薬剤師に人気の転職サイトはどこ!?→

病院・病棟で働く薬剤師の仕事内容はかなり幅広く激務?薬歴管理・服薬指導・調剤業務だけでなく、DI業務・薬品管理・製剤・治験に関わることも。新薬に触れることが多い職種もあります!休みが少ないイメージは実際のところどうなの!?

業務・薬品管理・製剤・治験に関わることも。新薬に触れることが多い職種もあります!休みが少ないイメージは実際のところどうなの!?

薬剤師に大人気の就職先といえばやはり病院です。病院は薬剤師が薬剤師の能力を高めるために必要な環境が十分すぎるほど整えられています。

「知識をたくさんつけたい!勉強したい!」という薬剤師に人気の病院ですが、病院に就職するとどのような仕事内容が待っているのでしょうか。

今回は病院薬剤師の仕事内容を中心に「病院薬剤師は忙しくて大変?」「給料が少ないって本当?」といった疑問にもお答えしていきます。

病院薬剤師が就職先として人気の理由は?

病院薬剤師はなぜ人気?人気の理由を解説
病院薬剤師が人気の理由としては主に以下のものが挙げられます。

  • 薬剤師の専門知識を高められる
  • さまざまな患者さんのお薬を調剤できる
  • カルテを見ることができる
  • 多くの医療従事者と話せる機会が多い

「調剤なら調剤薬局でもできるじゃん」と思いますよね。たしかに調剤薬局での仕事内容は調剤がほとんどです。でも同じ調剤でも病院でなければ経験できないこともたくさんあるのです。詳しくは次にお話しします“病院薬剤師の仕事内容”でお話していきますね。

カルテを見られるのは病院薬剤師の特権です。診断内容やあらゆる検査結果など、患者さんの情報をすべてカルテを通して見ることができます。

カルテを見られることで腎機能や肝機能に合わせてお薬の投与量も調整できますし、病態の治療過程をよりリアルに追っていくことが可能です。

他に医師や看護師、理学療法士や聴覚言語士などあらゆる医療従事者とコミュニケーションを取れるため薬剤師という狭いコミュニティを抜けて幅広い視点から患者さんを見ることができるようになります。

病院が転職先としては不人気って本当?
就職活動真っ最中の薬学生からすると、病院が不人気だなんて信じられないかもしれません。新卒の就職先としては人気の病院も、転職先としては実はあまり人気がないのです。その理由は給料の安さが原因。

とくに奨学金を借りている方は病院の給料だけだと生活がかなりギリギリに。現に給料の安さが原因で調剤薬局やドラッグストアに転職する病院薬剤師が大勢います。

病院薬剤師の仕事内容

病院薬剤師が人気の理由は仕事内容にあり
では病院薬剤師の仕事内容をここからは見ていきましょう。病院でしか経験できない業務は見どころですよ。

※スポンサードリンク※ マイナビ薬剤師

調剤業務(輸液や注射剤は病院でしか触れられない)

業務内容の中心は調剤業務です。これは調剤薬局と変わりませんね。でも調剤するお薬の内容は病院と調剤薬局とで大きく違います。

病院でしか調剤できないお薬として以下のものが挙げられます。

  • 注射剤
  • 抗がん剤
  • 輸液
  • 院内製剤

注射剤や抗がん剤の調剤は、経験を積まなければうまく調剤できないお薬の1つでしょう。アンプルをパキっと割るだけでも最初は難しいですし、陰圧と陽圧を意識しながら必要な薬剤を取るのはさらに難易度が上がります。

さらに抗がん剤の調剤は薬剤師自身が抗がん剤に暴露しないよう、かなり慎重に調剤しないといけません。

1つのアンプルでウン十万円するような抗がん剤を安全キャビネット内で噴水のようにぶちらかして、こっぴどく怒られた薬剤師も知り合いにいます。輸液や院内製剤も病院じゃないと触れる機会はないでしょう。

病院こぼれ話
院内製剤とは少し違うかもしれませんが、薬効を持たない偽物の座薬を作っている病院も中にはあります。

1日の投与量を超えているのになお座薬の鎮痛剤を欲しがる患者さんが意外と多いそうで、そのような方には薬効を持たない形だけの座薬を投与するのだとか。不思議なことに偽物の座薬でも患者さんは痛みが引いたと言われるようです。

