30秒で登録完了・LINE相談OKの転職サイト…?

薬剤師と年収800万円幸福説(壁)から、幸せな働き方・本当の幸福度を考える

お金はたくさんあった方が幸せ?お金があれば大抵のことは何でもできます。暮らしに困ることもないでしょう。

できるだけ高い年収が欲しいと思われている薬剤師もいるはずです。しかし本当に稼げば稼ぐほど幸せになれるのでしょうか。

もう理解している人も多いと思いますが、年収が高い=幸福とは限らないのです。

ここでは年収と幸福度の関係、薬剤師ができる幸福度の高い働き方を説明していきます。年収と幸福度の関係について興味のある方はぜひチェックしてください。

この記事の目次

なぜ人は、高い年収を求めてもがくのか?

人が年収を上げたいと思う理由
年収を上げたいと考える薬剤師は多いですよね。年収が低いよりは高い方がいいというのはごくごく当たり前の考え方です。ではなぜ人は高い年収を求めるのでしょうか。

人間の欲求には段階がある

年収を上げればその先には幸福が待っている…と思い人はより高い年収を目指します。

しかしある程度まで年収を上げるとその先に待っている幸福はどんどん薄いものになることをご存知の方は少ないです。。

「マズローの欲求5段階説」というのを聞いたことがないでしょうか。心理学に詳しい方はご存知かもしれません。

マズローはアメリカで活動していた心理学者の名前です。マズローは人間の動機と心理の関係性を「欲求5段階説」として発表しました。


※画像はタップで拡大できます。

※スポンサードリンク※ マイナビ薬剤師

この図を見てわかる通り、人間の欲求には5つの段階があります。

  1. 生理的欲求
  2. 安全欲求
  3. 社会的欲求(所属や愛)
  4. 承認欲求
  5. 自己実現の欲求

これらの欲求と年収を上げたいと思う気持ちが実は密にリンクしているのです。

4番目の承認欲求までは、年収が上がっていくことによりお金で満たせる可能性が非常に高いもの。

暮らしを安定させるため

人はまず生活を維持するためにお金を稼ぎたいと考えます。お金がなければ家賃も食費も電気代も払えません。

生きていくために必要なお金がどうしても必要となるのです。人は最初に生理的欲求や安全の欲求を満たすために人はお金を得ようとします。

ステータスのため

生活に必要なお金が手に入ると次は、ステータスを求め始めます。

「もっと上の立場に上り詰めたい」「周りからすごいと思われたい」という承認欲求や所属と愛の欲求が働くわけです。

ポイント!
最初は生活を維持するために働いていた方も、次第にステータスや自由を求めるようになります。だから高い年収に憧れを持つわけです。

ある程度の年収までは、「マズローの段階を登っていくため、ステップアップとして必要」なため、多くの人が高年収を求める、と言えそうです。

ただ、承認欲求をある程度満たされた後に出てくる「自己実現の欲求」が、お金では解決できない難問だったりします。

「年収が高いほど幸せになれる」はウソ

年収と幸福度は比例しない


欲求の頂点を手にしたらさぞかし幸せなんだろう…という考えは必ずしも正しい考えではありません。

なぜなら年収と幸福度に比例関係がないからです。

幸福度は年収800万円で上昇カーブがストップ?

アメリカの心理学者であるダニエル・カーネマンは年収と幸福度に次のような関係があることを発表しました。

年収と幸福度の関係
(参考:ダイヤモンド・オンライン

年収が低いうちは、年収が上がるにつれて幸福度も上がっています。

しかし年収800万円に近づくにつれ幸福度のカーブは緩やかになり、年収800万円を超えると幸福度がほぼ平行線です。

このことからある程度の年収までは年収と幸福度は比例関係にあるものの、年収800万円を超えると幸福度はそれ以上は上がらないことがわかります。

幸福度が上がらない理由を考えてみましょう。

年収が上がるにつれて税率が上昇、税負担が増加

なぜ年収800万円から幸福度が上がらないのかを考えてみました。

まず考えられるのは税率の増加です。日本の所得税は累進課税制度を採用しているため、稼げば稼ぐほど税率が高くなります。

195万円以下5%
195万円超~330万円以下10%
330万円超~695万円以下20%
695万円超~900万円以下23%
900万円超~1,800万円以下33%
1,800万円超~4,000万円以下40%
4,000万円超45%

