薬剤師に人気の転職サイトはどこ!?→

薬剤師が気持ちよく働ける職場とは?職場環境・勤務形態・雇用条件・福利厚生など、実際に多くの職場を見てきた薬剤師が考えてみた

薬剤師が気持ちよく働ける職場

職場を探すとき、皆さんはどのようなポイントを重視していますか?

年収が高い」「家から近い」「人間関係がいい」など、さまざまな理由がありますね。たしかに、これらはどれも重要であり、無視することはできません。

しかし、これらの条件ばかりに目を向けてしまうと、気がつかないうちにブラックな職場に就職してしまっているということもありえます。

いくら目先の条件が良くても、ブラックな職場では長く働き続けることは、難しいでしょう。気持ちよく働ける職場でなくてはなりません。

そこでここでは、気持ち良く働ける職場を見つけるポイントを、実際に多くの職場を見てきた薬剤師(5つの異なる雇用形態・勤務条件の職場で勤務してきました)が、徹底的に解説していきます。

薬剤師が気持ちよく働ける職場とは?


薬剤師が職場を選ぶ時には、気持ちよく働けることが大切です。しかし、気持ちよく働くというと、少しあいまいな表現になってしまいますよね。

具体的にはどのような職場をあらわしているのでしょうか。ポイントを解説していきます。

楽なだけの職場は避けよう

まず大切なのは、楽な職場=気持ちよく働ける職場ではないということです。

たしかに、楽な職場は肉体的・精神的にも負担が少ないので、短期的に考るならば気持ちよく働くことができるでしょう。

暇・退屈

しかし、長期的なキャリアを考えた場合には、ただ楽なだけの職場で働き続けることは、考えものです。

まわりの同世代の薬剤師さんは経験やキャリアを積んでいろいろな知識があるのに、自分だけ楽をしてきたために何もできない…ということになりかねません。

適切な時期に必要な経験を積ませてくれる、そんな職場を見つけるようにしましょう。

ホワイトな職場を見つけることが重要

楽なだけの職場ではオススメできませんが、かといって大変な職場がよいというわけでもありません。

忙しすぎてプライベートが犠牲になる」「残業や長時間労働が日常化している」という職場は、確かに社会からは必要とされているかもしれませんが、気持ちよく働ける職場ではありませんよね。

※それでもいいから、誰よりも激務で仕事量をこなし、経験を詰みたい!と考える方が一部あるのも事実ですし、筆者もその働き方を否定はしません。そうやって独立開業を成し遂げた調剤薬局チェーンの社長さんも知っています。

とはいえ、多くの薬剤師さんにとって重要なのは「納得して働くことのできる、ホワイトな職場を見つける」という考え方です。

ホワイトな職場の一例を、次に示します。

ホワイトな職場の条件

  • 働き方にムリがない
  • 労働に見合った給与を受け取ることができる
  • 福利厚生の制度が充実しており、実際に使用することができる
  • 研修・教育などスキルアップの体制が十分に整っている
  • 人間関係がいい
  • コンプライアンスの意識が高い
ポイント!
ムリのない範囲で成長しながら働ける職場を見つけることが、気持ちよく働いていくための秘訣です。

ホワイトな職場vsブラックな職場

明らかにブラックな職場
ホワイトな職場で働くことの重要性は、前項でご説明したとおりです。

一方で、従業員が不利益を被ってしまう、「ブラック企業」とよばれるような職場も決して少なくはありません。

ブラックな職場にはどのようなものがあるのか、ご説明していきます。

ブラックな職場の特徴

いくら残業をしても残業代が支給されず、有給休暇もろくに使えない。スキルアップも見込めなく、人間関係も何だかギスギスしている。

そんな職場では、気持ち良く働いていくことは難しいですよね。

次のような条件にあてはまる職場は、ブラックである可能性が考えられます。

ブラック企業の条件

  • 長時間労働が日常化している
  • サービス残業をしなくてはならない
  • 有給休暇の消化率が低い
  • 教育制度が無い
  • 人間関係が悪い
  • コンプライアンスの意識が低い

激務だが高給という職場であればブラックな職場とは言い切れません。激務なのに給与が低いといった職場では、注意が必要です。

お互いが納得できる条件であるかどうかが、ブラックな職場を見極めるポイントです。

とくに危険なブラック職場

極めて危険なブラック企業
すべての職場が完全にホワイトということは、残念ながらあり得ません。

現実には多くの薬剤師さんが不満をかかえながら、折り合いをつけつつ働いています。

しかし、次の条件にあてはまるような職場は、一発レッドカードであり、とくに危険です。

  • 生活に支障をきたすほどの長時間労働を命じられる
  • 残業代や時間外手当が支給されない
  • 育児休暇や年次有給休暇がまったく使えない
  • 離職率が異常に高い
  • パワハラ・セクハラが行われている
  • 無資格調剤や調剤報酬の不正請求を行っている
注意

これらの職場に今まさにお勤めの方は、転職を視野に入れて1日もはやく行動に移すことをオススメします。

気持ちよく働ける、ホワイトな職場を見つける準備を、1日でも早くスタートして、逃げ道を作りましょう。

絶対登録しておきたい3社
  ■総合人気ランキング
 1位 マイナビ薬剤師
 2位 薬キャリ
 3位 ファーマキャリア

まずはこの3社に登録すれば、情報量は十分です!

