薬剤師に人気の転職サイトはどこ!?→

薬剤師免許の更新はある?各種認定資格の有効期間は?おすすめの資格は?

薬剤師免許の更新はある?各種認定資格の有効期間は?おすすめの資格は?

運転免許や教員免許など、多くの免許には更新制度が設けられています。

しかし、薬剤師の免許の更新の話はあまり聞きませんよね。薬剤師免許に更新はあるのでしょうか?

また、研修認定薬剤師認定実務実習指導薬剤師などの、薬剤師免許を根拠としたさまざまな資格の更新は、どのようになっているのでしょうか。

この記事では、これらの疑問について解説していきます。

薬剤師免許に更新はあるの?


そもそも、薬剤師免許において定期的に必要な、更新や届け出はあるのでしょうか?

薬剤師免許は更新不要

薬剤師免許は、薬剤師国家試験合格後に一度申請をおこなえば、その後更新する必要はありません

これは薬剤師だけでなく、医師や歯科医師、看護師などの他の医療系の資格においても、同様の仕組みとなっています。

また、医療系の資格に限らず、弁護士、公認会計士、司法書士…などの国家資格についても、一度取得すれば剥奪されない限り、一生涯有効です

絶対に回避したい、薬剤師の行政処分・薬剤師免許の取消し(剥奪)について。薬剤師法の欠格事由・処分事例も元にして解説します。

※スポンサードリンク※ マイナビ薬剤師

もちろん、資格に足るべきだけの自己研鑽をすることは必要ですが、更新の手間や費用がかからないということは、非常にありがたいことですね

2年に1度の薬剤師の届け出は必須

薬剤師免許に更新の必要が無いことは、前の項でご説明したとおりですが、「薬剤師の届け出」だけは忘れないようにしましょう。


医師・歯科医師・薬剤師の皆さまに届出のお願い│厚生労働省

薬剤師法で規定されている事項について、当該年の翌年1月15日までに厚生労働大臣に届け出ることが、薬剤師第9条で義務づけられています。

(届出) 
第9条 薬剤師は、厚生労働省令で定める2年ごとの年の12月31日現在における氏名、住所その他厚生労働省令で定める事項を、当該年の翌年1月15日までに、その住所地の都道府県知事を経由して厚生労働大臣に届け出なければならない。

本稿の執筆時点の2018年(平成30年)12月は、ちょうど薬剤師の届け出を行わなくてはならないタイミングなので、忘れている方はこちらのリンクから薬剤師届出票をダウンロードして、届け出をおこないましょう。

ポイント!
届け出を行う先は、居住地を管轄する保健所長です。ただし、勤務先の所在地を管轄する保健所長に提出しても、差支えはありません。

薬剤師の届け出を忘れてしまったら?

薬剤師の届け出は、薬剤師法で規定された義務であり、日本国内に住所地があって日本の薬剤師名簿に登録されているすべての薬剤師が対象となっています。

現在の仕事が薬剤師とは全く関係のない場合や、病気や専業主婦などで仕事についていなかったりする場合でも、届け出が必要となります。

万が一薬剤師の届け出を忘れてしまうと、薬剤師法32条1の規定により、罰則を受けてしまう可能性があります。

第32条 次の各号のいずれかに該当する者は、50万円以下の罰金に処する。
1 第9条の規定に違反した者
2 第19条の規定に違反した医師、歯科医師又は獣医師
3 第20条の規定に違反した者
4 第24条又は第26条から第28条までの規定に違反した者

ここでは、50万円以下の罰金に処することが規定されていますが、実際に罰金刑が適用されたという話は、あまり聞きません。

しかし、万が一、届け出を忘れてしまった場合には、できるだけ早めに最寄りの保健所で相談するようにしましょう

また、薬剤の届け出をおこなわないと、薬剤師資格確認検索システムの登録が抹消されてしまいます。転職時に資格が確認できないというケースもあるので、確実に届け出をおこなうようにしましょう。

※スポンサードリンク※ 薬キャリ

認定資格制度には更新がある?