課税所得ベースで900万円超になってくると一気に所得税の税率は跳ね上がり33%に。

「稼いでも稼いでも税金で持って行かれる感」が年収が上がるにつれ強くなっていきます。

生活水準も上がっていく

およその数字にはなりますが、年収800万円の手取りが約600万円年収1,000万円の手取りが約730万円。手取りで考えると年間わずか130万円の差しかありません。

月々に使えるお金は約10万円増えます。

年収1,000万円を「大台」と表現することがあるように、1,000万円超え=高年収というイメージが強いです。

そのためか家賃の高いところに住んだりブランド物や外車に手を出そうとする方も少なくありません。

「自分の年収は高いほうだ」という考えがどうしても生活水準を上げてしまい、結果として手元に残るお金が変わらないことも多いです。

仕事上の責任・負担は増加=ストレスに?

年収が上がっている段階で、仕事上の責任や負担は確実に増えている・重くなっているはずです。担う部下の人数や数字にからのストレスは幸福の疎外要因になりえます。

マズローの段階的にも多くの人が承認欲求に到達。「自己実現」にもがきはじめる?

前述したマズローの欲求説に当てはめると、年収が上がりある程度の欲求は満たせている方は多いはず。

一方で、時間の無さ・ストレスなどにより「人生をどう行きていくか」自己実現を考えられない・モヤモヤした日常をおくる方は少なくないはずです。

MRになれば年収1,000万円を超えるが…幸福とは遠いのか…?

薬剤師が年収1,000万円を超える可能性のある職として、MRがあげられます。お金が欲しいからMRになった方も実際にいます。

しかしMRとはとても忙しく体力と精神の両方をむしばまれる仕事。睡眠時間が4~5時間しか取れないような生活を何年も続けているMRもいます。

しかも土日は医師の接待のためにゴルフに付き合うことも。お金を稼げることは間違いないですが、これが本当に幸せな生活と言えるかは人によって捉え方が異なることでしょう。

どんなに稼いでも幸福を感じられない状況になると「お金はいらないから休みたい」と思ってしまわないでしょうか。

※スポンサードリンク※ 薬キャリ

年収700~800万円がストレスなく幸せにくらせる目安かも

年収800万円に近づくにすれ、幸福度の上昇率はゆるやかになり頭打ちになります。つまり幸せだと思える年収の上限は800万円なのです。

ムリして年収の高いところで働くよりも、年収800万円くらいの職場で働いていた方が人生は豊かになると考えられます。

薬剤師が年収700~800万円を稼ぐ方法

年収700~800万円を薬剤師が稼ぐ方法
ではどうすれば幸福度の高い働き方を薬剤師ができるのでしょうか。薬剤師の求人の多くは年収500~600万円ほどです。

薬剤師が幸福度が頭打ちとなる年収700~800万円に到達するにはもう少し年収を伸ばすことができます

地方の調剤薬局

地方の求人ほど薬剤師の年収は上がる傾向にあります。山奥だったり海の近くだったり、薬剤師が不足している地域は年収を高めに設定して薬剤師を確保しようとしているのです。

メリット

薬剤師の人手が不足している調剤薬局は、業務内容はいたって普通の調剤薬局と変わりません。そのためムリなく働けるのに年収が高いところで働けるということです。

年収700円以上、住居つき、短期間だけの勤務も可能など、働きやすい条件が整っています。

デメリット

年収が高い調剤薬局はだいたいが各都道府県の中心部から離れた場所にあります。そのため地方で働こうとすると通勤時間が長くなる可能性も。

「コンビニすら車で数十分かかる距離」という状況も普通にありますので、職場の周辺環境にはあまり期待できません。

一人薬剤師の店舗

一人で薬局を切り盛りする一人薬剤師も年収が高いですね。

メリット

薬局には調剤事務員を除いて自分一人しかいません。そのため誰にも干渉されずに仕事ができます。

人間関係が億劫な方や一人でいる方が気楽な方だと働きやすいでしょう。

デメリット

一人しかいないので、調剤から鑑査まですべて自分で行います。調剤過誤の可能性が高まってしまうのが最大のデメリットです。

またなかなか休憩を取れない職場も見られます。

一人薬剤師については以下の記事でさらに詳しくメリットとデメリットを解説していますので、宜しければご覧ください。

ワンオペ薬剤師の苦悩!薬局を一人で回すなんて無謀!?ひとりのメリット・デメリットと注意点:処方箋枚数・休憩時間の違法ライン・ピンチからの逃げ方までご紹介!

