薬剤師に人気の転職サイトはどこ!?→

今すぐ辞めたい!?でもちょっと待って。薬剤師の転職・退職(辞める)おすすめの時期、タイミングは?職場の人間関係や仕事に波風立てずにうまく引き継ぎする方法まで徹底解説!

退職のタイミング

薬剤師の退職時期はいつがベスト?

職業によってはベストな退職時期があると言われることがありますが、薬剤師の場合はとくにありません。

なぜか?

薬剤師は年中を通して非常に多くの求人が出ているため、いつ退職しても転職先を見つけやすい現状があるからです。

転職業界では薬剤師は売り手市場になっており、需要はまだまだ落ちそうにありません。

気になる方は以下の記事も合わせて読んでみてくださいね。

他職業のベストな退職時期

  • 年始年末:心理的にも区切りを付けやすい
  • 4月前:新年度に向けた転職ができる
  • ボーナス後:ボーナスを受け取ってから退職する人がいるので求人が増えやすい

 

 
他職業においては、「年始年末」から「4月」までが代表的な退職時期です。

この時期は退職する人が多いので、12月~3月は求人が出やすい傾向があります。

また、ボーナスを受け取ってから仕事を辞める人も一定数はいるため、「8月」や「12月」あたりも求人が増えやすいという話は有名です。

他の時期は求人が見つからないの・・・?

ざっくりまとめると、下記のような傾向があります。

  • 1月:年末区切りの退職者がいる
  • 2月:新年度に向けて公募を出す企業が多い
  • 3月:2月と同じ
  • 4月(新年度):4月区切りの退職がいる
  • 5月:4月と同じ
  • 6月(ボーナス):4月と同じ
  • 7月:ボーナス後の退職者がいる
  • 8月:7月と同じ
  • 9月:7月と同じ
  • 10月:年末退職を埋めるための公募が増える
  • 11月:10月と同じ
  • 12月(ボーナス):7月や10月や1~4月と同じ

 

 
年始年末から4月にかけては求人が多くなるなら、それ以外の時期は求人がないのか疑問に感じますね。

このようにどの時期も何かしらの理由を付けて退職時期としてオススメすることができるので、実際のところは「ベストな退職時期は職業やエリアによる」という答えになりがちです。

また、薬剤師も1年間を通して求人が溢れていますが、それでも職種や地域差があることは念頭においておくべき情報です。

薬剤師にオススメな退職のタイミングは?

基本的に年中いつでも転職に踏み切りやすい薬剤師ですが、オススメな退職のタイミングは「求人を調べてから決める」のが理想です。

つまり、どれだけ仕事を辞めたいという状況でも、すぐに退職せずに先に求人情報をリサーチしておくことで、1つでも多くの薬剤師求人を比較できる状況で転職活動を行えるようになるでしょう。

求人リサーチは転職サイトを活用しよう!
転職サイトは登録をしなくても薬剤師求人をリサーチできます。今、自分が転職を考えているエリアでどのくらいの求人数があるのかを簡単に調べられるので、「マイナビ薬剤師」や「薬キャリ」など大手の転職サイトを活用してみてくださいね。
絶対登録しておきたい3社
  ■総合人気ランキング
 1位 マイナビ薬剤師
 2位 薬キャリ
 3位 ファーマキャリア

まずはこの3社に登録すれば、情報量は十分です!

登録後は、自分の働き方や悩みを理解してくれて、必要な情報を与えてくれるエージェント・担当者を探しましょう^^

円満退社と仕事の引き継ぎのコツ

薬剤師が退職する理由は「パワハラ」や「仕事のミス」など色々とあると思いますが、どのような退職理由でも円満退社を目指すに越したことはありません。

「あの薬剤師さん、前の職場で大喧嘩したそうだよ」といった評判が流れてしまうと損です。

円満退社をしておけばわざわざ波風を立てる人もいないはずです。

退職を伝えるタイミングと退職理由

退職を伝えるタイミングは、

仕事を辞めたい時期の少なくとも1ヶ月~3ヶ月ほど前に伝えるのが一般的です。
 

注意
※雇用契約によって、1ヶ月前には通知すること、などと規定があるかとは思います。とはいえ余裕を持って数ヶ月前に意思表示してもらえたほうが職場としては助かります。

逆にいえば、退職を伝えてから1ヶ月~3ヶ月はその職場で働かなければならない可能性があるので、早く仕事を辞めたいなら早く退職を伝えるように心がけましょう。

また、退職理由を聞かれた場合は「子供の面倒を見るために自宅の近くで働きたい」など、他人が否定することが難しい理由を述べるのがポイント。円満退社に繋げやすいです。

ちなみに転職活動の面接や履歴書の退職理由も同様で、「地元で有名な調剤薬局なので一緒に働いてみたいと思った」など、こちらも印象の良い内容を述べておけば深く突っ込まれることもありません。

仕事の引き継ぎは積極的に協力しよう!

