「薬キャリ」登録者が急増中!? →

公務員薬剤師の行政関係の仕事って?市役所・県庁などの職員として働くには?求人はどこで探したらいい?

市役所

公務員として働いている薬剤師の数は多くありません。周りを見ても調剤薬局や病院で働いている薬剤師ばかりではないでしょうか?

今回はそんな公務員として働く薬剤師の仕事内容や、公務員に転職する方法をご紹介していきます!

公務員の種類と募集例

公務員の種類
最初に公務員の種類を把握しておきましょう。

公務員は大きく2つにわけられます。

  1. 国家公務員
  2. 地方公務員

国家公務員と地方公務員はそれぞれ事務系区分技術系区分とにさらにわけられています。

基本的に行政機関という組織は非常に大きく、薬剤師の知識を活かせる仕事もかなり多いです。

公務員で働きたいとひとくちに言っても、仕事内容が多岐にわたるので、ある程度は「どんな行政機関で働きたいのか?」を絞らなければなりません。

そのために公務員の種類や区分を知っておく必要があるでしょう。まずは国家公務員と地方公務員の違いについて説明をしていきます。

国家公務員

国家公務員は、「行政府」「立法府」など国の行政機関で働く公務員です。厚生労働省に所属して薬事行政に関わる仕事がメインとなります。

※スポンサードリンク※ マイナビ薬剤師

たとえば、警察の場合なら「警察庁」がこれにあたります。警察庁は警察行政を統括する中央機関ですね。

国立病院で働いている薬剤師のことをよく国家公務員だと思われている方もいますが、国立病院で働いていても国家公務員というわけではありません。

薬事行政の仕事はその名の通り、薬事法に関わる仕事を主にこなしていきます。新薬の承認や衛生管理など仕事内容はさまざまです。

ポイント!
国家公務員になるためには、国家Ⅰ種、国家Ⅱ種の試験に合格する必要があります。

【公務員】薬事監視員の仕事内容・年収は?転職求人・資格について。2014年からはネット通販・広告のパトロールを強化中で人材が必要!?

地方公務員

地方公務員は、「都道府県庁」や「市区町村」で働く公務員のことを指します。東京都における警察の場合にたとえるなら、「警視庁」がこれにあたります。警視庁は東京都を管轄とする警察です。

地方公務員の場合は公立病院や保健所、市役所などでの勤務となります。公立病院で働く場合は、通常の病院薬剤師と業務内容は変わりありません。

保健所であれば薬局やドラッグストア開業の認可、立ち入り検査などを行います。市役所も保健所での仕事と似ており、ドラッグストアや薬局の立入検査や衛生管理などを行います。

ポイント!
地方公務員になるためには、地方公務員上級試験に合格する必要があります。

採用募集の区分

  • 事務系区分
  • 技術系区分

 

公務員の採用募集は、主に「事務系区分」「技術系区分」に大別されます。

以下、人事院の「総合職試験・府省等別採用予定表(平成28年度採用)」からの引用です。

事務系区分には以下の4つの区分があります。

  1. 行政
  2. 政治・国際
  3. 法律
  4. 経済

これらの区分は区分別の採用予定にはなっていないという説明が人事院にあります。

また技術系区分は、以下の7つの区分にわけられています。

  1. 人間科学
  2. 工学
  3. 数理科学・物理・地球科学
  4. 科学・生物・薬学
  5. 農業科学・水産
  6. 農業農村工学
  7. 森林・自然環境

基本的に薬剤師は技術系区分として採用募集を探すことが多いと思いますが、希望する行政機関ごとに採用情報を確認することは必須です。

ポイント!
実際に公務員の募集を探す時は、公務員の種別や区分はあまり関係ありません。応募要項に条件が記載されているので、民間企業の募集を探す時と同じように応募要項を満たしているかどうかを確認するだけです。

東京都職員採用の場合

東京都職員採用」では、事務系区分と技術系区分以外にも「専門的な職種」というのがあります。

専門的な職種はさらに「薬剤A」「薬剤B」という区分に細分化されているので、これらの違いを簡単にご紹介しておきます。

薬剤Aは、都立病院における服薬指導や調剤業務が主な業務です。一方で薬剤師Bは、薬局などへの立入検査や脱法ドラッグなどへの試験検査などを行います。薬剤Aと薬剤師Bとでまったく仕事内容が異なるので注意したいですね。