ドラッグストア

常に人手不足が続いているドラッグストアも年収は高めです。

メリット

入社して5年もすれば年収700万円ほどにまで到達できます。転職で入る方だと2年目から超えることもありますね。

ドラッグストアは非常に転職しやすい職場なので気軽に年収700~800万円を目指すことが可能です。

デメリット

年収700~800万円をドラッグストアで稼ぐには少なくとも店長レベルになる必要があります。

店長となるといくら働いても残業がつかないことが多く、労働時間が長くなりがちです。

今の暮らしに満足しているならムリに年収を上げる必要はない

ムリに年収を上げる必要はない
ここまで年収800万円くらいが幸福度を考えるとよい、という話をしてきました。しかし薬剤師が年収800万円を「普通に稼ぐ」ことは難しいものです。

地方で働いたり一人薬剤師として責任を負いながら働いたりと少なからず負担がかかります。

年収800万円で幸福度が最大になるというのはあくまで一般論であり、人によっては当てはまらないことだってあるのです。

だからもし今の年収で満足しているのなら、ムリやり年収を上げる必要はないでしょう。

年収が上がる=責任や労働時間、ストレスも上がる

薬剤師が年収500~600万円を稼ぎたいのなら普通の働き方でも稼げます。

ここから700万円、800万円へと上げるとなるともちろん責任が増す仕事を請け負うことになりますし、労働時間が増えることだってあるでしょう。

責任と労働時間の増加からストレスが増える原因にもなります。

必要以上のお金を稼いでも疲れるだけ

人によって必要な年収は違います。必要以上の年収を稼ぐくらいなら、必要な年収だけ稼いであとは休んでいた方が楽です。

使い道のないお金を頑張って稼ぐよりも、必要なお金だけ稼いで体を休めるのも1つの考えです。

ポイント!
年収を上げて責任やリスクを増やすくらいなら、今のままでいいと自分で自分にストップをかけることもあります。「これ以上稼いでもな…」と思ったらその状態を維持するのも幸福度を上げる1つの方法です。

幸福度を上げるためにできる、薬剤師の働き方アイデア

何を幸せと考えるかは人それぞれですが、幸福を味わえる働き方を最後に3つご紹介します。

趣味を作る

自分が好きなことなら何でもいいですので何か好きなことを見つけてください。趣味の時間を心おきなく確保できる働き方がきっとあなたにとって丁度よい働き方です。

副業を始めてみる

転職せずに収入を増やしたいのなら、副業をオススメします。

薬剤師としてアルバイトをしてもいいですし、薬剤師のライターとして自宅で活動を始めてみるのもよいでしょう。月に数万円増えるだけでも心の余裕が大きく変わりますよ。

思い切ってやりたい仕事に手を出してみる

薬剤師の免許を持ってはいるけど、本当は他の仕事をしたいと思っている方もいます。

薬剤師の資格を取ったからといって絶対に薬剤師として働く必要があるという決まりはありません。資格にとらわれずに好きな仕事を始めることで幸福度が高まるのではないでしょうか。

まとめ

楽しめ人生を過ごせる働き方が幸福度の高い働き方
人間は自分の欲求を満たすために高い年収を欲しがります。しかし年収と幸福度は必ずしも比例するものではありません

800万円で幸福度が頭打ちになることが知られています。

年収800万円をめどとして働くもよし、自分が人生を楽しめる働き方でもよし。仕事のために生きることのない人生を過ごせれば、高い幸福度を得られるでしょう。

【この記事を閉じる前に!】今登録すべき、オススメ転職サイトは!?

※クレーム報告が多い会社は、掲載から外すようにしています。

とはいえ、担当者さんとの相性がありますので、数社に登録することをおすすめします。

絶対登録しておきたい3社
  ■総合人気ランキング
 1位 マイナビ薬剤師

公式サイトへ

 2位 薬キャリ

公式サイトへ

 3位 ファーマキャリア

公式サイトへ


まずはこの3社に登録すれば、情報量は十分です!


登録後は、自分の働き方や悩みを理解してくれて、必要な情報を与えてくれるエージェント・担当者を探しましょう^^

 

※無資格者の方はご登録いただけません。

時間がない・忙しい方・転職サイトへの登録が煩わしい方へ…

3社も登録するなんてちょっと面倒!という方には…

求人数15万件・LINEでも相談できる、気軽な転職サイトはいかがでしょうか?サポート登録も30秒で完結。ぜひお試しを。

メディカルジョブ(ウェルマーケ社)

メディカルジョブ<公式>

メディカルジョブの詳しいサービス開設はこちらの記事で