上司に退職を伝えると、その後は新しい薬剤師の方に仕事の引き継ぎを実施します。

仕事の引き継ぎは自分がやっていた仕事を新人さんに教える作業なので、とくに難しいところはありません。

不満が募る状況では仕事の引き継ぎも面倒に感じますが、「あの人、全然仕事を教えてくれないんですよね・・・」なんて悪評を立てられると円満退社ができないので、積極的に協力するスタンスを持つ方が得です。

ポイント!
言った、言わないがないように、丁寧にドキュメント化して引き継ぎすることをオススメします。ノートにまとめたり、ExcelやWordにまとめていつでも確認できるようになるとスムーズに引き継ぎができますよ。口頭だけで仕事の引き継ぎを行うと確実に事故ります。

退職時に「返却する物」や「返却してもらう物」

  • 白衣
  • 年金手帳
  • 保険証
  • 定期券

 

 
退職時は「職場に返却する物」と「職場から返却してもらう物」がいくつかあります。

これは職場によって内容が異なりますが、入社時に職場に提出した書類等は返却してもらい、職場から借りた物を返却するだけです。

良くあるのが「退社後に返却物が残っていることに気づいて取りに行く・・・」なので、二度と行きたくない職場の場合は入念に返却物をチェックしておく方がストレスがありません。

退職金など各種手続きも確認しておこう

  • 退職届出書類
  • 離職票の受取り
  • 雇用保険の手続き
  • 社会保険の手続き
  • 住民税の支払い手続き

 

 
基本的に退職するときは「退職届出書」という会社が用意する書類を提出するだけで完了するので、他には「年金手帳の受取り」や「保険証の返却」など、備品等の返却を確認しておけば問題ありません。

退職金をもらえる場合もその説明がなされるので、振込時期などを確認しておきましょう。

また、退職後から転職後にかけては雇用保険や社会保険などの各種手続きがあるので、その状況において必要な手続きをしっかりとやっていくように努めましょう。

雇用保険と転職活動
一般的に退職後から転職までの間に行う手続きは雇用保険です。これは転職活動の期間とも深い関係があるので、どのくらいをメドに転職活動を行うのかも考えながら雇用保険の手続きを進めましょう。
また、今まで給与から引かれていた住民税などの支払いは、自発的に支払いをしなければなりません。支払いが遅れないように年金や各種税金の支払いも一通り確認しておくのが好ましいです。

薬剤師が仕事を辞めたいと思う主な理由

  • 同僚や経営者のパワハラ
  • 人間関係の悪化
  • 不遇な待遇
  • 残業が多い
  • 考え方や相性が合わない

 

 
薬剤師が仕事を辞めたいと思う理由は、「人間関係の悪化」や「残業が多い」など、他職業で挙げられる内容とほとんど同じです。もちろん、キャリアアップや年収アップを狙って転職をする方もいるでしょうが。

また、調剤薬局だけに話を絞ると、少人数の職場が多いことからも考え方や性格の相性から仕事を辞めたいと思うことも多い印象があります。

どのような理由であれ、仕事を辞めたいと思い始めるのはストレスのサインでもあるので、過度なストレスの蓄積だけは注意をしておきたいところです。

人間関係って改善できるの?

人間関係を改善するためには、積極的なコミュニケーションから意見を言い合うしかありません。しかし、それをすることで火に油を注ぐこともあり得ることから、一般的には諦めることが多いですよね。

本当に人間関係はさまざまなケースがありますが、自分が努力しても改善できないのであればストレスが溜まり続けていきます。そんな状況ではゆとりをもって薬剤師の仕事に専念することは難しいため、転職する方がメリットは大きいのではないかと思います。

薬剤師はとくに最適な退職時期がないため、求人数を調べながらも転職先を見つけられそうなら、早めに退職に向けて行動を起こしてみてくださいね。

転職サイトに登録したことが無い方は、是非この機会にどれか1つでも登録して、いろんな職場の募集を眺めてみるといろいろ妄想できて楽しいですよ^^

【この記事を閉じる前に!】今登録すべき、オススメ転職サイトは!?

絶対登録しておきたい3社
  ■総合人気ランキング
 1位 マイナビ薬剤師
 2位 薬キャリ
 3位 ファーマキャリア

まずはこの3社に登録すれば、情報量は十分です!

登録後は、自分の働き方や悩みを理解してくれて、必要な情報を与えてくれるエージェント・担当者を探しましょう^^