薬剤師の資格そのものに更新制度はありませんが、研修認定薬剤師認定実務実習指導薬剤師などの認定資格の中には、更新が必要なものもあります。

多くの認定資格では3~6年で更新が必要

薬剤師の認定・専門資格の多くは、所定の年数で更新をおこなわなくてはならないということが規定されています。

資格の維持には、講習会の受講や単位の取得が必要なことも多く、手間や費用がかかることがほとんどです。

こちらは、資格者の知識や技能の水準を一定以上に保つだけでなく、それぞれの学会や協会を運営していくためにも必要なものとなっています。

ここでは、代表的な資格の一部をご紹介します。

資格名称更新認定団体更新条件備考
研修認定薬剤師3年ごと日本薬剤師研修センターなど30単位(年5単位以上)新規取得時は40単位必要
公認スポーツファーマシスト4年ごと日本アンチドーピング機構基礎講習、実務講習を受講、知識到達度確認試験講習はe-ラーニングで実施、4年目にあたる年に受講可能
がん専門薬剤師5年ごと日本医療薬学会50単位、実績25症例、学会発表など最長3年間までの更新保留が可能
認定実務実習指導薬剤師6年ごと日本薬剤師研修センター指導実績、勤務状況、更新講習など更新講習は認定開始から5年以上で受講可能

更新年度以外の活動が必要な場合も

多くの方が保有する資格ではある運転免許では、更新年度に警察署や免許センターで手続きをおこなうことで更新が完了します。

しかし、薬剤師の認定資格では、更新年度以外の活動が必要となる場合もあります。

例えば、かかりつけ薬剤師指導料の算定に必要な研修認定薬剤師では、毎年5単位以上を取得していくことが求められています。

かかりつけ薬局になるための要件「研修認定薬剤師」とは?単位取得には、m3.comのe-ラーニング研修がオススメってホント!?

病院薬剤師に人気のがん専門薬剤師では、更新に際してがん治療に関する50単位以上が必要ですが、特段の理由がない限り、毎年最低3単位以上を取得することが定められています。

注意
更新年度にあわてて活動しはじめたのでは、手遅れとなる場合もあるので、資格の更新要件をしっかりと確認するようにしましょう。

【コラム】薬剤師が取得できる他分野のおすすめ資格

    薬剤師として調剤薬局ではたらいているボクですが、薬剤師にかかわる資格は薬剤師免許のほかに、研修認定薬剤師くらいのものしか持っていません。

    MRから転職して薬剤師となったボクは、薬剤師としての経歴はまだ浅く、実務経験が規定の年数に満たないことが多いのです。

    しかし、ボクは資格取得が趣味の一つであり、さまざまな資格の取得に挑戦しています。

    資格を取得する際に重視しているのは、「資格維持費用がかからないこと」「今後の人生で何らかの役立つこと」の2点です。

    ここでは、おすすめ資格をいくつかご紹介します。

    MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)

    こちらは、マイクロソフトがおこなうパソコンの検定の一つで、Word、Excel、PowerPoint、Access、Outlookに分かれています。

    薬剤師としての管理業務でも必要な、パソコンのスキルを学ぶことができます。転職時の面接で、ITに強い薬剤師であることをアピールできますね。

    FP技能士検定

    FPとはファイナンシャルプランナーの略で、「くらしとお金」に関するサポートをおこなう専門家を養成するための資格です。

    薬剤師業務とは関係ありませんが、税金や保険、不動産、相続などを知ることで、暮らしの役に立ちますね。

    日商簿記検定

    日商簿記検定は、経営管理に役立つ知識として、企業に求められる検定資格の一つです。

    こちらは、いつか薬局を経営したいと考える薬剤師さんにとって、非常におすすめです。

    …以上です!とりあえず3つの資格をご紹介しました。

    これらはすべてボクも取得していますが、一度とってしまえば更新の必要もないので、コストパフォーマンスに優れるものばかりです。

    試験というとおっくうになりますが、薬剤師の国家試験に比べると、どれもハッキリ言って簡単なものばかりです。(比べるものじゃない気もしますが…。)

    余裕ができたら、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

まとめ

薬剤師免許や各種認定資格の更新について、解説していきました。

薬剤師免許に更新はありませんが、2年に1度の薬剤師の届け出は、忘れないようにしなくてはなりませんね。

また、複数の認定資格をお持ちの方は、資格の有効期間や更新要件をしっかりと確認して、更新が問題なくおこなえるようにしましょう!

【この記事を閉じる前に!】今登録すべき、オススメ転職サイトは!?

絶対登録しておきたい3社
  ■総合人気ランキング
  1位 マイナビ薬剤師

公式サイトへ

 2位 薬キャリ

公式サイトへ

 3位 ファーマキャリア

公式サイトへ


まずはこの3社に登録すれば、情報量は十分です!


登録後は、自分の働き方や悩みを理解してくれて、必要な情報を与えてくれるエージェント・担当者を探しましょう^^

  ※無資格者の方はご登録いただけません
マイナビ薬剤師薬キャリ