服薬指導

お薬が調剤され、監査も済んだらようやく服薬指導です。

総合病院だとあらゆる科目の処方せんを扱うことになるので、処方内容によっては「この科目は苦手だ」と感じることもあるでしょう。

だからこそ面白くもあり、勉強にもなるんですね。

薬歴管理

薬歴管理は調剤薬局よりもとてもしやすいです。なぜなら処方内容だけでなく、病名、血液検査の結果などをカルテを通してすべて見ることができるからです。

「この薬はなぜ処方されたのだろう?」と悩むことが格段に少なく済みます。病院から調剤薬局に転職した薬剤師が「服薬指導がしにくい」と嘆いている現場も珍しくありません。

薬の判定

病院で働くと、錠剤の刻印を見ただけで何のお薬なのかわかるようになるでしょう。入院患者さんの持ち込み薬を判定する業務があるからです。

持ち込みのお薬と病院で処方されるお薬が相互作用を起こしたり、内容がかぶったりしないようにするために判定をします。

錠剤やカプセルに印字されている刻印を入力することで何のお薬なのか判定してくれるソフトがあるので、それを使ってお薬を判定。判定内容は医師や看護師に共有します。

治験

治験を行っている病院に勤務すれば、治験の業務を担当することもあります。治験とは新薬を製造販売するために必要な試験のことです。

ただし治験担当になった場合は通常の調剤業務や病棟業務はしません。また大きな病院でも治験を担当する薬剤師はほぼ1人なので、治験をやりたいと思ってもなかなかできないことが多くあります。

DI業務

DI業務も病院内では1人でやることがほとんど。またこちらも同様に調剤なども並行して行うことはほぼありません。

1人でずっとパソコンに向かって作業をするので地味に思えるかもしれませんが、治療に必要な副作用や新薬などの情報を常に収集し共有していく大事なポジションです。

病棟の担当

病院薬剤師の醍醐味とも言える業務が病棟の担当です。あなたは胃腸科、あなたは内科というふうに病棟を割り振られます。

担当の病棟に直接足を運び、患者さんの状態を自分の目で把握し、残薬や病態を見ながらときには処方提案も行います。医師の回診に同行することもありますよ。担当の病棟は数年単位で変更になることが多いです。

※スポンサードリンク※ 薬キャリ
病院実習で垣間見た!病院薬剤師の闇?!
私が学生のとき、県内でもかなり規模の大きな病院で実習を受けていました。そこで見た景色は明らかに働きすぎな薬剤師たちの姿でした。

早いときは朝7時半ごろから勉強会、夜は23時くらいまで残って薬歴の記入…。いくら病院でたくさんのことを学べるとは言っても、この生活をずっと続けるのはよっぽどやる気に満ち溢れている薬剤師でないとムリだろうなと痛感しました。

病院薬剤師の仕事は忙しい上に薄給!それでも病院薬剤師を選ぶ理由

病院薬剤師は激務で薄給なのになぜ人気?病院を選ぶ理由
病院薬剤師の給料が高くないことは周知の事実。年収350万円程度の募集も珍しくはありません。当直もあるし忙しいし…それなのになぜ病院薬剤師は人気なのでしょうか。

専門的な知識が学べる

カルテを見ながら服薬指導ができるのは病院だけです。病態に合わせたお薬の処方、最新の治療方法、多くの医療従事者からの知識を得られるため、薬剤師の資格をとことん磨きたい方に人気なのです。

チーム医療の一員として他職種の方とも連携できる

薬剤師に囲まれていると、薬剤師の目線からしか患者さんを見られません。しかし医師や看護師などに囲まれながら働けば他職種の方の考え方や知識も吸収できます

また医師と直接会う機会が多いので、医師と一緒に処方内容を考えることも可能。医師から信頼される薬剤師になることもできます。

薬剤師に必要なあらゆる手技を身につけられる

病院で働けば、薬剤師に必要とされる手技の多くを身につけることができます。病院を経験すればどこの職場に行っても対応できると言われるほどです。

扱う医薬品の種類も格段に多いです。病院の勤務経験があれば薬剤師としてのレベルをかなり上げることができるでしょう。

院内保育園がある

病院って実はママ薬剤師にとっては意外と働きやすい場所なんです。病院によっては院内保育園が準備されているところもあります。

わざわざ子供の預け先を探さなくて済みますし、子供に何かあったときにすぐに迎えにいくことも可能。病院で働く方の勤務時間に合わせて遅くまで預かってくれるところが多いので、ママ薬剤師に人気の職場でもあります。

番外編
病院を志望する薬剤師の中には医師との出会いを期待している方も。ただ残念なことに医師と結ばれるのは、仕事で接点の多い看護師の方が多いようです。

結婚式場でアルバイトをしていた経験があるのですが、明らかに医師×看護師よりも医師×薬剤師のカップルの方が少なかったです。

病院薬剤師のメリット・デメリット

病院薬剤師のメリット・デメリット
薬剤師のレベルを上げたい方には人気でも、たくさん稼ぎたい方には不人気の病院薬剤師。病院で働くメリットとデメリットをそれぞれ見てみましょう。