登録後は、自分の働き方や悩みを理解してくれて、必要な情報を与えてくれるエージェント・担当者を探しましょう^^

  ※無資格者の方はご登録いただけません

気持ちよく働ける職場を見極めるためには

気持ちよい職場を探すコツ
気持ちよく働ける職場を望む方は多いですが、実際にはどのようにして見つければいいのでしょうか。

ここでは、複数の職場をみてきた薬剤師の意見をもとに、理想の職場を見つけるコツをご紹介していきます。

好条件にまどわされないようにしよう

年収○○万円以上可能」「土日祝日休みで17時上がり」「有給取得率100%」など、転職サイトはら配信されるメールや広告には、びっくりするような好条件が記載されたものもあります。

これらのほとんどは、求職者を誘い出すための看板用の求人です。実際に提案される職場は、すべて希望通りというわけではありません。

もちろん中には掘り出し物の求人もありますが、勤務条件や職場環境が悪すぎるがゆえに、高い条件で提示せざるを得なくなっっているものもあります。

条件がどれほどよくても、ブラックな職場では長く働き続けることができません。好条件の根拠を、しっかりと見極めるようにしましょう。

できれば面接や選考・就業の前に、職場見学をしよう

どれほど制度が充実していても、職場の環境が悪ければツラいものです。

可能な限り、就業前に職場見学をさせてもらうようにしましょう。

職場見学が難しい場合には、患者さんのフリをして職場の様子を見に行くことがオススメです。

チェックするポイントは、次のとおりです。

  • 薬剤師の人数やシフトにムリはないか
  • スタッフ同士の関係性はどうか
  • パワハラ・セクハラが起こっていないか
  • 職場の雰囲気は悪くないか
  • スタッフが生き生きと仕事をしているか

もちろん、一度の見学ですべてを見極めることは難しいわけですが、「何かおかしいな?」と違和感を受けたら、要注意です。

採用担当者やエージェントを介して、実際の状況を確認するようにしましょう。

転職活動は期限を決めて行うべし

今の職場に不満があり、転職活動を行うときには、期限を決めることが重要です。

少しでもいい求人を探したいという気持ちはわかりますが、だらだらと冗長に活動することは、かえって失敗のもと。

転職エージェントも、いつまでたっても転職をしない薬剤師さんは登録だけの方だと判断してしまい、いい条件の求人をまわしてくれなくなってしまいます。 ※これは事実!

多くの薬剤師さんは転職活動開始から1~2ヶ月で転職を決めているので、遅くとも2ヶ月を目安に期限を設定しましょう。

ポイント!
2ヶ月以内に転職活動を終わらせるという強い気持ちが、転職を成功に導きます。いつまでもブラックな環境にいても自分を追い詰めるだけですからね…。一刻も早く逃げ出しましょう。

専門の転職エージェントの力を借りよう

転職活動を行う際には、どのような方法で求人情報を集めますか?

「貼り紙を見て直接応募する」「インターネットでひとつひとつ検索する」「ハローワークで相談する」など、さまざまな方法がありますね。

しかし、気持ちよく働けるホワイトな職場は人気が高く、これらの方法で見つけることはきわめて困難で非効率的です。

そんなときは、専門の転職エージェントの力を借りるようにしましょう。

転職エージェントは、人気の高いホワイトな職場をしっかりと押さえているので、希望に応じて適切な職場を紹介してくれます。

転職サイトごとに取り扱っている求人は異なるので、複数の転職サイトに登録して、希望の職場を探すことがオススメです。中でも有名な大手は必ず1社以上登録することをオススメします。交渉力や情報量が段違いですからね。

メディカル系転職の王者といえばエムスリー社の薬キャリ。

薬キャリに登録してみよう!

薬キャリ
薬キャリの評価
求人数
(4.5)
信頼度
(4.5)
対応力
(5.0)
満足度
(5.0)
メインでの使いやすさ
(5.0)
総合評価
(5.0)

薬キャリ<公式サイト>

人材系の老舗といえばマイナビ。

マイナビ薬剤師に登録してみよう!

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師の評価
求人数
(4.5)
信頼度
(5.0)
対応力
(5.0)
満足度
(5.0)
メインでの使いやすさ
(5.0)
総合評価
(5.0)

マイナビ薬剤師<公式サイト>

まとめ

薬剤師が気持ちよく働ける職場について、ご紹介していきました。

医療従事者は「患者ありき」の仕事が中心となるため、どうしてもブラックな労働環境に陥ってしまいがちです。

患者さんが待っているのに、全員が定時で帰宅するというわけにはいきませんよね。

大切なのは、経営側が薬局の状況を理解して、お互いが納得できるような職場づくりを行っているかどうかです。

ここでの内容を参考にして、気持ちよく働けるホワイトな職場を見つけてくださいね!

【この記事を閉じる前に!】今登録すべき、オススメ転職サイトは!?

絶対登録しておきたい3社
  ■総合人気ランキング
 1位 マイナビ薬剤師
 2位 薬キャリ
 3位 ファーマキャリア

まずはこの3社に登録すれば、情報量は十分です!

登録後は、自分の働き方や悩みを理解してくれて、必要な情報を与えてくれるエージェント・担当者を探しましょう^^

※無資格者の方はご登録いただけません