職年齢の一般論としてはこの年齢が最も適した転職年齢となります。

但し転職回数が多いと、雇用側から見れば採用しても簡単に辞められてしまう可能性有り、ということで警戒されます。

しかし例外的にCRCやCRAのような高いスキルと経験が必要な職種は逆に多くの転職が歓迎される場合があります。

40歳代になるとやや難しくなります。

培ってきたスキルは武器ではありますが、雇用側ではそれなりに待遇面や高い職位を与えなくてはなりません。採用しにくい年齢層です。

ただ、ご本人が専門性の高いスキルを持っていて、たまたま雇用側の要求条件とぴったり合っていれば高待遇、高収入のチャンスはあります。

50歳代になると途端に厳しくなります。たとえ高度なスキルを持っていても難しいです。

希望するグレードを下げて、都会より地方での就活が必要です。少なくとも転職適齢期ではありません。

薬剤師の職種による転職適齢期

薬剤師のご本人の意思に関係なく、転職するなら今の内ですと言っている職種があります。

それは公務員薬剤師です。国公立の公務員試験に合格して公務員にならなくてはなりません。

公務員試験受験資格に年齢制限があります。国家公務員は21歳から33歳まで、地方公務員は行政機関により異なり、大体35歳くらいまでです。

薬剤師でしたら中には40歳くらいまでOKというところもあるようです。

しかし薬剤師といえども合格するには相当勉強しなくてはなりません。

最近特に競争率が高くなってきています。若い人の方が有利です。

ただ、年収は高くはありません。

地味に安定した人生が過ごしたい人には適した職業ですが、民間会社のMR、や研究開発部門、DI、CRCなどの部門の薬剤師と比べると収入に倍以上の開きが出るのは仕方ありません。

また、大手製薬会社ではより専門性の高い研究開発部門や薬事業務(RA,GA部門)、CRC,CRAの人材育成のためかなり早い時期から教育が行われています。

そのため24歳での新卒者をはじめ、少なくとも30歳までの優秀な人材を集めていますので、こうした部門を将来的に考えている人はなるべく早く若いうちに転職の決断して就活しなければなりません。

薬剤師のあなたの転職の動機は?スキルは?年収は?

転職を考える人の動機は様々です。

最も多いのは年収の不満で次に人間関係、そして待遇の不満でしょう。

転職を思った時、自らの立ち位置やスキル、年収、経験などを冷静に見てみる必要があります。

総合的に勘案して転職時期を決めなくてはなりません。

これらを土台にして、これからの人生設計を描いてみることも大事です。

やがて薬剤師過剰の時代がやって来るかもしれません。

そうすると必然的に買い手市場となり、給与は抑えられて生活の質の低下が出てきますし、簡単には転職ができなくなります。

薬剤師としてこれからどのようにして人生を送っていくのか、転職を思った時がいい機会です。

企業には経営計画があるように、自分の人生計画も必要です。

30歳までに持ちたいスキル、収入は、40歳までにはドラッグストアーを持ちたいとか部門長になっていたいとか、収入を年収800万円以上にしたいとか、50歳までには。

というように目標と方法をできるだけ現実論で作り上げます。

妄想や夢のまた夢の作り話では意味がありません。

しっかり自分を冷静な目で見つめて、欲望を織り込んで作ってみましょう。

本人にとって最も適した転職年齢は?

一般論から言えば35歳まででしょう。

しかし前記しましたように転職適齢年齢は人によってすべて異なります。

基本的には人生計画、生活設計をどう描くかによって違ってきます。

職場の人間関係の悪化や労働環境の悪化によって退職し、転職する人も多い現代です。

これらは程度問題ですが、なるべく早く退職を考えるのが普通です。考えた時が転職年齢となります。

計画的に転職を行う人もいます。薬剤師だけでなく、一般社会の仕事は経験とスキル、人間性が問われています。

従ってまずはスキルをしっかり身に付ける、スキルが学べない職場であったら即転職する。

人間性を養うためになるべくコミュニケーションを必要とする部署を希望する。

薬剤師の大体の性格として人とうまくコミュニケーションをとるのが下手な人が多い、という傾向があるようです。これも克服しなければなりません。

やがて経験が備わってきて、職場から期待される人に成長していくわけです。

転職は自分の人生をよりよくするための手段です。最も適した転職年齢は、何回も訪れるかもしれません。

ターニングポイントが最適な転職年齢です。

チャンスが向こうから訪れる場合もあるし、自らチャンスを掴みにいかねばならない時もあります。

薬剤師は仕事を選ばなければ高年齢でも転職のチャンスのある職種です。

現在は薬剤師が慢性的に不足している時代です。

転職がし易い時代で他の業種からするとかなり恵まれた環境にあります。

そうした環境に安住してはいけません。

そんな時であるからこそ自分は今から何をしたいのか、どうありたいのかを、明確に描き、

それをベースにして方向性を定め転職先を決めましょう。

転職適齢期は薬剤師の場合は幅が広く取れます。

30歳までというような限界は設ける必要はありません。

【この記事を閉じる前に!】今登録すべき、オススメ転職サイトは!?

絶対登録しておきたい3社
  ■総合人気ランキング
 1位 マイナビ薬剤師
 2位 薬キャリ
 3位 ファーマキャリア

まずはこの3社に登録すれば、情報量は十分です!

登録後は、自分の働き方や悩みを理解してくれて、必要な情報を与えてくれるエージェント・担当者を探しましょう^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です