メリット

病院で働くメリットはやはり

  • 薬剤師の専門性を高められる
  • 最先端の医療に触れられる
  • 病棟に足を運んで、患者さんの治療を担当できる

といったことが挙げられるでしょう。

デメリット

デメリットとしては以下のものが挙げられます。

  • 給料の割に激務
  • 当直がある
  • 初任給が低い
  • 休日日数が少ない

忙しい病院の薬剤師は朝から晩まで毎日病院にこもりっきりです。しかも順番に当直が回ってくるので、体力の消耗もかなりのもの。

しかも休日日数は調剤薬局やドラッグストアと比べると平均して10日ほど少なくなっています

それでいて初任給がとても低いのでよっぽどのやる気がないとしんどいでしょう。

忙しい病院とそうでない病院を見分ける方法はある?
病院には急性期の病院と慢性期の病院とがありますが、急性期病院の方が忙しい傾向にあります。

急性期病院の場合は外来患者も多く、当直もあるため忙しくなりやすいのです。また病床数が多い割に薬剤師の人数が少ない病院も忙しくなりやすいです。

自分にぴったりの病院を見つけるには?

働きやすい病院を見つける方法は?薬剤師の転職は転職サイトにお任せ
病院で働きたいと考えている薬剤師の中には

  • 子育てをしながら働きたい
  • とにかく薬剤師の資格に磨きをかけたい
  • 多くの処方せんに触れたい

と、それぞれの希望や目標を持つ方がほとんど。中には「病院で働きたいけど年収が高いところがいい」と考える方もいます。

ただでさえ求人の少ない病院ですが、どうすれば自分にぴったりの求人を見つけられるのでしょうか。実は誰でも希望の病院を見つけられる方法があります。

それが転職サイトを使う方法です。転職サイトには多くの種類がありますが、病院への転職を希望している方には薬キャリ、ファルマスタッフ、マイナビ薬剤師の3つがとくにオススメ。

薬キャリ

薬キャリは転職サイトの中でもっとも多くの病院の求人を扱う転職サイトです。薬キャリを運営するエムスリーキャリアは医師の求人や転職も手がけているので、病院の求人情報に強いんですね。

薬キャリに登録してみよう!

薬キャリ
薬キャリの評価
求人数
(4.5)
信頼度
(4.5)
対応力
(5.0)
満足度
(5.0)
メインでの使いやすさ
(5.0)
総合評価
(5.0)

薬キャリ<公式サイト>

ファルマスタッフ

ファルマスタッフは大手調剤薬局チェーンの日本調剤が運営している転職サイト。そのため調剤薬局の求人に強いことはもちろん、地域密着型のコンサルタントがいるため病院の求人にも強いのがポイントです。

ファルマスタッフに登録してみよう!

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ<公式サイト>

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師も病院の求人を多く扱う転職サイトとして有名です。マイナビ薬剤師は面談に力を入れている転職サイト

直接会って自分の希望をしっかり伝えられるので、満足のいく転職ができると評判です。

マイナビ薬剤師に登録してみよう!

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師の評価
求人数
(4.5)
信頼度
(5.0)
対応力
(5.0)
満足度
(5.0)
メインでの使いやすさ
(5.0)
総合評価
(5.0)

マイナビ薬剤師<公式サイト>

まとめ

病院薬剤師の仕事内容は忙しいがやりがいがある!ぴったりの病院を見つけたいなら転職サイトを活用しよう
誰もが一度は憧れを持つ病院薬剤師。しかし激務なのに給料が少ないことがネックですよね。忙しさや給料の低さを理由に病院薬剤師を諦めている方もいるでしょう。

そのような方はぜひ転職サイトを使って病院の求人を探してみてください。プロのコンサルタントがあなたにぴったりの病院を見つけ出してくれますよ。さまざまな知識が得られる病院で一度働いてみませんか?

【この記事を閉じる前に!】今登録すべき、オススメ転職サイトは!?

絶対登録しておきたい3社
  ■総合人気ランキング
  1位 マイナビ薬剤師

公式サイトへ

 2位 薬キャリ

公式サイトへ

 3位 ファーマキャリア

公式サイトへ


まずはこの3社に登録すれば、情報量は十分です!


登録後は、自分の働き方や悩みを理解してくれて、必要な情報を与えてくれるエージェント・担当者を探しましょう^^

  ※無資格者の方はご登録いただけません
マイナビ薬剤師薬キャリ