警察庁の場合

  • 総合職試験(事務系)採用
  • 総合職試験(技術系)採用
  • 総合職試験(技術系)科学警察研究所研究員採用
  • 一般職試験(大卒程度:行政区分)警察庁警察官(スペシャリスト候補)採用
  • 一般職試験(技術系)プロフェッショナル候補情報通信職員採用
  • 一般職試験(技術系:科学:農学区分)DNA型鑑定技術職員候補採用

 

警察庁・採用情報」では、「総合職試験・事務系採用」「総合職試験・技術系採用」など計6つの情報が掲載されています。

この中で「薬剤師の資格を活かすならどの採用募集でしょうか?」と問い合わせたところ、以下のような回答でした。

警察に関する採用募集をすべてを把握しているわけではありませんが、今のところ薬剤師の資格を活かす形での採用募集はありません。ただし、働く行政機関によっては薬剤師の資格を活かせる形も当然ながらあります。

たとえば、病院で薬物に関する事件が起こった場合は、薬剤師の資格が非常に有効になると思います。警察という括りでも、働く場所によって仕事内容から異動頻度までさまざまなので、薬剤師の資格を活かせたとしても目的とは違った内容の仕事をすることもあり得ます。

ちなみに麻薬捜査官については厚生労働省の管轄だと思いますとの回答でした。

厚生労働省・地方厚生局・麻薬取締部

  • 応募資格①
    国家公務員採用一般職試験(大卒程度試験)、「行政」または「電気・電子・情報」の第一次試験合格者
  • 応募資格②
    薬剤師、または薬剤師国家試験合格者やその見込みがある者、
  • 応募資格③
    麻薬捜査官として職務執行に支障のない者
  • 採用方法
    有資格者の応募者の中から採用面接によって成績優秀者を採用
  • 職務内容
    麻薬及び精神薬取締法、大麻取締法、あへん法、覚せい剤取締法、医薬品医療機器法(旧薬事法)などに違反する罪について、刑事訴訟法の規定に基づく司法警察員として薬物犯罪の取り締まりを行う業務

 

厚生労働省・地方厚生局・麻薬取締部」では、麻薬捜査官の募集があります。

厚生労働省の場合

厚生労働省・採用情報」も非常に多くの採用情報が掲載されています。その中でも技術系区分の「科学・生物・薬学(薬学系)」を紹介していきましょう。

※スポンサードリンク※ 薬キャリ

こちらは国家公務員総合職として、国家公務員総合職試験の「科学・生物・薬学」の院卒者試験や大卒程度試験の合格者から、薬系技術職員として採用されているようです。

薬系技術職員は、科学や医薬等の適切な制度の体制構築や運用を行う職業です。

基本的にこの採用は薬剤師資格は必須ではありませんが、採用後に薬剤師の資格を活かせる形で配属が決まるケースはあるでしょう。

また、薬剤師の資格が必須でなくても、資格を持っていることで採用が有利になることは十分にあり得ます

薬剤師が公務員として働くメリット・デメリット

公務員薬剤師は少し変わった働き方が特徴ですよね。公務員として働くことでどのようなメリットやデメリットがあるのか見ていきましょう。

メリット

  • 年功序列制度なので長く務めるほど年収が上がっていく
  • 薬剤師という枠にとらわれない働き方ができる

公務員以外の一般的なサラリーマンは、キャリアアップをしていかなければ年収は上がりません。しかし公務員の場合は、能力に関係なく勤務している年数によって年収が上がっていきます。

働き続ければ年収が必ず上がっていくのは、公務員ならではのメリットでしょう。

また薬事衛生や薬局、ドラッグストアの立入検査など公務員薬剤師でなければ経験できないこともたくさんあります。公立病院に行かない限り調剤はできませんが、公務員ならではの経験を積むことが可能です。

デメリット

  • 初任給が安い
  • 転勤が多い

公務員薬剤師は薬剤師国家試験の他に公務員試験にも受からないとなれない職種ですが、初任給はとても安いです。初年度の年収は約350万円ほどなので、かなり安いですね。

年収序列で年収が上がっていくとはいえ、若いうちからバリバリ稼ぎたい方にとっては物足りないものがあるでしょう。

国家公務員であれば日本国内での転勤、地方公務員であっても県内での転勤があります。そのため一軒家を建てたい方や家族と一緒に過ごしたい方にとっては働きにくい環境です。

薬剤師の資格や知識をどう活かしたいのかを考えておこう

薬剤師の資格をどう活かすか考える
行政機関における薬剤師の仕事の決め方は主に2つあります。

①公務員になってから薬剤師の資格を活かす

これは警察庁や厚生労働省の例で紹介したようなケースですが、普通に公務員となってから薬剤師の資格を活かせる仕事に就くという方法です。

人事院・国家公務員の紹介」を見ると分かりますが、内閣をトップにして「厚生労働省」や「環境省」などさまざまな行政機関があり、各省ではさらに様々な部署があります。

ここに地方公務員を含めるとさらに多くの仕事があるわけで、薬剤師の知識を活かせる仕事は思っている以上に多いでしょう。

また薬剤師資格が絶対に必要とされる公務員の仕事の種類についても、行政機関の規模からしてすべてを把握するのは困難です。

行政機関で働きたいけれどやりたい仕事は決まっていないという場合、普通に公務員になることを目指すのも有りだと思います。

②薬剤師の資格を活かして公務員になる

  • 麻薬捜査官
  • 食品衛生監視員
  • 衛生研究所
  • 県立病院や国立病院
  • 保健所

 

 
これは麻薬捜査官の例で紹介したようなケースですが、行政機関の採用情報では薬剤師資格が必須となっていることがあります。

基本的に薬機法を含めて薬学知識が必要とされる行政機関での活躍が期待されるので、関係部署を含めるとかなり仕事は多いでしょう。

薬剤師資格が必須な公務員の採用募集については、それをまとめた行政機関の情報サイトがありません。

そのため、地方公務員か国家公務員かを決めるなど、どこでどんな仕事をしたいのかを絞りながら、各行政機関のホームページをチェックしていく方法がベストです。

医療刑務所の薬剤師、その仕事内容・求人・必要なスキルや資格についてまとめてみた。独特な雰囲気の業務と高い福利厚生待遇はかけがえのない人生の経験に。

行政機関の薬剤師募集の探し方

行政機関の薬剤師募集の探し方
公務員の薬剤師募集は、各行政機関の採用ページを使うのがセオリーです。

また、関連サイトとして「人事院」も活用してみてくださいね。

ポイント!
人事院は、内閣所轄の中央人事行政機関です。公務員制度を更正に運用するために設置されている機関です。公務員の採用試験の情報もチェックできます。

ハローワーク

行政機関において薬剤師が不足している場合、基本的にはハローワークに優先して募集を掲載していそうなイメージが持たれます。

各行政機関の採用ページに情報が掲載されていないなら、ハローワークにも情報は掲載されていないと思いますが、行政機関を絞らずにランダムに募集を探していくならハローワークで募集を探すのは効果的かもしれません。

転職サイト

転職サイトは薬剤師の公務員募集がほとんどありませんが、稀に掲載されていることもあります。

また転職エージェントで相談をすると、薬剤師の公務員事情についても詳しい話を聞ける可能性があるので、その意味においては一応は相談しておくのがおすすめです。

もし転職サイトへの利益に繋がらないような相談でも親身に力になってくれる担当者がいた場合、その担当者はとてもいい人なので繋がりを継続させておきたいところです。

薬キャリに登録してみよう!

薬キャリ
薬キャリの評価
求人数
(4.5)
信頼度
(4.5)
対応力
(5.0)
満足度
(5.0)
メインでの使いやすさ
(5.0)
総合評価
(5.0)

薬キャリ<公式サイト>

行政機関の各種ホームページ

各行政機関のホームページでは、「採用募集」というページが設置されています。

また、市役所や県庁など各行政機関の職員の仕事内容についても、それぞれの募集要項から確認することができますし、説明会が開催されていることもあります。

インターンシップについても同様に詳細をホームページで確認できるので、都道府県市区町村の公式Webサイトで募集を探すこと意識しておきましょう。

【この記事を閉じる前に!】今登録すべき、オススメ転職サイトは!?

※クレーム報告が多い会社は、掲載から外すようにしています。

とはいえ、担当者さんとの相性がありますので、数社に登録することをおすすめします。

登録しないと損する3社
  ■総合人気ランキング
 1位 マイナビ薬剤師

公式サイトへ

 2位 薬キャリ

公式サイトへ

 3位 ファーマキャリア

公式サイトへ


まずはこの3社に登録すれば、情報量は十分です!


登録後は、自分の働き方や悩みを理解してくれて、必要な情報を与えてくれるエージェント・担当者を探しましょう^^

 

※無資格者の方はご登録いただけません。

▼転職に興味がある人がよく見ているページ